こんにちは。訳あって会社でiPadを購入した半田です。今回は最新スペックにこだわった訳ではないので、ipadmini2のApple認定整備済製品を購入。

普通に買うとちょっとお高いApple製品をお安く買える整備済製品について、メリットやデメリットについて紹介しておきます。

iPadの整備済製品を初めて購入

みなさんがMacBookやiPadを買う時ってどんな方法で購入していますか?Apple storeで購入する。オンラインストアで購入する。家電量販店で購入する。色々あると思います。

そんな中、今回僕が購入したのはAppleオンラインストアにあるApple認定整備済製品。これMacBookやiPadを定価よりも安く購入できるってご存知ですか?

Apple認定整備済製品ってなに?

Apple認定整備済製品とは、もともと店頭で展示していたものや、返品されてきたものをAppleが整備して再度販売している製品のことを言います。

言い方を変えれば、一度どこかで開封されたものを、ものすごく厳しいAppleの品質基準に沿って整備されたほとんど新品に近い中古品ですよってこと。

一応Appleの認定整備済製品の解説を載せておきます。

(1)Apple認定整備済製品とは何ですか?

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しい整備プロセスを経て販売される、新品ではないApple製品のことです。技術的な問題があって返品された一部の製品を含みますが、すべての製品に対しAppleの品質基準をクリアしていることを確認しています。

すべてのApple認定整備済製品は、以下のプロセスを経て販売されています。:

  • 完全なテスト(連続稼働テストを含む)
  • テストで不具合が検出されたモジュールの部品交換を含む整備
  • 徹底したクリーニングプロセスと検査
  • 再梱包(該当するマニュアル、ケーブル、新しい箱などを含む)
  • 出荷時のOSが同梱されていますが、より最新のOSに変更されている場合があります。
  • 販売可能な整備済在庫品となる前に実施される最終品質保証検査

整備の手順は、Apple製造工程と同じ基本的なテクニカルガイドラインに従ってテストされています。

(2)Apple認定整備済製品の購入には、どのようなメリットがありますか?

  • お得な価格で購入できます。
  • 完全なマニュアルがついた、完全に機能する製品です。
  • 製品はAppleの厳しい品質基準をクリアしています。不具合のあったコンポーネントは純正のAppleコンポーネントに交換されています。

(3)Apple認定整備済製品に対して、AppleCare Protection Planを購入することはできますか?

すべてのApple認定整備済製品は、Appleの1年間のハードウェア保証の対象です。より長期の保証をご希望の場合は、Apple認定整備済製品とともにAppleCare Protection Planをご購入ください。AppleCare Protection Planを購入すると、Apple認定整備済製品への無償保証を購入から、Macの場合は3年間、iPad、iPod、iPad、iPhone、Apple TVの場合は2年間に延長でき、ワールドクラスのサポートを受けることができます。

<引用元:http://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals/refurbfaq_popup>

というわけで新品ではないけれど、そこらに売ってる中古品とは一線を画したものですよってことになります。

中古というには厳しすぎる基準をクリアするために、Appleがしっかりと整備しているということが「まるで新品のような中古製品」と言われる所以です。

Apple整備済製品のメリット

Apple整備済製品を買うメリットといえば、何と言ってもMacBookやiPad、iMacを通常よりも安く買えるということです。

正直Apple製品は決して安くありません。同等スペックをApple以外で買おうとすればもっと安く買うことは出来るでしょう。

それでもやっぱりこのApple製品のシルエットに惚れ込んだ方、スタバでドヤ顔したい方、仕事はどうしてもMacBookやiMacじゃないとダメな方もいらっしゃるでしょう。

そんな方たちがApple製品を通常よりも安く買おうとするには、学生・教職員用の割引を使う、Appleに勤めているスタッフの友人や家族が利用できる割引を受ける、Amazonや楽天などのタイムセールを狙う、オークションで買うなどの方法に限られます。

学生・教職員、友人・家族系の割引には知り合いがいる必要があります(いつもお世話になっております)。タイムセールなどに出るApple製品は確かに安いものの、数量限定である上に販売開始と同時にほぼ瞬間的に売り切れます。オークションとなれば品質に不安があるのは当然のことでしょう。

