▼すべてのカテゴリーを見る

エアマックス97UNDEFEATEDのレビュー

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

手に入れちゃいました「AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)」。このページではスニーカー大好き勇太が、このモデルの概要を説明すると共に、入手時の興奮冷めやまぬエピソードについてご紹介いたします。

AIR MAX 97とは?

1997年にリリースされたこのスニーカー。意外と知られていないのですが、AIRMAX97は2種類存在しており、現在AIRMAX97として一般的に知られているこのモデルは、秋頃にリリースされた2個目のAIRMAX97なので、リリース当時は「AIRMAX97F」や「AIRMAX98」という名前で呼ばれていました。

AIRMAXといえば、ここ日本では95が「エアマックス狩り」で最も有名かと思いますが、97はフルレングスエアのビジブル化に成功した名作。1997年の最初に登場した1個目のAIRMAX97のデザインがダサすぎたため、このモデルもそこまで人気にならなかったのは残念ですが・・・。

オリジナルのカラーは「シルバーバレット」と呼ばれる銀色のデザイン。なぜバレット?弾丸?その理由は、このAIRMAX97が日本の新幹線(Bullet Train)にインスパイアされたデザインだからです。

このモデルの特徴

2017年はAIRMAX97の20周年アニバーサリーイヤー!ってことで、オリジナルが復刻したり、別注カラーや新色がリリースされたり、最新素材によるアップデートが行われたりと、とにかく1年を通して様々なAIRMAX97が誕生した年であります。

そんな中、日本でもスニーカーブティックとして人気の高いロサンゼルスのスニーカーショップ「UNDEFEATED(アンディフィーテッド)」も、15周年というアニバーサリーイヤーだったのです。この2つの歴史を記念し、NIKEと長年に渡ってコラボレーションしてきたデザイナーがリメイクしたのがこのモデルです。

国内のリリース日はUNDEFEATEDでの発売が2017年9月16日、NIKEのSNKRSでの発売が2017年9月21日でした。

カラーは白と黒の2色ですが、白が販売されたのはUNDEFEATEDの国内7店舗のみ。そのためオークションなどでは白の方がプレミアが付いています。

開封の儀式

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

特にこの辺がカッコイイ!

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

足元写真

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

とりあえずキモドリ

AIR MAX 97 ×UNDEFEATED(エアマックス97アンディフィーテッド)

購入時のエピソード

実際は2017年の9月16日にリリースされたこのモデルですが、最初にこのモデルが国内へリークされたのは8月入ってすぐくらいだったと思います。

2017年はAIRMAX97のアニバーサリーイヤー。正直AIRMAX97のデザインは(主に色が)あまり好きではなく、年明けから続くイマイチなカラーのモデルにうんざりしていました。

が!

ついに本命が登場した!と思ったのを覚えています。

イタリアカラー、グッチカラーを彷彿とさせるレッドとグリーンのカラーをアクセントに作られたこのモデル・・・欲しい。

そして徐々にリリース情報が公開されていくと、どうやら今回は「ドレスコード有りでUNDEFEATEDにて抽選される」との事。そのドレスコードってのが結構エグくて、UNDEFEATEDのリージョンTシャツ着用との事。(リージョンTってのは、店舗限定Tシャツって事)。

当選するかわからないスニーカーに並ぶのに、特に欲しくもないTシャツを買わなければいけないってのは、もはや経費だと自分に言い聞かせつつ、リリース前に嫁と原宿のUNDEFEATEDにTシャツを買いに行きました。

リリース前日、抽選が外れた場合プレ値でも買おうと思っていたので、海外で先行販売されていたAIRMAX97×UNDEFEATEDのプレ値がどれくらいかをヤフオクやメルカリでチェックしていたら、「UNDEFEATEDのリージョンT、当日現場渡しできます!」みたいなのが大量にあって笑いました。

さて本番、UNDEFEATED原宿店の店舗入店番号の抽選に並ぶ僕と嫁。すでに店員さんたちがコラボモデルのAIRMX97を履いていて「抜いてんのかよF**K」って思いながらルサンチマンが溜まっていたのを覚えていますが、1時間程度待ったのち、運命の抽選が始まりました。

おそらく、500人くらい並んでいただろうか?もう少し多かったかな?

そんな中僕が引いた番号は「80番台」まず間違いなくマイサイズが手に入る番号である。勝利を確信し、自分のくじ運の強さを大声で神に感謝したくなった。

次に嫁がくじを引く。「10番台

おい、なんだこのくじ運の強さは。これから、どんなスニーカーの抽選にも嫁を連れて行こうと確信した僕であった。

危なげなく、黒と白の両方のマイサイズを購入する僕と嫁。

帰りに新宿の東急ハンズに寄ったのですが、新宿のアトモスから出てきた外国人二人組に英語で「見せてくれ!」と騒ぎ立てられて怖かったのを今でも覚えています。逃げるようにタクシーを止めて帰りました。エアマックス狩りされるのかと思った・・・。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です