みやびです。ウェブメディアとしてのピントルが誕生して以来、ついに月間7,000,000万PVを突破しました。月間平均およそ20%増のペースでアクセスが増加し続けています。

そんなピントルも、ゆるゆるとここまで大きくなってきたわけではありません。今日は昨年末に起こったまさかのハプニング、共用サーバーを強制的に停止させられたお話をします。

成長を続けるピントル

ピントルの最大の特徴として、良質な記事と高い専門性が挙げられます。製作ペースを犠牲にする代わりに、そんじょそこらのウェブメディアでは比にならないレベルの高品質なコンテンツを量産し続けています。

そのため、Googleによるパンダアップデートやペンギンアップデートなどが実施される度に、どれだけ順位が上がるかワクワクしていました。そんなピントルに、魔の手が忍び寄っていたのでした…。

月間アクセス数400万PVなのにレンタルサーバー

ピントルの専門ページ第一号から昨年末に至るまで、お名前.comの共用レンタルサーバーを基盤に、専門ページごとにWordPressをアップロードして運用していました。PLANにサーバー等の技術的な知識を持ったメンバーがいなかったため、どこまでいけるか不安に思いながらも専門ページを増やし続けていました。

結論から言うと、共用のレンタルサーバーに70個のWordPressを導入している上に、月間400万PVもあっては、余裕でサーバーの限界をオーバーしていました。今考えると当然のことですが、当時は何もわかりませんでした。無知ほど怖いものはありません。

予兆は確実にあった

上述したように、当時の専門ページはすべてWordPressで運営していましたが、月間350万PVを超えたあたりから記事を更新するたびに【500 Internal Server Error】が頻出し始めました。当時まず思ったことは、【503 Service Temporarily Unavailable】ではないということです。

今回ピントルは500エラーの頻発によりアクセスが一時的に繋がらなくなる現象が起こっていましたが、これはピントルがお名前.com共用サーバー側に負荷をかけ過ぎたことにより、自動的に制限がかけられ続けていたようです。

その際は503エラーではなく500エラーが出るようで、そのことを知らなかった我々は、まだアクセスには耐えきれている!と勘違いしていたのでしょう。

500 Internal Server Error(500エラー)とは

こちらは様々な原因があるため、独自でサーバーを構築している場合は.htaccessファイルやCGIプログラム等の見直し、サーバー負荷の調査などが必要になります。html内にphpでプログラムを書いている場合など、カッコの閉じ忘れ程度でも出現します。

503 Service Temporarily Unavailable(503エラー)とは

アクセスの増加により一時的にサイトが表示されなくなるエラーです。サーバーに対する同時接続数を超えた場合に起こるため、基本的に余裕ができるとすぐに接続可能になります。

まだいける、まだいける

WordPressで編集中の記事を保存しようとすると500エラーが何度か出ていましたが、しぶとく更新ボタンのを連打すると通ってしまうので、「サーバーもっと頑張れや!!」くらいに思っていました。

その間もピントルは成長を続け、気づけば月間500万PVが確実視されるところまできました。サーバーを強制停止された昨年12月初旬のことです。

お名前.comからついに警告メールが!

それは昨年12月20日の出来事でした。お名前.comからついにお怒りのメールが届きました。


– (お客様センター) – 2015/12/20 10:52
ご担当者 様
いつもご利用いただき、まことにありがとうございます。
お名前.com お客様センター です。

突然のご連絡失礼いたします。

ご利用いただいているサーバーにおきまして高負荷な状態となったため、
負荷状況について確認いたしましたところ、ご利用いただいている
以下の対象ドメインにおいて、大量のアクセスが影響であることを
確認しております。

対象ドメイン:pintoru.com

※上記ドメインで設定されているサブドメインを含めた状況と
なります。

まことに恐れ入りますが、ご利用いただいているサービスは共用サーバーとなり、
他のお客様と共用してご利用いただくサービスとなります。

引き続き、同様のご利用をされますと他のお客様への影響懸念から、
サービスの停止とさせていただく可能性がございます。

恐れ入りますが、ご利用状況をご確認のうえ早急に負荷軽減にご協力いただくか、
弊社の他のサービスであるVPSのサービスへの移行をご検討くださいますよう
お願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

今後ともお名前.comをよろしくお願いいたします。

※ お手数ですが、ご返信の際は「お問い合わせ番号:xxxxxx-xxxxxx」を
必ずお書き添えくださいますようお願い申しあげます。

————–【年末年始営業時間のお知らせ】————–
2015年12月29日から2016年1月3日まで、新規および事務窓口に
つきましては、年末年始休業期間となります。お問い合わせは
2016年1月4日より順次対応いたしますので、ご了承ください。
ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解
ご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。
———————————————————-


まずい。このままだとサーバーを停止されてしまう!一刻も早くサーバーをVPSや専用サーバーに引っ越さなければ!

誰がやる?誰もできないやん!VPSって何!?サーバーって初心者だと何日くらいで構築できるの!?WordPressってどうやって引っ越せばいいの!?