そんな時、MacBookやiPad。iMacを誰でも安く購入でき、しかも保証もしっかりとしている(後述してます)。これがApple認定整備済製品なんです。

Apple整備済製品のデメリット

ここまで良いことばかり書いてきましたが、Apple認定整備済製品を購入することに対して、デメリットはないのでしょうか。

まずは必ずしも欲しい製品があるとは限らないということです。MacBook Airの11インチが欲しいと思ったとしてもそれがあるとは限りません。

さらにメモリやCPUのカスタマイズ等も出来ないので、その時Appleのオンラインストアにある製品しか購入することが出来ません。

つまり、もしも欲しいモデルの欲しいカスタマイズがあるのであれば、それが出てくるまでAppleのオンラインストアをこまめにチェックしていなくてはいけません。

ただし、逆にカスタマイズモデルが並ぶことがあるとも言えます。例えば、USキーボード版のMacBookが登場することもあります。カスタマイズ品を安く買うことができるとも言えるでしょう。

続いては、Apple認定整備済製品にはiPhoneの取り扱いがないという点です。simフリー版のiPhoneを安く購入しようとしている方にとってはデメリットというか、残念なポイントの一つです。

まぁ、iPhoneをキャリアで購入している人にとっては関係のないことなのであまり大きなデメリットとは言えないかもしれません。

※2016年11月8日より、米国のオンラインストアにてiPhoneの整備済製品が購入できるようになっています。日本のAppleオンラインストアでは整備済製品はまだないものの、今後米国オンラインストアと同様に、日本でもiPhone整備済製品の取扱がスタートするかについては現在のところ不明です。

三つ目は、化粧箱が通常の新品製品とは異なるという点です。

こだわっていない人にとってはどうでも良いことかもしれませんが、あの美しいパッケージがAppleの大きな特徴の一つでもあります。

Apple認定整備済製品の箱には、「Certified Reconditioned Product」と記載が入っています。これは新品製品にはないプリントです。

場合によっては茶系の専用の箱に入って配送されることもあり、Apple特有の白く美しい箱を期待している方にとってはちょっと残念に感じるかもしれません。

また、同梱品に関しても同じ製品の新品とは違ったものが入っていることがあります。もちろん動作には問題ありませんが、気になる方は、購入しようとしている製品のページにある製品情報の同梱物を確認しておくと良いでしょう。

最後が、もしも初期不良に当たってしまった時です。もちろん保証があるので対応はしてくれますが、同じものを送ってくれと言っても、その時Apple認定整備済製品に同じモデル同じカスタマイズのものがあるとは限りません

全く同じものが欲しいとなってもないものは買うことができません。その時は諦めて違うモデルを買うか、購入自体を諦めなくてはなりません。

とデメリットについて書いた部分のボリュームが大きくなりましたが、要するに欲しいと思ったものがなくてiPhoneはなくて箱が違くて必ずしも同じものと交換できるか分からないってだけですね。

これでAppleの製品がかなり安く買えるんだからお得じゃないですか?

Apple認定整備済製品は保証も充実

今回iPad mini2の整備済製品購入を決めた要因の一つと言っても良いのが、保証がしっかりしているという点です。

中古だったら保証も付かないんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は新品と同様の保証も準備されており、万が一初期不良等があっても保証期間内であればしっかり対応してくれます。

せっかくAppleの製品を買うんだったら保証もしっかりしたものでなければ不安だという方もいらっしゃるかもしれません。

Apple公式の認定整備済製品ならば一年間の特別保証書がついているだけでなく、AppleCare Protection Planへ加入することも可能です。

これによって、Macなら3年間、iPad、iPod、iPad、iPhone、Apple TVなら2年間の無償保証をつけることができます。これはApple認定済整備品を安心して買うことができる大きな要因の一つでしょう。

これに関しては、実際に僕が買ったApple認定整備済製品に初期不良があったというコチラの記事で紹介してますのでぜひ参考にしてみてください。

>>Apple認定整備済製品のiPad mini買ったら充電できなかった件(執筆中)

Apple整備済製品ラインナップ

必ずしも欲しいものがあるとは限らないApple認定整備済製品ですが、実際にはどんなものがラインナップされているのでしょうか。

もちろんこれはその時々によって変わるので、参考までにどんなものが揃っていて、それがどれくらいお得に買えるのかを見てみました。

※あくまでも記事執筆時点(2016年10月末時点)での在庫状況、価格状況です。必ずしも今もあるもの、もしくは値段ではありません。

MacBook Airシリーズ

MacBook Air

スタバでドヤ顔MacBookするのに欠かせないアイテムの一つがこちらでしょう。根強い人気のMacBook AirがApple整備済製品でお得に買えるとなれば、黙ってられない方も多いのでは。

そんなMacBook Airシリーズがどれくらいの割引率となっているのか見ていきましょう。

MacBook Air11インチ

2016年10月27日に行われたAppleの新製品発表イベントでMacBook Proが新しく発表されました。そしてその裏で行われたMacBook Air11インチの抹殺w

MacBook Airのラインナップページから11インチのモデルは綺麗に消え去っていますが、整備済製品のページにはしっかりと残っています。

そのお値引き率なんと約27%!MacBook Air11インチEarly2015は定価が102,800円(税抜)に対して、こちらにある同じモデルはなんと75,000円。安い…

ストレージ256GBもありますが、こちらの定価は126,800円、そして整備済製品の価格はなんと92,000円。お値引き率はこちらも27%超え!

