▼すべてのカテゴリーを見る

事務所の仲介手数料をウェブメディアらしく文字数で評価してみた

最近、うちの社長が浮き足立っている。

どうしたんだろうと思っていたら、どうやら弊社「株式会社PLAN」の事務所が新しくなるらしい。引っ越し大好き!不動産大好き!賃貸情報大好き!の社長である。

さて、そんな社長が今回利用した不動産屋さんですが、一風変わった最新式の「仲介手数料自由」という、いわば「私が頑張ったと思う分だけ仲介手数料をください、なんならゼロ円でもいいですよ」という、男気たっぷりな仕組みを取り入れた不動産屋さんなのです。

弊社は、こんな記事ばかり書いているからマトモではないと思うが、腐ってもウェブメディアである。ウェブメディアならウェブメディアらしく仲介手数料を評価すべきであろう。

ってなわけで、今回僕たち株式会社PLANの新事務所を紹介してくれたという不動産会社クリアビジョンの「大蔵さん」と、弊社の「社長」が交わしたメールを見ながら、本文の内容や文字数で仲介手数料を評価してみようと思います。


文字単価っていくらくらいが相場なの?

文字単価

株式会社PLANといえば、この社員が好き勝手書いてるふざけた内容の「PLOG」が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、ちゃんとした「役に立つウェブメディア」だって運営しているんです。(むしろ本業はそっち)

もちろんそちらは、記事を内製することもありますが、クラウドソーシングなどを使ったり、個別で契約している専属のライターさんに外注することもあります。

そういったときの金額交渉として、もっとも定番とされているのが「文字単価」ってやつで、1文字いくらという感じに交渉を進めます。

しかし、納品された記事の報酬を評価するのは文字数だけではありません。

添削によって文字数が削られて報酬が減ったり、執筆内容のクオリティが低くて報酬が減ることもありますが、反対にこちらの要求以上に優れた内容を執筆してくれた場合は通常の金額よりも多く支払うなんてこともあります。

一般的な文字単価の相場

外注ウェブライティングの業界で、お小遣い稼ぎとして副業ライターをしているような無知識無経験の人に記事を執筆してもらう場合の文字単価の相場は、1文字0.5円〜1円(大体2000文字で1500円くらい)が目安とされています。

新卒での平均年収が582万円と言われる東京で、ライティングだけで生活しようと思ったら年間で11,640,000文字書かなくてはいけない計算となります。

大抵の場合1記事の平均文字数が3000文字程度とされていますから、3880記事書かなければいけませんね。

ちなみに、PLOGの記事を僕が書いた場合、3000文字程度の記事で3時間くらいが作業時間目安となります。

つまり、新卒平均年収の582万円を稼ぎ出すには、11,640時間必要というわけで、これを1日8時間労働に換算すると1455日(約4年)かかる計算になります。

ということは?

とりあえず新卒の平均年収くらいを毎日8時間のライター業務で稼ごうと思ったら、通常の文字単価を4倍程度(1文字2円〜3円程度)まで引き上げなければならないわけです。

文字単価はどうやったら上がるの?

さて、多くの人が気になるであろう「文字単価の上げ方」ですが、基本的には「努力と知識とスキル」によって、より文字単価の高いライティング業務に従事することが可能となります。

例えば以下のような点が文字単価の高いライティング業務に従事できる要因です。

  • 専門知識や資格
  • ライターとしての経験年数
  • 専門知識を使う業務の経験年数
  • 図やイラストの作成や写真撮影
  • 独自のインタビューや取材
  • 締め切りやルールを守る
  • コミュニケーションが円滑である

などなど。

もちろん、同一のメディアで外注ライター業務をこなすうちに、編集担当者との信頼関係が築けたり、専属ライターに昇格して文字単価が上がることもあるかもしれません。

また、弁護士や歯医者など「資格が必要」な専門知識を執筆できるライターさんの場合は、最低でも1文字5円程度が相場と言われています。

こういった「プロ」のライティングが要求されるような執筆業務を引き受けられるライターになるということも、文字単価を引き上げるのに重要な要素と言えるでしょう。

担当「大蔵さん」の文字単価は?

