みやびです。そろそろタバコを辞めてから2週間が経とうとしていますが、相変わらず喫煙欲求はほとんど出てきません。一緒にいた友人が気をきかせて「一服しとかなくて大丈夫?」と聞いてくれたのですが、もはや言われて思い出すレベルです。

まだ2週間も経ってないでしょ、と言われるけど…

実感として思うのは、自分がタバコを吸っていたことが遥か昔のような気がしています。自分でも「まだ2週間経ってないのか!」と驚くほど、タバコとは一気に距離を置くことができていると思います。

火のつけ方、どちらの手でタバコを持っていたか、タバコを吸っていた時の姿勢、肺の奥まで吸い込んでいたか、灰を落とすタイミング、などなど…

いろいろなシチュエーションを思い出そうとするのですが、本当に上手くできません

またまた~(笑)って感じで笑われそうですが、しっかりタバコと距離が置けると、驚くほど短期間で脳がタバコに関する記憶を消しにかかるのだと思います。

嫌味とかではなく、禁煙が辛いという人はなぜ辛いのでしょうか?私もそうでしたが、「禁煙は辛いもの」、「禁煙は我慢して乗り越えるもの」という思い込みだけでしかないと、今では強く思います。

喫煙所に群がる喫煙者たち

最近では目にも止まらなくなりましたが、つい最近、喫煙者の友人に駅前の喫煙所に連れて行かれました。

タバコの匂いは昔からそこまで嫌いではないので、あの空間はそこまで苦痛ではありませんでした。

ただひとつ思ったことは、

この人たちは一体何をしているんだろう…」ということです。

もちろん、数週間前の自分もそこで「何か」をしていました。しかし、その「何か」から離れて遠目で見ていると、みんなタバコという死神に取りつかれているようにしか見えません。

わざわざ不健康を望み、人に迷惑をかけるためにお金を払い、そのために仕事も会話もデートも中断して、大切な時間を浪費する行為。それが喫煙です。

頑張った人から禁煙できるのではなく、この愚かさに気づいた人から禁煙できるのです。

やたらと強い口調で書いていますが、これも自分が何かの拍子にタバコに手をのばさないためでもあります。

目を覚ますお手伝い、いつでもします。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ← みんな知恵が集まっています。
いろんな人の禁煙日記を読み、禁煙開始に向けて準備することが最も近道です。

▲前の記事:

昨日(2016/09/22)までの成果

  • 体重:測定できず…。
  • 獲得寿命:+2,880分(ちょうど2日)
  • 節約時間:1,200分(20時間)
  • 節約金額:+5,040円

※1本平均5分、1箱420円、1本で寿命-12分(男性)

>> みやびの禁煙日記一覧はコチラ

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。