▼すべてのカテゴリーを見る

雨からスニーカーを守るドライステッパー(Dry Steppers)のレビュー

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

激しい争奪戦の末、なんとか手に入れた激レアスニーカー!今日は彼女とのデートの日、本当は履く気なかったけど、彼女の前では良いかっこしたい!よし、あのスニーカーを履いていくぞ!

ザーーーーー(ゲリラ豪雨)

OMFG!!なんてこった、ああもう彼女とかどうでも良いから、早く家に帰りたい!!え?このあとどこ行く?どこでも良いよもう最悪だよ!!傘をさしても足元は濡れるんだよコンチクショー!!

そんな事、ありませんか?

でも、もう大丈夫。心配は不要です。人類はついに、スニーカーを雨から守る方法を開発したのです。しかも、スニーカーの格好良さを損なう事なく、今履いているのがレア物のスニーカーだというアピールをしながらも、雨から完璧に守ってくれるのです。

そいつの名はドライステッパー(Dry Steppers)!!


ドライステッパー(Dry Steppers)とは?

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

「足元にビニール袋を巻きつけるなんてダサすぎるだろ?だから、もっとクールでファッションに取り入れられるようなものを作ろうと思ったのさ」

そう語るのは、ドライステッパーをデザインしたリッチ・フランクリン氏。誰この人?って感じかもしれないが、ビヨンセとジェイZから依頼を受けてスニーカーをデザインするなど、スニーカーカルチャーの中では有名なデザイナーだったりします。

そんな彼が作ったのがこのドライステッパー。雨の日にスーパーのビニール袋をスニーカーに巻きつけて歩く人たちを目撃し、ドライステッパーのアイデアを思いついたそうです。

ドライステッパーの特徴

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

ドライステッパーは、レインウェアを羽織るように、スニーカー自体をビニール素材の袋で覆ってしまうという、袋状の製品です。

フロント部分には防水ジッパーが取り付けられており、マチが作られているためスニーカーのボリュームを問わず取り付けることが可能です。足首にはドローコードが取り付けられているため雨水の侵入をしっかりと防いでくれます。

また、ドライステッパーにはラバー製のアウトソール(靴底)が備えられているため、滑りやすい雨の日のタイルでもしっかりグリップします。

左右それぞれの形状に合わせてデザインされているため、歩きにくいということはなく、スニーカーを履いているときの状態そのままに使用することが出来ます。

価格は20ドル、日本での流通価格は2500円〜2700円となっています。

ドライステッパーの種類

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

ドライステッパーのアッパー部分は大きく分けて3種類が存在します。

  • 不透明なもの
  • 透明なもの
  • イラストの描かれたもの

アウトソールは現在2種類があります。

  • 黒いアウトソール
  • 白いアウトソール

ドライステッパーには4つのサイズが存在します。

  • S / 高さ22.0、長さ27.5cm
  • M / 高さ22.0、長さ29.0cm
  • L / 高さ22.5、長さ31.0cm
  • XL /高さ23.0、長さ32.0cm

販売店曰く、以下のようなサイジングのようですが、バッシュなどのボリュームのあるデザインの場合、全くあてになりませんので要注意です。

  • S / US7(25cm)以下
  • M / US7.5(25.5cm)~US9 (27cm)
  • L / US9(27cm)~US10(28cm)
  • XL / US10(28cm)~US12 (30cm)

ドライステッパーが買える場所

現在の価格はコチラ

※以下2017年11月現在の情報です。

現時点ではbPr BEAMSのオンラインストアで入手するのが最も簡単かと思われます。しかし残念ながらアウトソールの黒いモデルしか展開されておらず、サイズもLサイズまでしかありません。

白いアウトソールのドライステッパーが欲しい場合や、XLサイズが欲しい場合は、海外からの並行輸入か、それを行なっている別のセレクトショップに頼る必要がありそうです。

