みやびです。今日は非喫煙者が大嫌いなタバコの臭いについて思うところがあったので書いていきます。矛盾しているように聞こえますが、喫煙者はタバコ臭が好きか嫌いか問いかけると、好きと答える人は意外と少なく、むしろ嫌いな人の方が多いのです。

タバコ臭には2種類ある(と思う)

これはどこかのデータにあったとかではなく完全に自分の考えなのですが、タバコ臭には2種類あるんじゃないかなぁと思うのです。具体的には、

  1. タバコの煙そのものの臭い(タバコの臭い)
  2. 煙が付着して時間が経った後の臭い(タバコ臭)

のように分けられると思います。字面はほとんど同じですが、指し示している臭いの正体が少し違うような気がします。嫌煙家からしたらどっちでもいいと思いますが…(笑)

タバコの煙の臭いは好き?嫌い?

喫煙者がよだれを垂らしながらせっせと吸い込むタバコの煙ですが、この臭いは好きな人も嫌いな人もいるはずです。

というのも、タバコは銘柄ごとに特有の香りづけを施されており、特に手巻きタバコなんかだと、葉っぱが湿っていてしっかりと香りがしみ込んでいるので、非喫煙者でもタバコの臭い(煙の臭い)が好きだという人もたまにいます。そういう人は、この銘柄は好きだけど、こっちは嫌い、といったように、すべてのタバコの臭いが好きというわけではないようです。

もちろん、この煙の臭いが嫌いな人にとっては、臭いを嗅いだだけで吐き気を催す人もいます。

服や壁に付着したタバコ臭は?

よく喫煙者が電車の中で「自分タバコ臭くないかな?」と気にしている臭いがこれですね。今日の通勤途中にとんでもなくタバコ臭い男が隣の席に座ってきて吐きそうになりました。

少々主観も入るかもしれませんが、服に染み込んだタバコの臭いって、なんであんなに臭いんでしょうか?(笑)

タバコの煙の臭いは嫌いではないのですが、服や髪の毛、室内で喫煙する人の壁やカーテンなど、染み付いたタバコの臭いは耐えがたいほどの強烈な悪臭を放ちます。

おそらく、上述したようにタバコの煙には香料が使われていますが、香水などと同じでその臭いはすぐに落ちてしまい、代わりにタールやアセトアルデヒド、硫化水素、脂肪酸などの有害物質が繊維の奥に入り込んで固着することが原因だと考えられます。

さらに、時間が経つごとに酸化などの化学変化が生じたり、空気中の他の物質との反応を経て臭い強度が増していき、衣類などの場合は体温により暖められて、もわっとした悪臭が立ち上るのでしょう。

喫煙者はタバコの臭いについてどう思っているのか?

喫煙者とはいえ、他人のタバコ臭には厳しい人がかなり増えてきました。喫煙率が年々低下する中で肩身が狭くなり、お行儀よく喫煙しないと周りから叩かれてしまうので、人一倍タバコの臭いには敏感になっているはずです。

そんな状況なのでタバコ用の消臭剤を携帯する人(特に営業マン)なんかが増えていますが、正直言ってそれでバレないはずがありません

「喫煙者+タバコ+消臭剤」だとしても非喫煙者と同等まで臭いレベルを落とすことはできません。むしろ、「タバコ+消臭剤の臭い」として認知されるため、そこまで臭くはないけどとても違和感のある臭いになってしまいます。

また、喫煙者は鼻が壊れており、悪臭を振りまいていても気づかない人が多いので、もし友人であれば周囲の人がこっそり教えてあげてください。本人が気づきさえすれば、随分と意識が変わると思います。

 

なんだか書いていたら気持ち悪くなったのでここらへんでギブアップします…。うえぇ…。

 

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ← みんな知恵が集まっています。
いろんな人の禁煙日記を読み、禁煙開始に向けて準備することが最も近道です。

▲前の記事:

 

昨日(2016/10/30)までの成果

  • 体重:52.8kg(+3.2kg)
  • 獲得寿命:+12,000分(8日と8時間)
  • 節約時間:5,000分( 3日と11時間20分)
  • 節約金額:+21,000円

※1本平均5分、1箱420円、1本で寿命-12分(男性)

>> みやびの禁煙日記一覧はコチラ

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。