みやびです。ついにタバコを辞めてから50日が経ちました!パチパチパチ!禁煙開始5日前から書いてるので55記事目になります。今日は昨日に引き続き、タバコが吸いたくなった瞬間について書いていきます。昨日はラーメン後の一服についてでしたが、今日は暇なときの喫煙衝動についてです。

禁煙中は暇な時間が一番しんどい

これまでの日記で、タバコと関連のある状況で習慣的に喫煙衝動に襲われる、という話を何度もしてきました。

昨日のラーメンの件だけでなく、始業前や昼食後、いつものコンビニなど、様々なシチュエーションとタバコは紐づいているので、それを切り離す、もしくは別のものに置換していくのが禁煙を成功させるために大切であると解説してきました。

ただ、そうした「何かとタバコ」を切り離すことは意外と簡単にできるのですが、今日のテーマにも挙げたように、「暇な時間とタバコ」を切り離すのはかなり難しいです。

これまで散々、タバコを吸う意味は何一つないと言ってきましたが、何もない時間に何も意味のない行為をするというのは、かなり相性がいいのです。

暇な時ってFacebookやTwitter、InstagramなんかのSNSを見たり、なんとなくいつものゲームを開いてみたり、無意識にローテーション化された行動をしますよね。

タバコもこれと同じで、暇なときはタバコに火をつけるのが当たり前の行動なのです。言い換えれば、禁煙をするというのは、暇なときにスマホを見るの禁止です、と言われている感じです。

とまぁそんなこんなで、暇を別のことに置き換えるのは難しいのです。AをBに置き換えるのはできても、ゼロをBにするのは大変なので、さてどうしましょう…。

こうすれば解決するという答えは無いが…

こればかりは、こうしたらタバコのことを忘れられるよ!というベストな提案はできません。

ただし、人によってはベストになりうるアイディアならいくつか紹介できそうなので、その中から私が成功した方法をご紹介します。

無意識に行っている行動を意識的に変えてみる

これまで暇なときに無意識に行っていたこととして、パソコン、スマホ、タバコなどいろいろあったかと思いますが、この際、無意識的に行うことを意識的にリストアップしておきましょう。

要は、暇なときにやることリストを決めておいてしまうのです。私の場合は、暇だなぁと思ったときにやることとして、

  • NewsPicksで最新のニュースを追う
  • 新しいビジネスの妄想をして閃いたらメモする
  • SNSをざーっと流し読み
  • 好きなアーティストの音楽を歌詞を読みながら聴く
  • 将来のことを考えてみたりする
  • 明日の禁煙日記のネタを考える(←これ一番しんどい)

などなど、他にもいくつかありますが、その時の気分によって選べる暇なときにやることリストを持っています。以前であれば、ここに「タバコを吸う」が入っていたのですが、ここから「意識的にリストからタバコを削除」しています。

暇な状況になると上のリストを眺めます。慣れてくると自動的に頭の中にリストが出てきて、無意識にそこからやることをピックアップします。

その際に、リストにタバコが入っていないことは、暇な時間にタバコを吸いたくならない習慣を作り上げるためにとても重要なのです。

つまり、

  1. 暇なときに無意識でやっていたことを意識的にリスト化
  2. そこからタバコを吸うという行動を捨てる
  3. 暇なときは残りのリストを参照する癖をつける
  4. それをまた無意識に戻していく

ということです。とっても簡単ですね!(笑)

なんだかパソコンのフォルダ―からファイルを削除するかの如く簡単に書いていますが、この効果はやってみた人だけが実感できるはずです。

とりあえず暇なときにタバコが吸いたくて苦しんでいる人は、一度試してみる価値はあります。

 

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ← みんな知恵が集まっています。
いろんな人の禁煙日記を読み、禁煙開始に向けて準備することが最も近道です。

▲前の記事:

▼次の記事:

 

昨日(2016/10/29)までの成果

  • 体重:52.6kg(+3.0kg)
  • 獲得寿命:+11,760分(8日と4時間)
  • 節約時間:4,900分( 3日と9時間40分)
  • 節約金額:+20,580円

※1本平均5分、1箱420円、1本で寿命-12分(男性)

>> みやびの禁煙日記一覧はコチラ

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。