▼すべてのカテゴリーを見る

【内側側副靱帯断裂35日目】コンビニ食でも栄養を考えれる本

内側側副靱帯 損傷 復帰

出場したフットサル大会で膝を痛めて、病院で右膝内側側副靱帯断裂と診断されてから35日目

運動の頻度が以前よりもかなり減った事により、普段の食事にもかなり気を使うようになりました。

なぜなら、太りたくないから!

今までは、運動してるから大丈夫でしょ!とか、まだ若いし大丈夫でしょ!って感じでチキン南蛮やカツ丼や天丼とか油物が多いものでも気にせず食べていた訳ですが、最近の僕の合言葉でもある「もう僕は若くない」精神で栄養を気にする様になりました。

そして、そんな時に見つけたのが、料理は出来ないしコンビニばかりの僕でもしっかり栄養を摂れるという一冊の本。

という事で、普段料理しないあなたも大丈夫!「コンビニでも摂れる勝つための栄養食BOOK」をご紹介します。


コンビニでも栄養を気にしよう

現在の価格はコチラ

僕は最近本を読むことにハマっていて、基本的にアマゾンで購入しています。

そこで怪我について詳しく書いてある本はないかなーなんて探していたら面白い本を見つけたんです。

それが、「コンビニでも摂れる勝つための栄養食BOOK」という一冊。

どうやらこの本、2005年に発売された本とのことでめちゃくちゃ安かった。

著者は川端理香という管理栄養士で、バレーやサッカーのJリーグチーム、オリンピックチームやプロ選手個人の栄養サポートをした経歴があるらしい。

この人が書く本は、「勝つための〜」とかスポーツやパフォーマンス向上のための食事メニューなどの本がすごく多いので、出来るならば全部読みたいのですが、残念ながら僕にはそれを再現する料理力が備わっていません。

って事で、「コンビニでも摂れる勝つための栄養食BOOK」という本に惹かれたわけです(笑)

普段からコンビニでよく弁当などを買う事が多いので、この本の言う通りにすれば少なからず普段よりは健康な食事にできると思ってw

実際に開いてみると、流石に「セブンイレブンの〜弁当を買いましょう!」なんて事は書いていないけど(しかも2005年出版の本だしw)、「豆類が入っている品を1つと魚系の弁当一つ。」とかのように必要な品名を書いてくれてるので分かりやすい。

しかも、「試合の前日の食事」とか「試合後の食事」とか「リカバリーしたい時」のように色々なシチュエーションごとに分けて書いてくれているのも分かりやすいです。

僕のように、普段料理もしないしコンビニ食ばっかり食べてるけど、健康に気を使っていて食トレしたい!って人には向いていると思います(笑)

コンビニでなければもちろんもっといいんだとは思うのですが、最低限でもですなw

もし興味がある方がいればどうぞ。

現在の価格はコチラ

35日目のアキラ

前日に、なんか体調悪いなーと思ってはいたのですが、朝目が覚めるとかなり体がだるい。

ってことで熱を測ってみると・・・

37.8度!

とりあえず会社に行ってする事があったのでとりあえず出社したものの、社長に言われ早退して休むことに。

結局この日はサラダとOS-1だけで1日が終わってしまいました。

トレーニングもストレッチもなんにもしてません(苦笑)

僕とした事が・・・2日連続は流石にまずい。

アキラのデータ

身長164cm//27

  • 体重:54.0kg (昨日より0.7kg増)
  • 基礎代謝:1218kcal(低めよりの標準)
  • 内臓脂肪レベル:3.0(低い)
  • 身体年齢:29歳(俺今27歳)
  • 体脂肪率:16.9%(標準)
  • BMI指数:20.3(標準)
  • 骨レベル:4(標準)
  • 骨格筋レベル:4(低めよりの標準)

〜続く〜

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です