さて、ここまでお話しした「ライターの質と文字単価の相場」をベースに、今回僕たち株式会社PLANの新しい事務所を探してきてくれた、不動産会社クリアビジョンの大蔵さんの、不動産屋さんではなく”外注ライターさん“としての文字単価を一方的に決めたいと思います。

まずですね、大蔵さんはクリアビジョンという会社で、宅地建物取引士(宅建)を持ってオフィス仲介業を営むプロフェッショナルですから、その時点でまず弁護士や医者を経験している専門職系ライターさんの相場である1文字5円は絶対条件ですね。

さらに、複数回に渡って記事(メール)を執筆してくれてますからね、もはやこれは専属ライターの領域ですよ。ってなると、通常の文字単価から倍に引き上げて1文字10円にしたいと思います。

さてさて、文字単価に影響を及ぼしやすい経験年数ですが、現在クリアビジョンに入社して約1年ということなので、文字単価を1円プラスしましょう。

また、部屋の間取り図面を作ったり、オーナーさんへのインタビュー(交渉)とかもしてるらしいので、その辺を考慮すると1文字20円にはしてあげたいところですね。

それに、色々資格も取得しているようで・・・例えば「普通自動車第一種運転免許」とか「OWD(オープンウォーターダイバー)」とか・・・ってどちらも別に特殊な技能として強い力をもつ免許じゃないので、これは加点なしということで!

あとは、人間性に関する部分ですが、過剰なほどのコミュニケーションで社長も快適に事務所選びができたみたいですし、締め切りも落としたことがなく記事(メール)の内容も非常に丁寧かつ納品(返事)も迅速ですからね。

今回は特別に1文字40円で契約しましょう!

仲介手数料を文字単価で支払ってみた!

さて、不動産屋さんの大蔵さんから、外注ライターの大蔵さんになったところで、新しい事務所を探していた社長と、担当の大蔵さんが交わしたメールを全てチェックし、文字数分の報酬を仲介手数料として大蔵さんにお支払いしたいと思います!

メールの文章は全部で「9509文字」でした!

2018年の2月22日(木) 20:46に、大蔵さんが社長(半田)に最初に送信した

大変お世話になっております。
クリアビジョンの大蔵と申します。

夜分遅くに失礼致します。

先日はお忙しい中お電話のご対応頂きまして誠に有難うございまし た。
物件のご提案でご連絡〜(以下略

というメールに始まり

2018年の4月24日(火)18:34に、大蔵さんが社長(半田)に最後に送信した

いつも大変お世話になっております。
クリアビジョンの大蔵です。

先程はお忙しい中、お時間頂き有難うございました。
無事ご契約となり〜(以下略

までのメール本文の文字数を計算したところ、全部で9509文字でしたので、外注ライター大蔵さんの文字単価「40円」で計算したところ報酬額は・・・

「38万360円」(ババーン!)

となりました。

おめでとうございます!通常の仲介手数料だと賃料1ヶ月分(今回はだいたい家賃40万円くらいだった)が目安ですから、この金額はある意味「概ね満額」ってやつですね!

おっと、ちょっと待ってください?

でもこれ、納品物としては結構な減点箇所がありますね・・・すみません、ちょっと執筆内容を再度確認して、減点部分の報酬を差し引いてから、最終的な報酬額を確定したいと思います。

修正箇所があるってことは、弊社の編集担当の手を煩わせるってことですからね、申し訳ございませんがご了承くださいね。

執筆した納品物が減点されやすい箇所

納品物に対して修正箇所や加筆減筆箇所があったりすると、参加しているウェブメディアによっては納品物の受け取りが拒否されたり、修正依頼として納品物を突っ返されたりしてしまいます。

例えば、誤字脱字や、表記ゆれ、内容の矛盾コピペなどが、修正依頼の対象となります。

今回は、大蔵さんから送信されたメールに存在する、こういった「修正依頼」を受けやすい点を、文字単価の合計金額から差し引きたいと思います。

こういった納品物の修正というのは、編集担当にとって大きな労力となります。

本来であれば使わなくて良い時間を、こういった修正に使わなければならないわけですから、外注ライターとして生計を立てるのであれば、こういった事にも気を使えるようになると素晴らしいですね。

