▼すべてのカテゴリーを見る

欲しかったスニーカーをくれると言われたので裸足で出社してみた

裸足で出社 スニーカー

ちょっと考えてみてください。

会社まで自転車通勤のあなたが、「今乗ってるロードバイクもう乗らなくなったから明日あげるよ!」って同僚に言われたら、翌日はどうやって通勤しますか?

それなりに寒い時に「もう着なくなったダウンジャケットあるからお前に明日あげるよ!」って友人に言われたら、その日はどんな格好で友人と会いますか?

僕が以前かっこいい!って絶賛した谷口勇太のスニーカーを「同じような色が手に入ったし、あのスニーカーあげるよ!」って言ってくれました。

って事で、欲しかったスニーカーをくれると言われたので裸足で出社してみました。


勇太氏がスニーカーをくれるってよ!

僕よくスニーカー好きの勇太氏に言われるんです。

アキラ、お前そんな汚い靴ばっか履いてんなよ。その靴帰ったら捨てろよ。

確かに汚いのは良く無いけど、なんか、なんか酷いですよね。

僕は、物持ちが良い方なだけだと思ってたのですが、「靴は汚いと見苦しいから綺麗な靴を履け」という人生の先輩からの助言です。

でもまぁ確かに、勇太氏を見てると、毎日毎日イカしたスニーカーを履きこなし、綺麗に履いている。

一体家に何足のスニーカーを所持しているのだろうと思ったことが何回もあります。

でも、勇太氏はただ酷いことを言うだけではないんです。

僕の誕生日に、かっこいいスニーカーをプレゼントしてくれたり、

裸足で出社 スニーカー

その前にも、赤と白のスニーカーを2足も譲ってくれました。

酷いことを言うけどすごい優しいんです。

そして今回も、僕が以前格好いい!!って絶賛していたスニーカーを譲ってくれると言うのです。

明日持ってくるからな。

ありがとうございます!

明日そのまま履いて帰る?

はい!!

じゃぁ裸足で出社するんだな?

明日は裸足で出社します!!!(キリッ)

裸足で出社してみて思った事

自転車をくれると言うのに自転車に乗って貰いにはいかないし、ダウンジャケットをくれるって言うのにダウンジャケットを着ていかないですよね。

なので、僕の頭の中は、出社したらスニーカーを貰えるのにスニーカーを履いて行くとかバカじゃね?ってなった訳です。

とは言っても、当たり前ですが裸足で出社するなんて人生で初めての経験です。

でも、本当に裸足で出社しました。

すると、僕の人生の経験値が少しアップしました。

1:自転車のスタンドが固く感じる

裸足で出社 スニーカー

僕は職場の近くでも家の近くでも関係なしに、頻繁に自転車に乗ります。

最近では、シェアサイクリングなんて言って乗り捨てさえもできちゃいますからね。

いつもの通り、自転車の鍵を解錠して、スタンドをガチャン!ってやって、さあ乗rz・・・

っ痛っ!!

え、靴履いてないだけでこんなにスタンドって固く感じるんですか!?

俺いつも足の甲から小指の辺りで蹴ってたんだ。

今からサッカーなのに・・・

2:喫煙所に迂闊に近づけない

裸足で出社 スニーカー

さぁてと、サッカーも終わったことだし、そろそろ仕事するか〜。

その前に人多いけどコンビニで一服・・・

あれ、これ喫煙所の近くに迂闊に近づけないぞ。

灰皿周りは灰で汚いし、火種が飛んでくるかもしれないし。

ちょっと吸うのはやめておこう。

3:都内の駅が恐怖でしかない

裸足で出社 スニーカー

さて、乗り換えしなきゃ。

あれ、いつもこんなに人多いんだっけ!?

え、ちょ・・・押さないで・・・

一回端っこに行くからちょっと待って!!

東京の人間はなんでそんなに急いでるの!?

あ、そういう問題じゃ無いか。

って言うか、駅の端っこって大抵汚いんだよなぁ!

4:満員電車の中にいるピンヒールとの戦い

裸足で出社 スニーカー

僕が乗る電車は基本的に人が多い。今日は運悪く遅延の影響で満員電車

ぎゅうぎゅうになりながら僕は視線を下に落とすと、ある衝撃の事実に気がつきました。

目の前の女の人、ピンヒールやんけ(ガクブル)

これ踏まれたら足の甲突き抜ける程のピン具合だぞ。

後ろの人それ以上押さないで・・・

それ以上、僕の裸足を突き抜ける潜在能力を持つピンヒールに可能性を与えないで。

おまけの実話

満員電車の中で、僕の裸足とピンヒールが限りなく近づいたので僕の裸足とピンヒールの写真を撮りました。

すると僕の後ろにいた別の女性が「撮影ですか?」って急に話しかけて来ました。

女性の足を盗撮してると勘違いされたと思って焦った僕は思わず「誤作動です」って言いました。

捕まると思いました、焦りました。

でもよく考えてみたら、後ろの女の人からしたら「え、撮影じゃ無いの?じゃぁ逆になんで裸足なの!?」ってなっていたに違いありません。

素直に、「実は記事にしたくて企画なので撮影してるんです」って言えばよかったですよね(笑)

そしたら、「そうなんですね!だから裸足なんですね!」ってなってたかもしれませんよね。

いや、やっぱりそんなことないか?盗撮に思われてたかな?←

5:点字ブロックとの戦い

裸足で出社 スニーカー

駅構内には点字ブロックがたくさんありますよね。

普段、靴を履いている時に気にする機会はあまりないかも知れません。

でも裸足だと、気がつかずとも意識してしまいました。

だって痛いんだもん!!

