▼すべてのカテゴリーを見る

【内側側副靱帯断裂15日目】可動域訓練と大腿四頭筋筋力訓練

内側側副靱帯 損傷 復帰

出場したフットサル大会で膝を痛めて、病院で右膝内側側副靱帯断裂と診断されてから15日目

怪我をしてから膝の怪我について色々調べているのですが、専門用語だらけで何が何だか分からなくなります(笑)

そして調べれば調べるほど、膝の怪我をちゃんと治すのは簡単じゃないということが分かります。

病院でのリハビリ初日に教えてもらったメニュー(『可動域訓練(ヒールスライド)』・『大腿四頭筋筋力訓練(クアドセッティング)』)は怪我を治す上ですごく大事なトレーニングである事も分かりました。

もはや基本のようです。

今日は僕の膝の状態を見てもらうと共にトレーニングをしている様子も動画で見てもらおうかなと思います。


ヒールスライドとクアドセッティング

今日は僕が病院でリハビリ初日に教えてもらったトレーニングメニュー(『可動域訓練(ヒールスライド)』・『大腿四頭筋筋力訓練(クアドセッティング)』)を動画でご紹介します。

まずは動画から・・・

僕はこのメニューをやるのとやらないのとでは絶対に怪我の治りに差が出てくるなって分かりました。

なんでか?

やる前とやった後では膝の可動域が必ず広くなっているからです。

たった数回やったくらいでそんな効果でるかよ!って人は、まずやってみてください。

膝に油を塗ったかのようにスムーズに動くようになります。

靭帯に刺激を与え続けるのが大事なんだなって痛感している毎日です。

動画でも明らかに膝の角度が違うことが分かるはずです。

ってな感じで毎日地道にこの繰り返しで膝に刺激を入れています!

ちなみに怪我が治ってからもこのトレーニングは良いみたいなので、ストレッチメニューに入れようかなって思ってます!

今回のタンパク質摂取

昨日は社長と飲みに行ったのでプロテインは朝の1回だけになってしまいました。

プロテイン2回飲まなきゃ!って言う意識が低かったのが原因ですね。

上のやり取りは本当にひどい間違いですよね。

僕の膝も悲鳴をあげてました。エレベーターで移動したけど。

アキラのデータ

身長164cm//27

  • 体重:55.8kg (昨日より1.4kg増)
  • 基礎代謝:1279kcal(低めよりの標準)
  • 内臓脂肪レベル:3.5(低い)あ、上がった・・・
  • 身体年齢:29歳(俺今27歳)
  • 体脂肪率:16.1%(標準)昨日より0.4%増
  • BMI指数:20.7(標準)昨日より0.4増
  • 骨レベル:5(標準)上がったw
  • 骨格筋レベル:4(低めよりの標準)

居酒屋行ったら基本的にデブへと確実な一歩を踏んだ

〜続く〜

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です