みやびです。禁煙をスタートしたきっかけシリーズも今日で最終回となりました。様々な角度から持論を展開してきましたが、今日は一番やっかいなパターンである、なんとなく禁煙した人について考えていきます。実際にこういう人はよくいますが、いつの間にか喫煙者に戻ってますよね…。

 

▼禁煙を始めるきっかけとその成功率を考察してみる【シリーズ完結】

  1. 【導入】よくある禁煙のきっかけ
  2. 周囲への影響を考えて禁煙した
  3. 体調を崩したから禁煙した
  4. 家族に勧められたから禁煙した
  5. 結婚をきっかけに禁煙した
  6. 恋人や友人に勧められて禁煙した
  7. 仕事中は禁煙だからついでに辞めた
  8. タバコが値上がりしたから禁煙した
  9. なんとなく禁煙してみた&全体まとめ(←いまここ)

 

なんとなく禁煙してみた

実は意外と多いのがこのパターン。アンケートで言うところのその他みたいなもんですが、細かくみてみると何種類かに分けることができます。

なんとなく禁煙して成功した人

このタイプの人たちはそもそも喫煙に依存していないケースが多いです。

本当に何も考えずストレスなく禁煙した

依存度合いについては、ニコチンには依存している可能性は高いですが、喫煙行為そのものに対する依存がありません。

例えば、仕事の休憩時間終わりに一服したり、食事の後に一服するのが普通の喫煙者ですが、彼らはそうした喫煙習慣を持ち合わせていません。

自分でタバコを買う頻度も少なく、もともと吸う本数も少ない場合が多いです。なので、ニコチンが体内から抜ける3日間だけ凌げれば、比較的楽に非喫煙者に戻れるのです。

ただし、このタイプの人は喫煙を軽く見ているケースが多いので、容易に喫煙者に逆戻りしてしまう場合があるので注意が必要です。

とりあえず始めて我慢比べに勝利した

成功率は極めて低いですが、自分の意思と根性だけで苦しみながらも無理やり禁煙した人もたまにいます。

自分との勝負が好きな人やストイックな性格の人は、禁煙自体をモチベーションにして頑張れるのだから逆に羨ましいです(笑)

そもそもきっかけを忘れた

実際には禁煙を志したきっかけがあるはずですが、かなり前のことでそれを忘れてしまっていたり、恥ずかしいから言いたくないという人もここに含まれているのでしょう。

禁煙したきっかけを忘れてしまうと、喫煙を再開してしまうリスクが単純に上がってしまうことにあります。初心忘るべからず、ということですね。

なんとなく禁煙して失敗した人

こちらについては特に分類の必要がありません。というか、そりゃそうだとしか言いようがありません(笑)

この禁煙日記のかなり早い段階から言い続けていますが、禁煙を成功させる最大のポイントは、タバコと正面から向き合うことにあります。

喫煙者がタバコに対して抱いている必要性はすべて幻想です。タバコが無いとストレスが溜まるとか、喫煙によって気持ちが切り替えられるとか、そんなものはニコチンによって脳が騙されているに過ぎません。

これを何度言っても喫煙者には伝わらないのですが、タバコを吸った直後であれば伝わる可能性が非常に高くなります。

裏を返せば、喫煙者はニコチン依存症(これもみんな認めない…)なので、体内にニコチンを摂取して脳が満足している状態であれば、聞く耳を持ってくれるというわけです。

きっかけは後からついてくることもある

7回に渡り禁煙のきっかけについてお話をして来ましたが、時にはそのきっかけが後づけになる場合もあります。

なんとなく禁煙したと答えた人に多くみられるのですが、特に理由もなくタバコのことについて想いを巡らせていると、突発的に喫煙している自分が嫌になったりタバコの害が気になり出したりします。我に帰るという感覚に近い思います。

この場合、これ以上タバコを吸いたいとは思わなくなり、ストレスなく一瞬でフェードアウトできます。辛い思いをしている禁煙中の人からしたら何とも羨ましい話ですよね。ただ、タバコと向き合ったという点では、前者の方が成功率が高く、そちらに軍配が上がります。

全体を通してのまとめ

禁煙を始めるきっかけは人それぞれですが、どんな理由であっても禁煙成功への道は必ず通じています

その道がどれなのかを指し示してくれる羅針盤が、何度も言及している「タバコとしっかり向き合うこと」なのです。

そしてこの禁煙日記のように、喫煙という行為について多角的に考えることで、いかに喫煙とは意味が無い無駄な行為なのかをしっかり理解することができます。

誰かに言われるのではなく、ニコチンに惑わされないように自分で考えて辿り着くことが大切です。だからこそ、脳が満足している喫煙後がチャンスなのです。

禁煙のことはタバコを吸いながら考えてください。そしてそれを習慣にしてください。すると、いつの間にか喫煙している自分が嫌になってくるのです。

>> 【禁煙23日目】本気で禁煙したいならタバコの事を考え尽くせ!

 

▼禁煙を始めるきっかけとその成功率を考察してみる【シリーズ完結】

  1. 【導入】よくある禁煙のきっかけ
  2. 周囲への影響を考えて禁煙した
  3. 体調を崩したから禁煙した
  4. 家族に勧められたから禁煙した
  5. 結婚をきっかけに禁煙した
  6. 恋人や友人に勧められて禁煙した
  7. 仕事中は禁煙だからついでに辞めた
  8. タバコが値上がりしたから禁煙した
  9. なんとなく禁煙してみた&全体まとめ(←いまここ)

 

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ← みんな知恵が集まっています。
いろんな人の禁煙日記を読み、禁煙開始に向けて準備することが最も近道です。

▼次の記事:

 

昨日(2016/12/01)までの成果

  • 体重:53.0kg(+3.4kg)
  • 獲得寿命:+19,680分(13日と16時間)
  • 節約時間:8,200分( 5日と15時間)
  • 節約金額:+34,220円

※1本平均5分、1箱420円、1本で寿命-12分(男性)

>> みやびの禁煙日記一覧はコチラ

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

    • みーーん
    • 2016年 12月 02日

    みやびさんこんにちは!私も今年27歳になります。私も10.いや8年ほどの喫煙歴を持ち、タバコが好きで手放せない10.いや8年を過ごしてました。過去に3回ほど禁煙に試みましたが全て失敗。タバコの匂いや、良い歳してタバコを吸ってることが恥ずかしくなって禁煙2日目に辿り着いたブログがみやびさんのブログでした。ちょうどみやびさんが30日目に私も禁煙を始め今50日を超えました。このブログを読んでから喫煙欲求もなく、まだ50日と少しではありますが、タバコと卒業式できたように思います。
    一生辞めれないのかな。と悩んでました。本当にありがとうございます!ちなみに今ではなんでもっと早く辞めなかったんだろぅと思ってしまいます。にんげんって勝手ですね!笑
    これからもブログ更新楽しみにしてますね!

    • みやび
      • みやび
      • 2016年 12月 20日

      >>みーーんさん
      コメントありがとうございます!100日を迎えて初めてコメントの存在に気づきました(涙)この日記がいつか誰かの為になりますように…と思って書き続けていましたが、今ようやく全てが報われた気がします。
      おっしゃる通り、禁煙前は一生辞められるわけないという絶望で頭が支配されていましたが、今となってはそれも良い思い出ですね!
      全100日間の日記は完結してしまいましたが、これからも周囲に惑わされずにタバコと無縁(煙?)の人生を楽しみましょう!こちらこそありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。