みやびです。週末の土日は箱根の温泉旅館でのんびりしてきました。日付が変わったときにタバコとライターを捨ててしまったので、日曜日は左ポケットが空っぽでなんだか違和感がすごかったです。肝心の吸いたい欲求はというと、、

結論から言うと、こんなもんかって感じです。やはりご飯の後や数分の待ち時間など、このタイミングでタバコを吸ってたなーと思うことはありますが、それは過去の事として扱っています。

禁煙を始めた人が半日やそこらで発狂している様子なんかをネットで見ていたので、自分も気がおかしくなってしまうのではないかとドキドキしていましたが、そんなことはなさそうです。

「辞めなきゃ」とは考えないように

辞めなくてはいけないんだ!と自分に言い聞かせていたら、もっと辛かったかもしれません。このような追い込み方は、自分に制限をかける方法なので強いストレスを感じます。

一方で、「ようやくこの呪縛から解放される!」というポジティブな思考で、自身がより自由になれるという発想をすり込むことで、タバコを辞めるストレスがかなり軽減されます。

じゃあ今からそういう考えにしよう、というのは少し難しいかもしれませんので、この日記のように辞める1週間くらい前から考え方を変える方向で調整していくと良い気がします。

将来の健康のために辞める、では自分を説得しづらい

吸い続けた場合と辞めた場合で将来の健康にどのくらい差が出るかは、データ上ではうかがい知ることはできますが、あくまでも確率論なので今実感するのは難しいことです。

タバコが原因の病気をしたことがないにもかかわらず、健康に悪いから辞めた方がいい、という理屈を自分に言い聞かせるのは非常に困難です。

実感のある「損失」を理由にする

タバコを吸っていて損したことはありませんか?

私自身が最大の損失だと思っているのは「時間」です。それに続いて「お金」ですかね。

実際に吸っているのはほんの数分ですが、それを確保するために他の作業を無理やり調整したり、場合によっては中断したり、遠くの喫煙所までわざわざ寄り道したりしていました。

自分一人ならまだ良いですが、それによって誰かを待たせたりしたことも多々あります。時間の損失とは、自分だけでなく、時として自分に関わる人の時間をも奪っています

人によるかと思いますが、私自身はこの「時間の損失」を理由にした禁煙が最も納得感がありました

色々な禁煙日記や記事を読んで、自分が素直に納得できる理由を探すところから始めるとストレスなく禁煙できるので、タバコを吸いながらのんびり調べてみてください!

 

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ← みんな知恵が集まっています。
いろんな人の禁煙日記を読み、禁煙開始に向けて準備することが最も近道です。

▼次の記事:

昨日までの成果

  • 体重:49.6kg(痩せすぎ…)
  • 獲得寿命:+240分(4時間)
  • 節約時間:100分(1時間40分)
  • 節約金額:+420円

※1本平均5分、1箱420円、1本で寿命-12分(男性)

計算参考:タバコ1本で人の寿命はどのくらい縮むのか – NAVER まとめ

>> みやびの禁煙日記一覧はコチラ

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

プログラムしたりトレードしたりスケートしたりけん玉したりするひと。趣味はトライアンドエラー。優しいときもあれば厳しいときもある。寝不足を基本とする。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。