▼すべてのカテゴリーを見る

【リーク】Nike Hypervenom Phantom 3 (ハイパーヴェノムファントム3 )2018年に新色か

Hypervenom Phantom 3 ハイパーヴェノムファントム3

サッカーをする上で欠かせない道具がスパイクであることは言うまでもないがどんどん新しいシリーズが出てきて何が何だか分からなくなっている人も多いのではないだろうか。

どれが一番の新作なんだろう・・・

そんなサッカーをこよなく愛する皆さんへ新着ニュースだ。

ナイキが2018年春にNike Hypervenom Phantom 3の新色を出すそうだぞ。

その名も”Hypervenom Phantom 3 DF Elite“で、新作の色はブラック&ゴールドだそうだ。


Hypervenom Phantom 3 DF Elite

画像引用元:http://www.footyheadlines.com/

リーク元の情報によると、2018年の4月に発表されるであろう新色のトップモデルは「Hypervenom Phantom 3 DF Elite(ハイパーヴェノムファントム3・ダイナミックフィット・エリート)」と呼ばれるそうだ。

2017年に販売開始された従来のハイパーヴェノムファントムと違うのは「Elite(エリート)」という名前がついているところ。

気になる新色は、アッパー部分のメインがブラックでメタリックヴィヴィッドゴールドが配置されていて(光沢のある鮮やかな金)とロゴ部分がメタリックゴールド(光沢のある金色)だそう。

ちなみに、従来モデルとの機能性に変化があるのか気になるところだが従来モデルとの機能性に特に違いはないので何がエリートなのかもはや分からない(笑)

Nike Hypervenom Phantom3DF Eliteの小売価格は従来モデルと同じ小売価格で販売されるそう(USD 300 /EUR 300/ GBP 250)

日本ではトップモデルで税込37,800円くらいになるということだ。


2017年2月末には、ブラックとメタリックシルバーのスパイク”Hypervenom Strike Night edition” がリリースされていたが、今回はそのメタリックゴールド版ということだろうか。

ハイパーヴェノムファントム3 DF Eliteの特徴

ここではハイパーヴェノムファントム3の特徴を簡単に説明する。

リークされたスパイクも従来と同じということなのでわざわざ書く必要もないが注目すべきポイントは下の通り。

  • 完全なるFlyknit構造:素足のようなフィット感を提供
  • Flywireによる固定感:安定感が抜群
  • Dynamic Fitの履き心地:ソックスのような履き心地
  • ハイパーリアクティブプレート:反発力と安定感を確保
  • テクスチャードアッパー:シュート速度のアップ
  • V字型スタッド:加速・ブレーキ・カット時に力を発揮
  • ACC テクノロジー:雨天でも乾燥でも関係ないボールコントロール発揮

実際に僕も履いているモデルでもあるが、一番感動したのはFlywireのおかげで足が完全にロックされているということ。

靴の中で足と靴が一体化しているような感覚なので素足のようなフィット感というのは間違いない。

テクスチャードアッパーのおかげでシュート速度がアップしてるかどうかは正直そんなの分からないが、ボールを蹴った時のリアクション(反発や感覚)は抜群だ。

ボールの感覚を大事にするポイントゲッターにはぜひトライしてもらいたいシリーズである。

とりあえず2018年にリリースされるであろう新色Hypervenom Phantom 3 DF Eliteのアップデートを待とう!

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です