▼すべてのカテゴリーを見る

面接は「御社」履歴書は「貴社」違いと使い分けを徹底解説

株式会社PLANを代表する低学歴こと谷口勇太です。今までの人生で、まともな会社員なんてしたことがないため、敬語とかも正しく使えません

でも株式会社PLANではそれなりに偉い役職なため、お客さん的な人と話したりメールでやりとりしたりすることも増えていき、BCCをつけてたメールで怒られました。

お前、御社と貴社、弊社と当社の使い分け知らへんやろ?」と関西弁で。なんとなく、御社と弊社が丁寧語で、貴社と当社が普通語だと思ってましたけど、違うんですね。

と言う訳で、今回は僕が大失敗した御社貴社弊社当社の違いや使い分け、例文についてご紹介しますので、履歴書や面接で失敗しないように覚えておきましょうね!


【基本の使い分け】御社・貴社&弊社・当社

まずはシンプルにご紹介しましょう。

相手の会社のことを敬って呼ぶ場合に使用する御社と貴社の使い方はこんな感じです。

  • 御社(おんしゃ)=話し言葉(口語)なので面接電話で使用する。
  • 貴社(きしゃ)=書き言葉(文語)なので履歴書メールで使用する。

そして、自分の会社を指す言葉に弊社と当社がありますが、どちらも意味は同じで弊社の方がへりくだった印象を与えるため、使い分けとしてはこんな感じです。

  • 弊社(へいしゃ)=社外の人と話すときに使用する。
  • 当社(とうしゃ)=へりくだる必要のない人と話すときに使用する。

さて、ここからは、これらの言葉の違いや使い分けについて、もっと詳しく掘り下げてご紹介します。

御社と貴社の違いと使い分け

さて、先ほども申し上げましたが、御社と貴社の違いは以下の通りです。

  • 御社(おんしゃ)=話し言葉(口語)
  • 貴社(きしゃ)=書き言葉(文語)

そもそもこの「御社」と「貴社」と言う言葉は、相手の会社に対する敬意を表すために使用され、尊敬の気持ちを持って表現することから「尊称(そんしょう)」と言います。

人を敬う気持ちとして「様」や「先生」といった接尾辞(せつびじ)をつけると思いますが、これらは敬称と呼び、接尾辞の形式を取らずに相手を敬う呼称を尊称と呼ぶので、覚えておいて損はありません。

さて、なぜこの「御社」と「貴社」と言う形で2つの尊称が存在し口語文語で使い分けられているのかと言うと、「貴社(きしゃ)」と言う言葉が「帰社・記者・汽車・棄捨」などの同音異義語が多く話し言葉に適していないからです。

そのため、面接や電話といった会話で使用する場合は話し言葉として優れる「御社」を使用し、履歴書やメールといった文章で使用する場合は書き言葉である「貴社」が使用できると言う使い分けがされています。

しかしながら、この「御社」と「貴社」ですが、どちらも尊称であるため、御社を文章で使用したり貴社を会話で使用したりしても間違いではありませんし、失礼と言う事は一切ありません。

ただし、文章内や会話の中で「御社」と「貴社」をごちゃ混ぜに使用する事は避けましょう。これを文章の場合「表記ゆれ」と言いますが、混在させるのはどうしても拙く思えますので、あなた自身の評価を下げる可能性があります。

御社様?貴社様?二重敬語に注意

敬語に慣れていないと、ついつい「丁寧に!丁寧に!」というプレッシャーから、敬語に敬語を重ねてしまう二重敬語になってしまいがちですが、この敬語表現を重ねすぎるとかえって失礼だと思われることも少なくありませんので、注意したいところです。

御社」も「貴社」も尊称と呼ばれる敬語ですから、そこにさらに「」などの敬称を重ねてしまうのは二重敬語に当たります。

御社様」も字面を見ると「オヤシロサマ」と読めてしまいますから、そのあたりの不自然さを理解していただければ、このような二重敬語は回避できるかと思いますので、覚えておきましょう。