MacBook Air11インチ(128GB)
定価 整備済製品
102,800円 75,000円
割引率 約27%
MacBook Air11インチ(256GB)
定価 整備済製品
126,800円 92,000円
割引率 約27%

MacBook Air13インチ

続いては、Apple公式ページにもしっかりと残されたMacBook Airの13インチモデル。2016年の4月から価格はそのままでメモリを8GBに増強するという太っ腹な変更を見せたAppleさん。

整備済製品としてラインナップされているのは、同じ13インチでも4GBのモデル。これは単純に比較できないのですが、発売当初は4GBだったということ整備済製品としてラインナップされてる256GBで一応比較すると…

というか27日の発表でさらに値下げしとる。しかもこの値下げはえげつない。めちゃめちゃ安くしとる。。でもあえて比較してみると

MacBook Air13インチEarly2015ストレージ256GBの定価は118,800円。整備済製品は92,000円。割引率は約22%。うん、やっぱりかなり安い。でもメモリが8GBか。これはちょっと迷いますね笑

発売当初の価格で比較すれば136,800円ということで割引率は32%。これだとやっぱりインパクトありますね。しかし発売当初は整備済製品もそんなに出ないので参考程度ということで。

MacBook Air13インチ(256GB)
定価 整備済製品
118,800円 92,000円
割引率 約22%

MacBook Proシリーズ

MacBook Pro

10月27日の新製品発表でお披露目されたTouch Barを搭載した新しいMacBook Pro。このモデルがApple認定整備済製品にあるかといえば、2016年10月31日時点ではさすがにありません。というわけで、それ以前のモデルに関して比較していきましょう。

MacBook Pro13インチ

Apple整備済製品としてラインナップされているMacBook Pro13インチですが、2015年発売のモデルが多くある中、2012年6月発売のモデルもあります。ひとまずここは2015年発売のMacBook Pro13インチを比較します。

まずは2015年発売のMacBook Pro13インチ、RAM8GB、ストレージ256GB、Core i5モデルの発売当初定価が172,800円。

一方同スペックのApple認定整備済製品はというと、118,000円。これじゃ普通に買うのがバカらしくなるレベルの安さです。割引率は約31%。安すぎ笑

ちなみにストレージ512GBのモデルは発売当初定価が208,800円。Apple認定整備済製品が143,000円。こちらも割引率約31%となっています。

MacBook Pro13インチ(256GB)
定価 整備済製品
172,800円 118,000円
割引率 約31%
MacBook Pro13インチ(512GB)
定価 整備済製品
208,800円 143,000円
割引率 約31%

MacBook Pro15インチ

続いてMacBook Proの15インチモデル。こちらは2014年発売モデルと2015年発売モデルがラインナップされています。とりあえずこちらも2015年発売モデルを比較してみましょう。

まずはストレージ512GBのモデルですが、こちらは発売時定価が282,800円。一方Apple認定整備済製品はというと、211,000円。割引率は約25%。

続いて256GBのモデルですが、発売時定価224,000円、Apple認定整備済製品は169,000円。割引率は約24%。どちらもとっても安いですね。

MacBook Pro15インチ(256GB)
定価 整備済製品
224,000円 169,000円
割引率 約24%
MacBook Pro15インチ(512GB)
定価 整備済製品
282,800円 211,000円
割引率 約25%

iMac

iMac

iMacに関しては、執筆時点(2016年10月31日時点)ではApple認定整備済製品の在庫はありませんでした。

しかし過去全く在庫がなかったというわけではないようで、時折入荷されるようです。ただしやはり人気のようで比較的すぐに売れてしまうようなので、欲しい人は随時チェックしておく必要がありそうです。

iPadシリーズ

iPadシリーズ

タブレット型コンピューターという新しい製品を世の中に広め、タブレット市場という言葉を生み出したと言っても過言ではないのがiPadでしょう。

そんなiPadはWi-Fiモデルを中心に、Apple整備済製品にも幅広い在庫がありました。そんなiPad各モデルの割引率について紹介していきます。

iPad Air

まずは、当初登場したiPadを劇的に軽くし、ユーザーを腕の疲れから見事に開放したiPad Airの価格を比べていきます。

iPad Airの発売時価格は16GBが48,800円、32GBが58,800円となっています。これがApple認定整備済製品だと、16GBが28,100円、32GBが31,600円となっています。