かなりパニックになりました。が、あくまでも警告メールであって、「今日中に何とかしろ!」というメールではありませんでした。つまり少しの猶予はあると。少し冷静になり、お名前.comの担当者に返信しました。


お客様センター
担当者様

ご連絡いただき、誠にありがとうございます。
また、サーバー負荷の件に関して大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

弊社と致しましては、早急に対応をさせていただきたいと考えており、特に御社のお名前.comクラウドへの移行を検討しております。

お名前.comクラウドにおける適性なプランなどに関して、詳しいお話をお伺いしたく存じます。

つきましては、今後どのようにお話を進めさせて頂ければ宜しいでしょうか。
ご教示いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

「お問い合わせ番号:xxxxxx-xxxxxx」

株式会社PLAN
担当 加藤雅大


これでお名前.comクラウドへの乗り換え方法を教えてもらえれば、なんとかこの場を凌げそうだな…。

とりあえずできることはやっておく

PLANにはサーバーに関する専門知識を持ったメンバーがいなかったため、早速サーバー構築をお願いできる業者に連絡を取り、サーバー構築と引越しをセットで発注しました。

しかしこの時点でWordPressが80個ほどサーバー上で稼働しており、かつ画像も大量にあることなどから、引越しにはだいぶ時間がかかるだろうとのことでした。

「 最 速 で お 願 い し ま す ! ! 」

すべての作業を丸投げし、とりあえずレンタルサーバー脱出の目途が立ったので一安心。できれば引越し完了までの数週間、お名前.comには頑張って頂きたい!

淡い期待は脆くも崩れ去る

お名前.comの担当者からの返信を待ちながら、サーバー代行業者とも連絡を取りつつ、みんなでサーバーについて勉強したり引越しのためのデータ整理を行っていました。

そして恐怖の警告メールから2日後、12月22日。帰りの電車で疲れた体を揺らしていると、PLANメンバーのLINEにライターから1通の連絡が。

「なんかアクセスおかしくない?見間違いだったら申し訳ない…。」

一瞬で血の気が引きました。ついにきたか、と。恐る恐るGoogleアナリティクスのリアルタイムを開くと…

20160426-server-2

アクセス急降下!!というか、ほぼゼロ!!リアルタイム800からのサーバー緊急停止をくらいました。

警告メールから2日しか経っていませんけど!?しかも返信は無視ですか!?そして金曜日の夜、電話もつながらない。この時間を狙ったとしか思えない。

サーバー停止と同時に来たメールは以下の通り。


– (お客様センター) – 2015/12/22 22:07
ご担当者 様

いつもご利用いただき、まことにありがとうございます。
お名前.com お客様センターです。

ご利用いただいております、お名前.com レンタルサーバーの
ご運用についてご連絡いたします。

ドメイン名:pintoru.com

この度、対象ドメインへの過剰なアクセスにより、Webサーバーの
レスポンスが低下している状況を確認いたしました。

まことに申し訳ございませんが、ご利用いただいております
サービスにおきまして、他のご利用者様への負荷影響から、
Webの表示を制限させていただきますこと、ご了承ください。

なお、本件につきまして、ご不明点などございましたら、下記
お問い合わせ窓口までご連絡くださいますようお願い申しあげます。

※本件についてのお問い合わせは平日10-19時の時間帯でご対応
させていただきます。

今後ともお名前.comをよろしくお願いいたします。

※ お手数ですが、ご返信の際は「お問い合わせ番号:xxxxxx-xxxxxx」を
必ずお書き添えくださいますようお願い申しあげます。

————–【年末年始営業時間のお知らせ】————–
2015年12月29日から2016年1月3日まで、新規および事務窓口に
つきましては、年末年始休業期間となります。お問い合わせは
2016年1月4日より順次対応いたしますので、ご了承ください。
ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解
ご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。
———————————————————-


土日を挟んで迎えた月曜日

もはや我々には為す術はなく、無情にもピントルは閲覧することができないまま月曜日を迎えました。

とりあえず朝一で、はんちゃん(社長)が電話で謝罪。なんとか解放することはできないか交渉してもらいました。そのまま僕が電話を引き継ぎ、

「警告メールにVPSなどに引越してくれと記載があるが、サーバーを止められたら引越しすらできないじゃないか!今必死に頑張ってたところなのに!」

という言い分を盾に、期間限定でサーバーの制限を解除してもらうことができました。これでようやくピントルが見れるようになる!そんな期待をしてアクセスの回復を待ちました。

はんちゃんも一安心したご様子。

20160426-server-3

2日間のサーバー停止による影響

お名前.comとの交渉後、Googleアナリティクスのリアルタイムが上昇し始めました。これでまたしばらくは安泰だ。

と思ったら、なんだこれは??

「アクセスが戻りきっていない!」

普段ならもっとアクセスがあるはずなのに、なぜここまでしか戻ってこないのか?と思ってGoogle Search Consoleや検索順位チェックツール等で色々と調べたところ、

  • 所要キーワードで検索順位が圏外に飛ばされてる!
  • ロングテールが激減してる!
  • インデックス数が減少してる!

などの事態が発生!Googleの担当者曰く、ソフト404エラーであれば瞬時にペナルティが起こることはまずない、との見解でしたが、2日間アクセスできなくなっただけで検索順位に致命的なダメージを負いました

ちなみに、完全に元通りになるまでに1カ月近くかかりました。その間の機会損失はかなりのものでした。

あれから数カ月

ばたばたで疲弊しましたが、サーバー代行業者が年末年始休まず引越しを行ってくれたことで、3週間程度で引越しを終えることができました。現在はクラウドサーバーで元気よくユーザーを受け入れております。

また、大量に使っていたWordPressはすべて廃止し、僕の猛勉強の末に、独自の動的ページとして生まれ変わりました。その結果として、サーバーのCPU負荷は50分の1にまで減らすことができました。このあたりは別でまた記事を書きます。

この記事が誰の参考になるかはわかりませんが、いつどんなことが起こっても良いようにしっかり対処しておくことと、もし事前に想定できるのであれば、一刻も早くその不安を片づけることから始めることが大切ですね。

つづくかも。とりあえず終わり。

元気なピントルを見てみたい方はこちらからどうぞ。

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。