業種別:「御社・貴社」的な尊称

尊称は、企業のみならず、様々な団体や協会といった組織に対しても使用され、最近では組織によって「御社」や「貴社」といった尊称以外を使用する場合もありますので、失敗しないように覚えておきましょう。

一般企業以外の尊称例はこちら。

  • 銀行=御行・貴行
  • 信用金庫=御庫(御金庫)・貴庫(貴金庫)
  • 学校・学校法人=御校・貴校
  • 学園=御学園・貴学園
  • 学院=御学院・貴学院
  • 市役所・区役所=御庁・貴庁
  • 〇〇省=御省・貴省
  • 〇〇庁=御庁・貴庁
  • 〇〇署=御所・貴所
  • 病院=御院・貴院
  • 機構=御機構・貴機構
  • 組合=御組合・貴組合
  • 協会=御会(御協会)・貴会(貴協会)
  • 店舗(支店)=御社・貴社
  • 店舗(個人商店)=御店・貴店
  • 都道府県=御庁(御県)・貴庁(貴県)

上記以外の組織の場合でも、基本的に話し言葉の場合は「」を付け、書き言葉の場合は「」をつければ概ね問題ないと覚えておきましょう。

弊社と当社の違いと使い分け

さてお次は、自分の会社のことを示す弊社当社の違いですが、これは「弊社」の方がへりくだった印象の言い方であると覚えておきましょう。

一般的なビジネスシーンでは以下のような使い分けがされています。

  • 弊社(へいしゃ)=社外の人間に対して使用する
  • 当社(とうしゃ)=社内の人間に対して使用する

基本的に「へりくだる必要がない場合は”当社”」と覚えておけば間違いありません。社内の同僚と会議している時や、自分が客側である場合の会議などではへりくだる必要がないので「当社」で大丈夫です。

反対に、取引先や商談の相手にはへりくだって「弊社」と言う言葉を使うのが正解です

ただ、社外の人間に対して、強気な提案であったり、交渉で強く出なければいけない時、抗議の時などは「当社」や「わが社」と言う表現を使うこともありますので、覚えておいて損はありません。

この「弊社」ですが、人によっては「弊社は書き言葉(文語)だから電話や商談で使わない方が良い」としてる場合がありますが、文語として登録されている訳ではない様子。どうやらこれは勘違いが浸透してしまった結果のようですから注意しましょう。

転職の場合は「現職」で大丈夫

さて、学生から社会人になる場合の面接や履歴書で「自分の会社を示す言葉」は使用しないと思いますが、転職する場合の面接や履歴書では「自分の会社を示す」必要があります。

そういった応募先や面接先の企業は、取引先や商談の相手ではないため、弊社という言葉を使ってへりくだる必要はありませんし、当社という言葉も「現在務める会社の一員あるいは代表として自身の会社を示す言葉」になってしまいますから適切とは言えません。

転職の面接は、会社の代表として受けに行っているのではなく、個人として受けているものですから、現在務める会社を説明する場合は「現職」、すでに退職している場合は「前職」を使用するのが適切です。

「御社」と「貴社」を使った例文

そもそも御社(おんしゃ)という言葉に使われる「」の文字は「御恩と奉公」(武士の主従関係を構成した概念)という用例からもわかる通り、日本に古来からある日本語的な敬語表現です。

また、貴社(きしゃ)という言葉に使われる「」の文字は、「貴台(きだい)」や「貴邦(きほう)」のように、漢文で記された文章の中に広くみられる敬語的表現であり、これらに使い分けを強制するような根拠は存在しません。

ただ、貴社が漢字の基本ルールである音読熟語なのに対し、御社が変則的な訓読みと音読みを混ぜた「発音ありき」の言葉である点から、文章で記述する場合は貴社を用いるのが一般的(気にする人は気にする)とされています。

と言う訳で、ここからは、例文を交えながら「御社」と「貴社」の使い分けや使用例をご紹介していきますので、実際の言葉として使用感を理解したい場合は参考にしてください。