サイズについて詳しい情報は後ほどご紹介しますが、26.5cmでもバッシュになるとXLしか入らないケースもあるので注意が必要です。

ドライステッパーのサイズの選び方

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

僕も興味津々だったドライステッパー(Dry Steppers)ですが、試しにMサイズを買って見たところ、フォームポジットやモアテン(ナイキのバッシュ)がとても入りそうに無くて愕然としたため、同じような犠牲者を増やすわけにはいかない!と思い、全サイズ購入して試してみました。

その結果、あることが判明しました。それは、使用用途に合わせて選ぶ必要がある、という事です。どういう事かと言うと・・・

  1. レインシューズがわりにスニーカーを履きたい場合
  2. 持ち運び用のスニーカー緊急避難カッパとして使う場合

です。

例えば、ジャストサイズのドライステッパーを選んだ場合、スニーカーを履いたままドライステッパーを履くのは困難になります。しかし密着感が高ければ高いほど歩きやすいため、雨の日にスニーカーを履くならジャストサイズで買うのが良いでしょう。

しかし、急な雨が降ってきたためスニーカーを雨から守りたい!と言う場合、スニーカーを脱いでドライステッパーを装着してまた履くのは不便です。となると、スニーカーを履いたままでもスポッと簡単に履けるサイジングが重要となるわけです。

しかも、シュッとしたランニングシューズ系のデザインと、ボリューミーなバッシュ系のデザインでは、同じサイズのスニーカーでもドライステッパーのサイズは違ってきます。

偶然にも我が家に、僕のスニーカーと嫁のスニーカーが同じモデルで存在していたので、それらを紹介します。ご自身がドライステッパーを購入する際の参考にしていただければと思います。

モアテン
26.5cm
AM97
26.5cm
モアテン
24.5cm
AM97
24.5cm
XL 履いたままOK ガバガバ ガバガバ ガバガバ
L ピタピタ 履いたままOK 履いたままOK ガバガバ
M 無理 ピタピタ ピタピタ 履いたままOK
S 無理 無理 無理 ピタピタ

XLサイズのドライステッパーの場合

26.5cmのモアテン

モアテン(26.5cm)とドライステッパー

スニーカーを履いたまま、ドライステッパーがスッと履けるサイズでした。多少つま先にダブつき感がありますが、長距離でなければ歩くのにも支障ありません。

26.5cmのエアマックス97

エアマックス97(26.5cm)とドライステッパー

結構ダブつきます。これでは歩きにくくて仕方ありません。先ほどと同じサイズのスニーカーなのにかなり違いが出てしまいます。モアテンを履くときはXLで良いですが、エアマックスを履くときはワンサイズ小さなドライステッパーが必要です。

24.5cmのモアテン

モアテン(24.5cm)とドライステッパー

ウィメンズサイズ(GS)の場合XLだと使用不可能なレベルで大きすぎます。

24.5cmのエアマックス97

エアマックス97(24.5cm)とドライステッパー

24.5cmのモアテンですら、XLのドライステッパーが大きすぎるんですから、エアマックス97はもっと相性悪いですね。

Lサイズのドライステッパーの場合

26.5cmのモアテン

モアテン(26.5cm)とドライステッパー

ジャストサイズです。スニーカーを履いたままドライステッパーを履くには、ちょっと時間がかかってしまいそうなくらいピッタリです。しかし、1時間近く歩く予定があるなら、この状態が理想的と言えるでしょう。

家からドライステッパーを履いて出るのであれば、このくらいのサイズを選びたいところです。

26.5cmのエアマックス97

エアマックス97(26.5cm)とドライステッパー

スニーカーを履いたままでもドライステッパーがスッと履けます。急な雨でもこのサイズのドライステッパーがあれば、屋外でもすぐに装着できます。個人的にはこれくらいのサイズ感が好み。

24.5cmのモアテン

モアテン(24.5cm)とドライステッパー

24.5cmのモアテンを履いたままドライステッパーを履くならこのLサイズです。多少つま先にダブつき感はありますが、Mサイズだとピッタリすぎて、外で急に雨が降ってきたら、ドライステッパーを装着する前にビショ濡れになってしまいます。