割引率は、16GBが約42%、32GBが約46%となります。もはや普通に買う意味がわからなくなるレベルで安いです。

iPad Air(16GB)
定価 整備済製品
48,800円 28,100円
割引率 約42%
iPad Air(32GB)
定価 整備済製品
58,800円 31,600円
割引率 約46%

iPad Air2

iPad Airからカメラ性能を大幅にアップさせ、Touch ID機能気圧計なとを搭載し、薄さも6.1mmと進化したiPad Air2ですが、整備済製品には16GBラインナップされていました。

価格ですが、発売時の定価が53,800円。一方の整備済製品はというと34,700円。割引率は約35%。iPad Airほどではないにしろこちらもかなり安いです。

iPad Air(16GB)
定価 整備済製品
53,800円 34,700円
割引率 約35%

iPad Pro

iPadをさらに進化させたモデルとして登場したiPad Pro。こちらについても12.9インチ版が32GB、128GBともに整備済製品にラインナップされていました。

まず定価ですが、32GBが94,800円。128GBが118,800円となっています。一方の整備済製品はというと、32GBが70,400円。128GBが78,900円。割引率は32GBが約25%、128GBが約33%。これもとても安いですね。

iPad Pro(32GB)
定価 整備済製品
94,800円 70,400円
割引率 約25%
iPad Pro(128GB)
定価 整備済製品
118,000円 78,900円
割引率 約33%

iPad mini2

iPad miniにRetinaディスプレイが搭載された製品として登場したiPad mini2。2013年に発売されたこちらのモデルもWi-Fiモデル16GBが在庫としてありました。その価格は24,800円。

定価が31,800円なので、割引率は約28%。ちなみに会社で買ったのはこちらのモデルです。使用用途の面から言ってもコスパ良すぎ。素晴らしい。

iPad mini2(16GB)
定価 整備済製品
31,800円 24,800円
割引率 約28%

iPad mini3

Touch IDを搭載しカラーラインナップにゴールドを追加したiPad mini3。個人的にはそんなに存在感のあるモデルではありませんが、こちらもWi-Fiモデル16GBが在庫としてありました。

価格は定価が42,800円であるのに対して、整備済製品は27,300円。割引率はiPad mini2よりも大きな約36%。Touch IDにこだわる方にはお得です。

iPad mini3(16GB)
定価 整備済製品
42,800円 27,300円
割引率 約36%

iPad mini4

iPad miniシリーズ最新にして驚くほど薄くなったiPad mini4。重量感はただでさえ軽いiPad miniシリーズの中でもやはり異質です。そんなiPad mini4もWi-Fiモデル16GBが在庫にありました。

価格は定価42,800円に対して、整備済製品が34,700円。割引率は約18%。これまでの割引に比べると若干お得感を感じませんが、それでも安いに変わりはありません。

iPad mini4(16GB)
定価 整備済製品
42,800円 34,700円
割引率 約18%

結局Apple整備済製品はどんな人向け?

ここまで整備済製品はとにかく安いですよ!的な話をずっとしてきたわけですが、やっぱりどこかに安かろう悪かろうみたいな考えを捨てきれない方もいるかもしれません。

なので、やっぱり細かいことが気にならないという人向けであることは間違い無いでしょう。その製品がどこでどのように使われ、どうして整備済製品として扱われるようになったのかを知ることはできません。

初期不良で戻ったものかもしれませんし、アップルストア等で多くの人に触られたものかもしれません。それが気になる人には気持ちよく使うことが出来ないというのも事実でしょう。

実際、僕が自分専用のMacBookを買おうと思ったら、整備済製品は選ばない可能性が高いです。(友達割引を使わせていただいていつもありがとうございます)

しかし、やっぱり値段を重視する方は一考の価値アリでしょう。もちろん、それで初期不良品などが届いても僕に言わないでくださいね笑

あくまでも自己責任ということで!

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

社長やってます。トレードもやってます。トレード日記はコチラ>>https://plan-ltd.co.jp/plog/category/trade/trade-diary

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。