履歴書(ES)などの応募書類での使用例

書類に文章を描く場合は「貴社」を使用します。

  • 貴社の社風に大変魅力を感じます。
  • いち早く貴社に貢献できるよう頑張ります
  • 貴社を利用した際のサービスの細やかさに共感しました。

面接時の使用例

面接で直接会話する場合は「御社」を使います。をつけないように注意しましょう。

  • 即戦力として御社に貢献したいと考えております。
  • 御社の包括的に展開されているITサービスに大変魅力を感じます
  • 〜といった理由から、御社の積極的な戦略に魅力を感じて

メールや手紙の使用例

社外へのメールや手紙は「貴社弊社」を使います。社内でのメールのやり取りは「当社」を使用します。

社外向け

  • 貴社におかれましては、本年をもって創業50年を迎えられ〜
  • 貴社の会社説明会に参加させていただき、誠に〜
  • 誠に恐縮ですが、この度は貴社を訪問させて頂きたく〜

社内向け

  • 当社は、長年にわたり〜
  • 引先様ならびに当社配送センターに〜
  • 当面の間、当ではインターネット上での〜

電話や商談の使用例

社外の人と直接会話する場合は「御社弊社」を使います。をつけないように注意しましょう。

  • たとえばの話しなのですが、御社の方で既にホームページ等の〜
  • もし宜しければ御社の方でもいかがでしょうか?
  • 午後2時に御社へご訪問させていただきます。

敬語表現の種類と使い分け

今回は、相手の会社を示す「御社(おんしゃ)」と「貴社(きしゃ)」という尊敬語に属す2つの尊称と、自分の会社を示す「弊社(へいしゃ)」という謙譲語と「当社(とうしゃ)」という丁寧語を主軸に解説してきました。

ところで、この「丁寧語・尊敬語・謙譲語」の3種類の違いは理解していますか?日本語における敬語表現の基本ですから、主な使い方だけでも理解しておけば、ビジネスマナーの向上に大きく役立つと思います。

  • 丁寧語:相手を問わず使える
  • 尊敬語:相手を立てる時に使う
  • 謙譲語:自分を下げる時に使う

ビジネスシーンで頻繁に使用する言葉を、3つの形態の敬語表現に分けて表にしましたので、相手を立てたい時、自分を下げたい時、普段使用する丁寧語をどのように変化させるべきなのかを覚えて、是非活用してください。

基本形 丁寧語 尊敬語 謙譲語
する します なさる
される
いたす
させていただく
言う 申し上げる おっしゃる
言われる
申す
申し上げる
行く 行きます いらっしゃる
おいでになる
うかがう
参る
来る 来ます いらっしゃる
おいでになる
見える
お越しになる
参る
伺う
知る 知っています お知りになる
ご存じだ
存じる
存じ上げる
承知する
食べる 食べます 召し上がる
おあがりになる
いただく
頂戴する
いる います いらっしゃる
おいでになる
おる
見る 見ます ご覧になる 拝見する
聞く 聞きます お聞きになる 拝聴する
うかがう
座る 座ります お掛けになる お座りする
座らせていただく
会う 会います お会いになる
会われる
お目にかかる
伝える 伝えます お伝えになる 申し伝える
わかる わかりました おわかりになる
ご理解いただく
かしこまる
承知する
読む 読みます お読みになる 拝読する
あげる(与える) くださる
お与えになる
差し上げる あげます
受け取る 受けとります お受け取りになる 賜る
頂戴する
拝受する
利用する 利用します ご利用になる 利用させていただく
思う 思います お思いになる
おぼし召す
存じる
拝察する
買う 買います お買いになる
お求めになる
買わせていただく
考える 考えます お考えになる
ご高察なさる
拝察する
検討いたします
待つ 待ちます お待ちになる
お待ちくださる
お待ちする
帰る 帰ります お帰りになる
帰られる
おいとまする
面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です