▼すべてのカテゴリーを見る

ナイキ エアジョーダン1 BRED TOEのレビュー

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

手に入れちゃいました「Nike Air Jordan 1 Retro High OG “BRED TOE”(ナイキ エアジョーダン1ブレッドトゥ)」。このページではスニーカー大好き勇太が、このモデルの概要を説明すると共に、入手時の興奮冷めやまぬエピソードについてご紹介いたします。


Nike Air Jordan 1 Retro High OGとは?

誰もが知っているバスケットボールシューズカテゴリーのスニーカーの1つである、ナイキが誇る不屈の名作「Air Jordanシリーズ(通称AJ)」のファーストモデル「Air Jordan 1」。

1985年に登場したこのモデルは、数多の復刻を繰り返し、今尚多くの人々に愛され続けています。

さて、ここで知っておくべきは、「Air Jordan 1」というモデル名の後に続く3つの単語「Retro・High・OG」。今回紹介するモデルのベースであるスニーカーは、ただのAir Jordan 1ではありません。俗にいう「OG仕様」なのです。スニーカーフリークなら基本かと思いますが、今回手に入れたスニーカーを自慢するために、少しこの辺について紹介しましょう。

そもそも「Air Jordan 1」というのは1985年にリリースされたモデルであり、現在「新品」で手に入るものは全て復刻版です。この復刻版につけられる名前が「Retro」であり、今回紹介するスニーカーが復刻版であることを示しています。

そして「High」というのは、このモデルがハイカットモデルであるということ。意外と知られていませんが、Air Jordan 1にはハイカットモデルの他に、ミッドカットやローカットのモデルも存在しており、俗に「Air Jordan 1」と言われるのはハイカットモデルをさします。

最後に、最もややこしいのが「OG」です。この「OG」というのはオリジナルモデルのディテールを忠実に再現したジョーダンを取り巻く様々なヒストリーに関連したモデルの事を示しています。

もう少し外観的な話をすると、以下の条件に当てはまらない「エアジョーダン1のハイカットモデル」をOG仕様と呼びます。

  • シュータンにJUMPMANロゴ
  • ヒールにJUMPMANロゴ
  • 9ホール以外
  • Air Jordan 1 THE 10
  • FLYKNITモデル

シュータンやヒールにジャンプマンのロゴマークが配置されているAir Jordan 1でも、カッコいい配色やレア度の高いモデルは存在しますが、やはりそれらは「企画モノ」というイメージです。

OG仕様こそ真のAir Jordan 1と思っているスニーカーフリークは少なくないと思います。

Nike AJ1 “BRED TOE”の特徴

さて、今回手に入れたモデルのベースとなるAir Jordan 1 Retro High OGについての紹介が終わったところで、ここからは「BRED TOE(ブレッドトゥ)」という配色についての紹介をしたいと思います。

日本国内では2018年2月24日の土曜日にリリースされたこのモデル。日本国内のあらゆる有名スニーカーショップで販売されました。

BRED TOEというのは要するに、1985年のファーストモデルとしてリリースされたブルズのアウェイカラーである赤黒のAir Jordan 1(通称:Bred)と、実際に当時の試合でも使用し広告でも着用したBlack Toe(通称:つま黒)を合体させた配色のモデルの事です。

まずは、それらの配色について紹介しましょう。

Air Jordan 1 bred

この、アッパーが赤と黒で構成されているのがBredと呼ばれるカラーです。マイケルジョーダンが所属するNBAのチーム「シカゴブルズ」のイメージカラーであり、チームとしてはアウェイカラーとして使用される配色で、Bulls RedもしくはBlack Redを略してBredと呼ばれています。

今回詳しいことは割愛しますが、ブルズのホームカラーとしてアッパーを白と赤を中心に配色したモデルは「Chicago」と呼ばれています。

Air Jordan 1 brack toe

そして、こちらはBlack Toeと呼ばれる配色です。日本では「つま黒」という相性で親しまれており、こちらもオリジナルカラーであるBredやChicagoに引けを取らない人気を得ているモデルです。

Air Jordan 1 bred toe

そして、今回リリースされた「新色」であるBred Toeという名前の配色がこのモデル。シュータンやつま先部分はBredのような配色ですが、サイドパネルをホワイトにすることで、Black Toeのような軽やかな印象になっているのが特徴的です。

まさに、BredとBlack Toeが合体した配色という感じです。

Air Jordan 1 Shattered Backboard

ちなみに、Air Jordan 1の中でも人気の高い配色である「Shattered Backboard(通称:シャタバ)」のオレンジ色部分を赤に変更しているという点にも注目です。

個人的には、Bred系の新色というよりも、シャタバの色違いという感覚です。要するに、問答無用でカッコイイ(個人的主観)配色なのです。

※画像引用元:https://www.nike.com/

開封の儀式

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

特にこの辺がカッコイイ!