俺、どっか内臓悪いのかな?

サッカーして足痛めてるからかな!?

とにかくめっちゃ痛くて変な声出ちゃいました。

どんな感じって?ヒェン!って感じかな。

6:エスカレーターの降り際との戦い

裸足で出社 スニーカー

そして、裸足で出社してここまでで初めてのエスカレーターも恐怖の戦いが待っていました。

普段靴を履いている時は、エスカレーターの降り際が靴にコツンってぶつかって降りる癖がある僕。

今日もやりそうになりました(恐怖)

まじやってたら僕の足終わってたかもしれません(笑)

いや、大丈夫なのかも知れないけど、なんか前巻き込まれる映像見たことあるし、本当にやばかったかも。

あぶねぇ(ふぅ)危機一髪だったからまじでブレてます。

7:新宿の路上が汚い

裸足で出社 スニーカー

家の周りはまだ綺麗だったのに、新宿はこれですよ。

新宿の路上が汚すぎる!!

裸足で歩き始めたことによって気づく新宿の汚さ

僕は新宿という大都会に染まってしまっていたようです。

ガムを吐き捨てるとかやめませんか?

8:舗装された道路は好きだけど

裸足で出社 スニーカー

裸足で歩いていると小石を踏んでしまったりなんてことは当たり前です。

でも、道路が舗装されているだけまだマシですよ。

上の写真をよーく見てください。

途中から急に舗装されていない道路になってるんですよ!

痛いの具合が違いすぎるわ!!

足が傷だらけでグチャグチャなのはサッカー選手がゆえです。ご了承くださいw

9:マンホールで火傷

裸足で出社 スニーカー

裸足で出社した日の最高気温は26℃。今年初の夏日と言われた日でもありました。

電車内が寒すぎてジャージを履きましたけど、外に出たら汗ビチョビチョです。

風邪引くわ!とかブツブツ言いながらも、裸足で歩くことに慣れて普通に歩いていた時に何気なく踏んだマンホール

熱っちぃ!!!!!

想像してほしい。

目の前を歩いている何故か裸足で歩く青年が急にネコのように飛び跳ねる姿を。

こんなの鉄板だよただの、本当に!

10:コンビニのマットが気持ちいい

裸足で出社 スニーカー

みんなも大好きコンビニ。

僕は出社の前に必ずコーヒーを買っていきます。今日もいつも通りコンビニに入ろうとすると・・・

ジュワァ(快感)

まさかの泥よけのマットがマッサージ機能を果たしてくれることに気がつきました。

なるほど、足が疲れた時はコンビニのマットの上で足踏みをすればいいんだな。

11:打ち水が厄介

裸足で出社 スニーカー

こんな熱い日に道路に打ち水をしてくれてるなんて、なんて他人に気が使える良い人なのでしょう!

なんてのは束の間。

打ち水は裸足の僕からしたら厄介です。

足めっちゃ濡れたんですけど。

変なゴミついたんですけど。

プールサイドを歩いてる時のあの気持ち悪い感じとすごく似てるんですけど!!!

12:当たり前だけど変な人だと思われる

裸足で出社 スニーカー

もう分かりきってたことなんですけどね。

裸足で歩いてると変人扱いですよ。

出社するまでの道のりで何回僕のことを二度見する人がいたか。

まぁでもそうですよね、なんで裸足なんですか?なんて聞いてくる人なんている訳もないし。

でもほらアメリカでは大学のキャンパス内を裸足で歩いてるヒッピーみたいな人たち結構いたし。

ちょっとキャンパスでは浮いてたけど。

裸足のグループがいると変な人達だなって思ってたけど。

ぃや、誰が変な人やねん!

勇太氏からスニーカーの贈呈

ようやく会社に着いた。

これで裸足での生活が終わる!

(ガチャガチャ!)

ぃや鍵空いとらんやんけぇ!!

ってことは、

勇太氏まだおらんやんけぇ!!!

本当に裸足で来ましたよ〜!!

って叫ぶ予定だったわぃ!!(笑)

そして、何分かしてから勇太氏が出社!

アキラ!プレゼントあるからカフェに飯食い行くぞ!

カフェまで裸足である(笑)

裸足で出社 スニーカー

見よこのシュールなテーブルの下を(笑)

お洒落なカフェ飯(確かしらす丼)とか出してくるようなカフェにまたもや裸足でいる僕

一通り会話して、いつかなぁいつかなぁって待ってたら、思い出したかのようにスニーカーを取り出してくれました。

目の前で裸足でいるのに、なんで直ぐに思い出せないんですかね?←

裸足で出社 スニーカー

やっと!お目当のスニーカーが勇太氏から贈呈されました!

このスニーカーくそかっこ良くない!?

真っ青のスニーカーなんて絶対買えないもん。

食事を終えて、意気揚々とカフェから会社までスニーカーを履いて帰りました。

そして僕は、思ったのです。

スニーカーってこんなにも素晴らしい履物なんだと

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です