24.5cmのエアマックス97

エアマックス97(24.5cm)とドライステッパー

モアテンの場合はいい感じのサイズでしたが、エアマックス97には大きすぎてダメです。雨は凌げるかもしれませんが、つま先が余ってしまっていますね。使えなくは無いですが、大きすぎです。

Mサイズのドライステッパーの場合

26.5cmのモアテン

モアテン(26.5cm)とドライステッパー

どう頑張ってもはいりませんでした。

26.5cmのエアマックス97

エアマックス97(26.5cm)とドライステッパー

なんとか入りましたが、脱がないと絶対に履けません。スニーカーを履いたままドライステッパーを履こうとすると破れるかもしれません。でもこのピッタリ感、優秀!これならどこまででも歩けそうです。

24.5cmのモアテン

モアテン(24.5cm)とドライステッパー

スニーカーを履いたままドライステッパーを履けそうなギリギリのサイズではありますが、かなり大変だと思います。スッとは履けませんね。でも、かなり歩きやすそうです。

24.5cmのエアマックス97

エアマックス97(24.5cm)とドライステッパー

スニーカーを履いたままドライステッパーが履けます。見た目だとドライステッパーが大きいように見えますが、意外といい感じのサイズです。24.5cmのエアマックスなら、ドライステッパーはMサイズがベストかも?

Sサイズのドライステッパーの場合

26.5cmのモアテン

Mサイズの時点で入らなかったので写真すら撮っていません。

26.5cmのエアマックス97

エアマックス97(26.5cm)とドライステッパー

入りそうにもありません。

24.5cmのモアテン

モアテン(24.5cm)とドライステッパー

なんとか入りそうかも?って感じですが、もう限界です。かかと部分が入りませんでした。

24.5cmのエアマックス97

エアマックス97(24.5cm)とドライステッパー

ピッタピタのジャストサイズです。

変わったスニーカーも入れてみた

コマンドフォースとドライステッパー

一般的なハイカットスニーカーよりも高い位置まで履き口が上がっているコマンドフォースですが、ドライステッパーなら履き口もタンもしっかり収納できます。これなら雨が降りそうな日でも履いて出かけられる!

ウイング2とドライステッパー

巨大な羽が印象的な、アディダスJEREMY SCOTT WING2.0。後ろの羽を巻き込んで収納すればドライステッパーに収納可能です。羽の部分が痛みそうなので、あまりこの状態で歩き回りたくはありませんが、濡れるよりはマシって感じですね。

ドライステッパーがあれば突然の雨も大丈夫!

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

さて、都合よく雨が降ってくれた日があったので、こんな時に便利だよ!っていうアピールストーリーを撮りにサイゼリアへ行ってみました。

例えばこんな感じで。

美味しいご飯を食べていると

いつの間にか外は雨!!

あー!今日、この前抽選でなんとか手に入れたモアテンのニックス履いてきちゃったよ!どうしよう!ああもうスニーカーをリュックに入れて裸足で帰ろうか・・・。

そんな時でも大丈夫!!

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

バッグからドライステッパーを出して、スニーカーの上から履いちゃいましょう!これで土砂降りの中でも気にせず外に出られるね!

ドライステッパー(DRY STEPPERS)

もうこれで、雨の日を恐れる必要はなくなりました。ドライステッパーが出るまで、「あ、今日雨降るかもしれないな、古いスニーカー履いていこう」なんてことになっていて、結局頑張って手に入れたレアスニーカーは1年たっても3回も履いてないなんて事、あったと思います。

しかしドライステッパーがある今、流石に家を出るタイミングで雨が降っていたら諦めますが、少々雨が降りそうなタイミングでもレアスニーカーを履いて出かけられますね!

しかも、ドライステッパーが透明なので、スニーカーを自慢できますし。というわけで、良い雨の日をお過ごしください!

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です