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

足元写真

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

とりあえずキモドリ

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

購入時のエピソード

AIR JORDAN 抽選会

2016年に復刻されたAJ1の”ブレッド”と”つま黒”、当時はスニーカー熱はあったが仕事が忙しすぎたためSNKRSのオンライン抽選だけの参加でしたが、ま想像通り玉砕したわけです。

かといってプレ値で買う根性も金銭的余裕もなく、しばらくの復刻は無いだろうと思っていたのですが、ここでまさかの「Bred Toe」とかいう新色のリリース情報が2018年の1月中旬ごろに入ってきました。

個人的な感想ですが、赤白黒の3色を使ったAJ1の中でも「最もカッコいい」配色だと。なんかこう・・・これが履けるなら、別にBredもBannedもChicagoもBlackToeも不要!(コレクションとしては欲しい!)って思うくらい素敵だと思いました。

そして、2018年の2月24日(土曜日)に日本国内のリリース日が確定!

事前情報としては、それなりにリリース数が多く、手に入らないって事は無いんじゃないか?という噂・・・。そのことを裏付けるかのように、販売が決まった店舗の異常な多さに驚きました。

オンラインで販売したのは以下の店舗。

  • SNKRS
  • KINETICS
  • YAMAOTOKO
  • ATMOS
  • BILLYS
  • A+S

店頭での抽選販売を行ったのは以下の店舗。

  • NIKE Store
  • ABC MART GRAND STAGE
  • BILLY’S
  • UNDEFEATED
  • UPTOWN
  • H_Beauty and Youth
  • Sports Lab By Atmos
  • gallery2
  • Mita Sneakers
  • TOKYO 23
  • A+S

などなど。

店舗によっては、AJ1のOG仕様を履いてくる事などのドレスコードが敷かれており、どことなく「競争率の高さ」を感じさせますが、これだけの店舗でリリースされるって事は、手に入る確率はかなり高いのでは?いやでも、人気の高そうな色だし、ムムム・・・と悩まされます。

というわけで、僕の作戦はこんな感じの2択

  1. ドレスコード店舗に並びSNKRSでオンライン抽選し、ダメなら時間差店舗に1人で並ぶ
  2. 仲間と共に通常抽選店舗に並びSNKRSでオンライン抽選し、ダメなら時間差店舗に並ぶ

というわけで、会社の同僚に手伝ってもらえるか聞いてみる事にしました。

明日の朝7:50に、新宿のABCマートに来てくれるっていう親切な方はいませんか?どうしても手に入れたいスニーカーが出るので手伝って欲しいんですけど・・・。

記事のネタになりそうなので行きます!

ついに俺のクジ運が必要な時が来たようだな!

過剰に手に入ったら儲かりますよね?行きます!

あきお

あ、眠いのでやめときまーす。

参加者4名、2店舗での抽選とオンライン抽選を含めば、12回抽選ができる・・・まず間違いなく1足は手に入るだろう・・・盤石の布陣である。

しかし!現実には合計で5回の抽選しかできなかったのである。そう、連中はいわゆる「寝坊で遅刻」ってやつだ!くそう・・・だったらドレスコードのある店舗を回った方がよかったんじゃ無いか!?

リリース日の2018年2月24日をハイライトで話すとこんな感じです。

  • 3:00 ワクワクで寝れず遅刻しそうなのでゼルダしながら徹夜
  • 7:50 ABCマート新宿の抽選にアキラと並ぶ
  • 8:00 あべちゃんとアキオの寝坊が確定
  • 9:00 SNKRSのオンライン抽選に挑むも落選
  • 9:30 ABCマート新宿で二人とも落選
  • 10:00 山手線に乗って上野へ移動
  • 11:00 山男フットギアのポストに投函
  • 12:00 当選を祈ってアキラと居酒屋で乾杯
  • 13:00 解散
  • 14:00 帰宅&就寝
  • 17:00 起床&当選確認
  • 18:00 ピックアップ

めでたく山男フットギアにて当選。

Nike Air Jordan 1 Retro High OG "BRED TOE"

ちなみに、今回が初めての「スニーカー並び」だったアキラが、今回のエピソードについて記事にしてくれていますので、「自分も初めての並びはこんな感想だったな〜」なんて思いながら読んでいただければと思います。

スニーカーに詳しく無い僕が抽選会に無理くり連れて行かされた話

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です