アフィリエイトの最終目的地といえば、やっぱり「上位表示」ではないだろうか?この、上位表示ってのが非常に難しく、SEOだの被リンクだの、あの手この手を使って挑むアフィリエイターも多いだろう。

だが、もう一度基本に戻って欲しい。ページの上位表示って何?その基本ってのを知るには「グーグルの検索エンジンと会話する」という事が非常に大切なのだ。

そこで今回は、僕が「アフィリエイトを学びたい」という人にグーグルの検索エンジンと会話する方法として、まず最初に遊ぶゲームを紹介しよう。

3つのキーワードでグーグルの検索結果を1件にしてみよう!

この記事を書いているのは2016年の4月21日。グーグルの検索結果は日夜変化するのだから、あなたがこの記事を読んでいるときに僕と同じ結果が出るとは限らない事をあらかじめ覚えておいて欲しい。

さて、このゲーム。ルールはとっても簡単。3つのキーワードを使って、グーグルの検索結果を1件にするだけだ。

例えば

「トトロ」「りんご」「ネクター」など。商品名や人物名も使用OK。もちろん動詞でも構わないが、接続詞を追加しまくった長文はNGだ。

このゲームのポイントは、できる限りみんなが知っている普遍的なキーワードを3つ使って検索結果を1件にするというのが粋であるという点だ。

ちなみに、検索結果が0件になってしまったら罰ゲームが待っているので覚悟しておいたほうが良い。

んじゃ、実際にやってみるよー!

先ほどの例に出した「トトロ」「りんご」「ネクター」というキーワードを検索してみよう。アフィリエイトに生かすのであれば検索する前に、どんな検索結果が出て何件くらいか、をイメージしながらやってみよう。

今回は、「りんご」と「ネクター」が結構検索件数を稼ぎそうだ。10万件くらい出てくるんじゃないか?

検索結果:約 101,000 件 (0.67 秒)

まあそりゃそうだろう。

さあ、こんな調子でどんどんやってみよう。で、読者のために現時点での答えを1つ教えてあげる。

「女子アナ」 「ラフロイグ」「ベヘリット」検索結果:1 件 (0.39 秒)

とまあ、僕にかかればこんな具合だ。ラフロイグってのはウイスキーの名前、ベヘリットってのは漫画ベルセルクに出てくるものだ。

このゲームでアフィリエイトの何がわかるの?

まず、このゲームでわかるのは「検索単語と検索結果の関連性」だ。このゲームを繰り返す事で、このキーワードだとどんな検索結果が出るのかっていうのを体系的に理解する事ができる。

もう、僕くらいになれば「ウイスキー 種類」とか「ハンドクリーム 選び方」なんてキーワードで、どんな検索結果が表示されているのか容易に想像ができる、だからこそ適切なページが作成できて上位表示されるのだ。

それともう一つ。このゲームを繰り返すと上位表示って超簡単じゃん!って事が理解できる。

例えばさっきの「女子アナ」 「ラフロイグ」「ベヘリット」と検索して出てくる1件は「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」だ。

じゃあ、僕がこの3単語を使って今記事を書いているって事は、おそらくこの記事がグーグルにインデックスされた瞬間、この3つのキーワードで1位になるだろう。

結局のところ、この感覚はビッグキーワードやシングルワードの検索結果でも変わらない。既存のページよりも良いページがあれば、それが上位表示されるってわけだ。

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。