では、大蔵さんの納品した記事(メール)の内容から、どのような点が減点箇所なのかをご紹介しましょう。

誤字脱字

あ、見つけちゃいました。

2018年4月11日 19:46「お時間のご調整難しようであれば」。

9509文字も書いて誤字脱字が1箇所だけというのは大変優秀だと思うのですが、ルールですので一応減点とさせていただきます。

表記揺れ

これは・・・恐らく無かったと思います。

まあ、編集担当者が誤字脱字に気がつかなければ、それはある意味「無かった」ようなものですからね。

サッカーの試合中のモンゴリアンチョップも、審判に見つからない速度で繰り出されればファールにならないみたいなもんですよ。

「半田様」による文字数稼ぎ

これは非常に悪質ですね。

大蔵さんが社長に納品した記事の大半に「半田様」という言葉が使われています。メールを半田様に送ってるんですから、わざわざ全てのメールに半田様をつける必要はないんですよ。

ここまで半田様を連呼してしまうと、文字数稼ぎとして悪質なだけでなく、Googleなどの検索エンジンにスパム扱いされてしまう可能性もありますから、いくら半田様に関する記事を書いてくださいと依頼された場合でも、このような文字数稼ぎは禁止です。

「自己紹介」による文字数稼ぎ

いつも大変お世話になっております。クリアビジョンの大蔵です。」これも、先ほどの「半田様」と同じくらい悪質ですね。

これ、恐らくコピペだと思いますが、そもそもメールには日付や時刻と共に送り主の名前も書いてあるますし、メールアドレスにも「k_okura@」と書かれてるので、メールを送信したのが大蔵さんではない時のみ改めて自己紹介すれば良いのです。

にも関わらず、ほぼ全ての記事にこの自己紹介文章を執筆するというのは、非常に悪質な文字数稼ぎと言えるでしょう。

恐らく全文9509文字のうち、300文字近くはこの文章だと思いますので、減点させていただきます。

「連絡先」による文字数稼ぎ

メール本文の最下部に、会社の概要や連絡先などを表記することは良いことだと思いますが、連絡先部分を強調するための飾り文字を使うのは、文字数稼ぎとして非常に悪質な行為でしょう。

大蔵さんからのメールには、このような連絡先表記がされていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社クリアビジョン
大蔵健人
–Mobile:070-1567-3920

【経営理念】
ベンチャー企業から愛される不動産エージェントカンパニー
~お客様と共に未来への発展の為に~

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗ビル11階
TEL03-6416-3086 FAX 03-6416-3496

http://www.clear-vision.co.jp/
k_okura@clear-vision.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この「━━━━━━━」という文字。これだけで合計54文字もあります。つまり、文字単価40円だとしたら2160円分が、一切内容を持たない無駄な飾りに使われたということです。

これは由々しき事態ですね。減点させていただきます。

下記◯点などのリスト表記

以下の記事が対象です。

  • 2018年4月20日 8:30
  • 2018年4月17日 19:03
  • 2018年4月6日 20:10
  • 2018年4月4日 15:43
  • 2018年4月2日 13:55
  • 2018年4月2日 11:06
  • 2018年3月19日 17:53
  • 2018年2月28日 21:13
  • 2018年2月28日 18:12

例えば、記事内にて「下記◯点」といった内容を執筆する場合は、あらかじめリストタグを使用して目次化しておく事が推奨されます。

例えば以下のような文章

下記2点ご確認下さいませ。

①【谷口ビルについて】
担当者より確認が取れましたのでご連絡させて頂きます。

現況2番手までお申込みが入っており
1番手で審査通過する確度が高いとの返答がありました。

ご内見については現在は案内を止めている状態となり
1番手での話が壊れるようであればすぐにお声掛けを頂くこととな っております。

②【ご内見について】
明日のご内見は下記の2件で進めさせて頂いて宜しいでしょうか。
◆ご内見物件

1.HANDAビル
2.AMビル

のように、【谷口ビルについて】と【ご内見について】を見出しのように使うのであれば

下記2点ご確認下さいませ。

  1. 【谷口ビルについて】
  2. 【ご内見について】

それでは1点ずつ解説させていただきます。

①【谷口ビルについて】

※以下略

という形にリストタグを使って目次化しておく事で、サイトを訪れた読者に対してどのようなコンテンツが掲載されているのかを視覚的に伝える事が可能となります。

基本的にウェブページというのは上から下に読み進めていくため、このような目次化を行わなければ「下記2点」というのが「どんな2点なのか」がわからないままに1点目を読み進めなければなりません。

