▼すべてのカテゴリーを見る

SPX ストリートスラム ハイ “KICKS LAB. Yellow Patent”のレビュー

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

手に入れちゃいました「SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)」。

このページではスニーカー大好き勇太が、このモデルの概要を説明すると共に、入手時の興奮冷めやまぬエピソードについてご紹介いたします。


SPX Street Slamとは?

1980年代にイギリスのロンドンにて設立されたスニーカーブランド「SPX(エス・ピー・エックス)」。名前の由来は「スポーツ・パフォーマンス・エクストリーム(Sports Performance eXtreme)」の頭文字です。

当時、アディダスのスーパースターや、ナイキのエアジョーダンなどを筆頭に、殺人事件にまで発展するようなスニーカーブームが発生し、スニーカーの価格が高騰しました。そこで「イケてるスニーカーを手の届く価格で」というコンセプトを掲げて誕生したのがこのブランドです。

そんなSPXが最初にリリースしたモデル(と言われている)のがストリートスラムというモデルで、当時からハイカットとローカットが選択でき、5色展開だったそうです。

SPXの顔とも言えるストリートスラムのバリエーションは非常に豊富であり、マルチカラーやアニマルパターン、素材もパテントやハラコやヌバックといった様々なものが使われます。さらに、スタッズが使用されたモデルや大量のベルクロが使われたモデルなど非常に多岐に渡ります。

Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”の特徴

通常のSPX Street Slam Hiと、今回紹介しているモデルが大きく違うのは、スニーカー界を牽引する原宿のスニーカーショップ、「KICKS LAB.(キックスラボ)」が別注をかけたモデルである事です。

僕の記憶違いだったらごめんなさい。一応キックスラボを運営しているロウテックスに問い合わせたんですけど、もう過去の商品ですので・・・って教えてもらえませんでした。

通常のSPX Street Slam Hiと比べると、様々な点が変更されています。

最も大きく違う点がシューレースホールで、今回のモデルはアイレットが選択されています。他にも、SPXのロゴマークがブラックとゴールドで刺繍されていたり、シュータンのロゴマークがタグに変更されているなど、より一般的な「スニーカー」のディテールを纏っています。

このディテールでリリースされているモデルは、今回紹介するイエローパテント以外にも、レッドとブラックの3種類がリリースされております。

個人的な感想ですが、オリジナルのSPX Street Slam Hiから野暮ったさを緩和させつつも、SPX特有の派手さを残した名作だと思います。

オリジナルモデルもレビューしていますので、合わせてどうぞ。

SPX ストリートスラム ハイ “Red Patent”のレビュー

 

特にこの辺がカッコイイ!

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

足元写真

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

とりあえずキモドリ

SPX Street Slam Hi “KICKS LAB. Yellow Patent”(エス・ピー・エックス ストリートスラム ハイ”キックスラボ イエローパテント”)

購入時のエピソード

先日、SPXのストリートスラムハイのオリジナルディテールの赤色を確保できた事もあり、ふつふつと心の中で、あと何足か状態の良いSPXのストリートスラムを確保したい・・・という熱が湧き上がってきました。

狙っているのは、アニマル柄のストリートスラムハイか、キックスラボがSPXを取り扱っていた時代に別注をかけた、シューレースホールがアイレットに変更されているモデル。

しかしまあ、探しても探しても状態のよいマイサイズが少ない事!

以前も話しましたが、この手の「ヤンキー系B-BOYが好きそうなド派手スニーカー」ってのは、どうしてアウトソールのかかとが斜めにすり減ってる中古しか世の中に流れて来ないんでしょうか?

とにかく状態の悪いものが多くて、スウェット素材のモデルなんで誰がどう見ても居酒屋で刺身を注文して醤油をこぼしてしまった感じのシミががっつりついてるんです。

そんな中、パトロールしていたらついに遭遇!箱無しだけど未使用のキックスラボが別注したストリートスラムを。もちろんマイサイです。

しかも安い!

欲しいスニーカーは?って聞かれれば、NIKEとoff-whiteがコラボしたAJ1(実勢20万円)って答えますが、それと同時にSPXのストリートスラム(実勢1万円)や、NIKEのコマンドフォース(実勢2万円)だって同じくらい欲しいんです。

世の中の価値と、自分の中の価値が大きく違うこの感じ、これもまたスニーカーを集めるのが楽しい理由の1つかもしれません。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です