▼すべてのカテゴリーを見る

結婚式前必見!銀行がやっていない土日に新札を入手する方法

結婚式に招待された時には必ずご祝儀を用意しますよね。

ご祝儀の相場である3万円を用意するだけならまだしも、新札(ピン札)を用意するのがマナーというのが結構厄介。

平日に仕事の合間の時間を見つけて、銀行に行っては窓口や両替機で新札を用意する必要があります。

でもまぁちゃんと用意出来ているならいいです。

中には、あ!新札を用意していなかった!っていううっかり者の人はいませんか?

もしそれが「土日で銀行がやってない!」ってなったら結構追い込まれますよね。

でも安心してください。

僕は土日でも新札を簡単に GETできる方法を知っています。

という訳で、結婚式前必見!銀行がやっていない土日に新札を入手する方法を教えちゃいます。


土日に新札を入手するには?

今年28歳になる僕の周りは、第二次結婚式ラッシュ。

僕もみんなと同じように、結婚式の度に「明るいカツアゲ」ことご祝儀を用意する訳ですが、相場の3万円を用意するのをついつい忘れてしまうんですよね。ってか高くね。

しかも用意するだけならまだ良いものの、新札(ピン札)を用意するのが結婚式のマナーなんていうもんだからまぁ厄介。

普通は、結婚式の前に銀行の窓口や銀行にある両替機で簡単に新札をゲットすることが出来ますよね。

その代わり平日の銀行はだいたい15時までだし、それを逃すと一気に新札をゲットするチャンスが減ってしまいます。

でも銀行が毎日15時までやってればいいんだけど、土日は流石に営業していない

その為、ATMでお金を10万くらい下ろして新札を探す人も多いかもしれません。

いやいや、そんなことしなくても大丈夫ですよ。

ご祝儀の新札を用意するのを忘れてた!といううっかり者の皆さんに僕が解決策を教えちゃいます。

百貨店やデパートで入手する

まず最初に百貨店やデパートで新札を入手する方法です。

もし、あなたがまだご祝儀袋も用意出来ていない場合、僕がオススメするのは百貨店やデパートでご祝儀袋を用意する事です。

僕は結婚式ともなれば、基本的に新宿の伊勢丹でご祝儀を準備することが多いです。

仮にあなたが東京に住んでいる人であれば、僕は伊勢丹をオススメします。

なぜなら・・・

  • ご祝儀袋の種類が多い
  • 新札と交換してくれる
  • 名入れサービスがある

つまり、伊勢丹でご祝儀の準備を完結する事ができます。

新札に変えてもらうことも踏まえて、ご祝儀代の3万円は必ず持参するようにしてください。

それでは僕が実際に伊勢丹でご祝儀と新札を用意した時の模様をもとにご紹介します。

1:ご祝儀袋の種類が多い

伊勢丹の本館5階に行くと筆記用具や文房具などが販売されているコーナーがあります。

そこにご祝儀袋が置いてあるのですが、それが上の写真です。

ご祝儀って言っても、本当に色んなデザインがあるんですね。

逆にこんなにバリエーションがあると迷っちゃうって人もいるかもしれないですね(笑)

ご覧の通りご祝儀の枚数が多くなっても入れられるようなデザインのご祝儀袋も置いてあるので、そのような立場の人も安心です。

そのような立場の人はご祝儀用意し忘れた!なんてないでしょうけど(笑)

ちなみに僕と同じようにご祝儀袋を探しに来た男性が「100万くらい入れる予定なんです。」とか言って、店員さんに薦められた袋を買って行きましたよ。

僕はすぐに目の前の袋をとってレジに行きました。(笑)

2:新札と交換してくれる

そして本題の新札を入手できるか

ご祝儀袋を購入した際に新札に交換出来るか聞いてみてください。

新札って変えて頂けますか

おいくら分になりますでしょうか?

3万円分です。

新札があるか確認して参りますので少々お待ちください。

・・・

新札があるようですのでご用意致します。

という感じで自分が持っている3万円を店員さんに渡すと新札を用意してくれます。

新札GET!!

また、僕はまだ経験もないし、聞いたこともないですが、新札の在庫が無ければ用意することは出来ないのでご注意ください。

でも3万円くらいなら90%の確率で新札を用意してもらえると思います。

これでとりあえず新札問題は解決!

3:名入れサービスがある

ご祝儀袋を購入した方限定で名入れのサービスもあるのが伊勢丹の素敵な所。

もちろんサービスですので無料です。

字の綺麗さにあまり自信がないって人は書いてもらうといいと思います。

ただし、午前10時半から午後7時半の間にご祝儀袋を購入した人のみなのでご注意ください。

サービスをお願いして受付を済ませると、番号札を渡されて完成目安時間を伝えられます。

通常は30分〜1時間で完成しますが混雑状況などによって時間が前後する場合もあるそうです。

僕はもっと早い時間に行けばよかったのですが、今回は時間がなかったという事もあってお願いしませんでした。

ちなみに、僕が名入れするサービスは3万円で承っていますよ(笑)

渋谷のみずほ銀行ATMで入手する

次にコンビニでご祝儀袋は購入したけど、肝心の新札がないんだよ!って人にオススメなのが、渋谷のみずほ銀行のATMで新札を入手する方法です。

意外と知られていないんですが、新札専用のATMがあるんです。

結婚式当日で今すぐにでも用意しなければいけない!って人にとってはみずほ銀行が輝いて見えるかもしれません。

ちなみに上の写真でも見えていますが、渋谷でみずほ銀行!って言えばココ!ってくらい誰もがみたり利用したりした事があるだろう場所です(笑)

行き方としては、渋谷駅のハチ公側出口を出てスクランブル交差点を渡ったら左に向かって歩きます。

はい、到着。

初めて行く人は、ハチ公を出てから徒歩1分くらいの場所にあるので見つけやすいと思います。

早速中に入ると・・・

入った瞬間に「新札引き出し専用ATM27番」と書かれた黄色の看板が立っています。

一瞬俺悪いことしてるのかなって思いましたけど、続けますね。。笑

見つけました!

奥に進んで行くとまた派手な看板があるので簡単に見つかります。

あとはいつも通り3万円を引き出すのみ

すると・・・

新札GET!!

新札引き出し専用のATMであれば、確実に新札を入手することが出来るので安心ですね。

しかも結構な時間稼働してるので、結婚式の直前になって、やばい新札用意してなかった!!なんてあたふたしてる人にとっては助かりますね。

<渋谷みずほ銀行新札専用ATM営業時間>

  • 平日:0:00~24:00
  • 土:0:00~22:00
  • 日・祝日:8:00~21:00

※月曜日の0:00~7:00は利用できません。

※第1・第4土曜日の3:00~5:00は利用できません。

新札は余裕を持って準備しましょう

今回は銀行がやっていない土日に新札を入手する方法を書きましたが、伊勢丹は平日も土日も関係ないのですごくオススメです。

最初から伊勢丹に行ってご祝儀袋を購入、新札に変えてもらって、名入れしてもらうのがその場で完結できるし楽なんじゃないかなって思っています(笑)

こんな人はいないと思いますが、結婚式当日の朝になって新札問題に直面したとしても渋谷のみずほ銀行のATMで解決できますね。

渋谷遠いよ!なんて事を言う人は自分を恨んでください(笑)

最悪、式場でも新札に変えてくれる所もあるそうですのでトライしてみてください。

てか、そもそもなんですけど、新札の用意は余裕を持って準備するようにするのが一番ですよ(笑)

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です