こういった読者に対して不親切な執筆は減点とさせていただきます。

ですがですが

2018年3月14日 9:18の「おそらくではございますが、坪単価15,000円前後の金額が予想されておりますが」ですね。

弊社ではこの現象を「ですがですが」と呼んでいます。

弊社のインターン生たちも、よく上司に怒られています。しかし、大蔵さんが執筆した記事からはこの1ヶ所しか見つけられませんでした、素晴らしいと思います。

でも1ヶ所減点させていただきます。

結びの言葉を重ねる

「以上、宜しくお願い致します」や「引続き、宜しくお願い致します」といった汎用性の高い結びの言葉を、文末の結びの言葉に重ねて使用し、文字数を稼ぐのは減点対象です。

そもそも個人的な意見ですが、メールの「宜しくお願い致します」というのは、もはやキュレーションメディアなどの「いかがでしたでしょうか?」くらい無駄な文章だと思います。

もちろん、結びの言葉が見つからない記事の場合は必要ですが、「お気兼ねなくお申し付け下さいませ。引続き宜しくお願い致します。」や「ご確認頂けますと幸いです。引続き宜しくお願い致します。」などの結びの言葉が重なってしまうのは、冗長で文字数稼ぎとみられる可能性が高いです。

2018年2月27日18:57のメールや、2018年2月28日 12:29のメールには「何卒宜しくお願い致します。引き続き宜しくお願い致します。」というラッパーのパンチラインくらい韻を踏んでる文章も出てきますから、要注意です。

記事の前後を音読したりして読み直せば違和感に気がつけるようなミスですから、こういった部分は大きめに減点させていただきます。

不要な文章をできる限り削除し、マッチョな記事を執筆することは、優秀なライターになるための第一歩と言えるので、次回納品時は意識を高く持って執筆していただきたいと思います。

「リマインド」などの意識高い横文字

以下の記事が対象です。

  • 2018年4月17日 19:03
  • 2018年4月4日 15:43

まず、「リマインド」などの意識高い系の横文字は基本的に禁止です。アジェンダ、レジュメ、リスケ、などもできる限り使わない方が良いです。

下記リマインド致します。
半田様のご対応可能な日時を2~3つ候補を頂けますでしょうか。
◆候補日時
・4/23(月)13時~17時
・4/24(火)14時~17時
・4/25(水)14時~17時

こういった「年代によって理解できない可能性がある言語」というのは、あらゆる世代が利用するインターネット上のウェブページには不向きと言えます。

しかし、閲覧する年齢層がはっきりしているようなファッション系のウェブ媒体などであれば、こいった横文字をあえて使うのもテクニックとなるため一概には言えませんが、株式会社PLANにおいては使用を避けるのが良いでしょう。

それに、「リマインド」よりも「再確認」の方が文字数が少なくて済みますから、編集者によっては悪質な文字数稼ぎと受け取られる場合もあります。

っていうか、僕がこういう意識高い系の横文字がいけ好かないだけの可能性もあります。大幅減点ですね。

大蔵さんの成績発表!

さて、まさか不動産会社の営業マンとしての手腕を評価されるのではなく、メールに書いた本文の文字数や内容で仲介手数料を決められてしまうとは思ってもいなかったであろう大蔵さんに対し、一方的に今回の成績を発表したいと思います。

もう一度確認しますが、現在の報酬額は「38万360円」 です。

減点の内訳をみてみましょう。

誤字脱字(1箇所:マイナス1000円)

  • 結果:1箇所
  • 合計:マイナス1000円

表記揺れ(1箇所:マイナス1000円)

  • 結果:0箇所
  • 合計:変化なし

文字数稼ぎ(1文字:マイナス40円)

  • 結果:996文字
  • 合計:マイナス39,680円

内訳

  • 「半田様」54箇所、1箇所3文字なので合計162文字
    合計:マイナス6480
  • 「自己紹介」26箇所、1箇所30文字なので合計780文字
    合計:マイナス31,200
  • 「連絡先」54文字
    合計:マイナス2000

リスト表記(1箇所:マイナス2000円)

  • 結果:9箇所
  • 合計:マイナス18,000

ですがですが(1箇所:マイナス5000円)

  • 結果:1箇所
  • 合計:マイナス5,000

結びの言葉の重複(1箇所:マイナス3000円)

  • 結果:35件
  • 合計:マイナス105,000

意識高い横文字(1箇所:マイナス10,000円)

  • 結果:2箇所
  • 合計:マイナス20,000円

というわけで、大蔵さんへの報酬額が確定しました!

報酬額:19万6180円!

ババーン!

なんで仲介手数料が自由なんですか?

まず第一に、お客様と永続的にお付き合いしたい、また弊社に不動産仲介をお願いしてほしい、という思いから、弊社では営業マンの能力をお客様に評価していただく仲介手数料自由というサービスを採用しています。

弊社は、現在8期目を迎えたのですが、創業当時から「仲介手数料自由」で不動産仲介業を営んでおります。(◯◯自由ってファッションECのZOZOTOWNが最初に始めたアイデアかと思ってたんですが、クリアビジョンは仲介手数料をそんな前から自由にしてたとは驚きです。)

個人的な話にはなりますが、この仲介手数料をお客様に決めていただくというのは、自分自身の能力を客観的に正しく評価していただける事だと思うので、日々成長していかなければならないと非常に身が引き締まる思いであります。

「仲介手数料自由」ってすごくない?

ちなみに僕「谷口勇太」も、私事ですが先日引っ越したばかりです。

この引っ越し、実は1年がかりで物件探しをした結果でして、1件目の不動産屋さんには「条件に合う物件が出てきたら連絡ください」といったものの全く連絡がなく1年が経過・・・。

結局、自分たちの力で物件を探して、これ内見したい!これも内見したい!と一方的に送りつけるしかなく、向こうからの「この物件よくないっすか?」みたいな提案は一切ありませんでした。

まじポンコツな不動産屋さんだわ。

で、散々内見したのですが、コレ!という物件が見つからず、なんとなく賃貸情報サイトをサーフィンしていたら、違う不動産屋さんが管理する物件に「お!ここよくないか!?」みたいなのを見つけました。

で、その場で電話したら、その日の午後に内見できることに。

不動産屋さんの隣にあるビルだったので、歩いて移動して部屋を見学したらいい感じ。そのまま契約・・・という流れになったわけですが、これでガッツリ仲介手数料取られるのって、なんかおかしくないですか?

その不動産屋さんからしたら、超ラッキー契約だったわけじゃないですか?特になんの提案もすることなく、ふらっと現れた客が、ふらっと契約していったわけで・・・。

それで1ヶ月分バッチリ仲介手数料を取られるって・・・なんか納得いかない!

てかそもそも、礼金とかいうシステムにすら完全に納得できていないのに、この仲介手数料ってのもなんかこうしっくりこないときありませんか?

もちろん、こっちの要望にピタッとマッチする提案をしてくれた不動産屋さんになら、倍額の仲介手数料を出しても良い!って思えるわけで、なんなら「今後一生よろしくお願いします」くらいの不動産屋さんに巡り会いたいわけですよ。

要するに、本音を言えば

努力しない不動産営業は淘汰されてくれ!

って事です。

って考えるとこの、消費者側が仲介手数料を勝手に決めることができる「仲介手数料自由」というのは、非常に素晴らしいシステムだと思います。

最高の不動産屋さんと出会える未来を予感させるこの「仲介手数料自由」を、いち早く採用した勇気あるベンチャー企業向けオフィス仲介の「クリアビジョン」。

特に大蔵さんは、僕たちのこんな悪ノリにも快く乗っかってくれる最高の担当者さんです。もし、オフィスを引っ越す予定があるなら、一度大蔵さんに相談してみては?

【ベンチャー企業から愛される不動産エージェントカンパニー】

>>株式会社クリアビジョン【clear-vision.co.jp】

※ちなみに大蔵さんに渡した通知表はコレ!

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です