▼すべてのカテゴリーを見る

ベッド?それともベット?日本人が間違った発音をしやすい単語達

日本人が間違った発音をしやすい単語

あなたはいつもどこで寝ていますか

パンにソーセージが挟まっているアノ食べ物ってなんて言うんでしたっけ?

ポケモンでジムリーダーに勝つともらえるやつ何でしたっけ?

あなたが答えているその単語の言い方、間違って覚えていませんか?

普段から使っているけど実は間違えて発音していた!なんてことが意外と多く存在します。

でもその言い間違い、英語のスペルさえ分かれば無くなります

と言うことで、今回は日本人が間違った発音をしやすい単語を何個か紹介していきます。


よく見かける間違っている言葉

先日、弊社のある社員がメディアという部署にいながらSNSで堂々と間違った日本語を投稿していました。

その日本語というのが「人間ドッグ」。

それ犬になっちゃうからw

人間犬って何なんだよwww

正解は「人間ドック」ですよね。

このように「人間ドック」の事を「人間ドッグ」と間違えて言ってしまうような間違いを犯している人はかなりたくさんいます。

これ、なんでこんな間違いが発生してしまうのかと言うと、脳内に英語のスペルが浮かんでないからなんですね。人間ドックも「人間dock」ってな具合にスペルが浮かんでいれば、発音するときも文章を書くときも、間違えて「ドッグ」なんてならないはずなんです。

つまり

英語の出来なさが露呈している!

と言う事でもあります。一言で言ってしまえば「超はずかしい」間違いですね。

そしてそのような単語たちは実はあなたの周りにもたくさん存在しているんです。

という事で僕が思い浮かぶ限り、みんなが間違って覚えてしまっている単語たちを書いていきます。

あなたがいつも寝ているところ

「ベッ」じゃないですよ、「ベッド」ですからね?

英語で書くと”bed“って書きますよね。

何で「ト」になっちゃうんでしょうね。

「ベッド」が正解です!

パンにソーセージが挟まっているあの食べ物

「ホットドッ」じゃないですよ、「ホットドッグ」ですよ!

由来は知らないですけど、”hotdog“って書くじゃないですか。

何で「ク」になっちゃうんですかね。

「ホットドッグ」が正解ですよ!

なんなら、犬系の言い方は結構多いように感じますよ。

ドッグラン」ですからね、「ドッラン」じゃないですよ。

ハンガリーの首都

知ってる人も知らない人も、ハンガリーの首都は「ブダペスト」です。

「ブペスト」じゃないですよ!

勝手に動物にしないでくださいね。

ブタペストだと豚がペーストになっちゃったみたいじゃないですか。むごい!

英語で書いても”Budapest“ですからね。

どう考えても「タ」にはなりませんよ。

日本と国旗が似てるアジアの国はバングラ・・・?

はい、さっきブダペストのことをブタペストって言ってしまった人。

これは間違えないでくださいね。

そうそうそうそう・・・

って「バングラディッシュ」じゃないわ!

「バングラデシュ」でしゅ!

失礼しました。

英語でも”Bangladesh”でしゅ←

ポケモンでジムリーダーに勝つともらえるのは

「バッチ」じゃないですよ、「バッジ」ですよ。

英語でも”badge“って書きますからね。

“ge”で「チ」って読むって習いましたか?習ってませんよね?←

「バッジ」が正解です。

キムタク主演のパイロット系のあのドラマは何?

“GOOD LUCK”(グッドラック)ですよね!

「グッラック」じゃないですよ!

ほら、ドラマのタイトル名にも”good”って書いてるじゃないですか。

“d”は「ト」とは読まないですよね。

グッド」が正解です。

映画やドラマの結末が悲しいことは何エンド?

バッドエンド」ですよね。

これも「バッエンド」ではないですからね。

バッドエンドというのは悪い結末の事を言いますね。

つまり「悪い」は”bad“のこと。

「バット」だと”bat”か”but”かお尻って意味の”butt”になっちゃいますよ!(笑)

展示会を意味するあの単語

「エキシビジョン」じゃないですよ、「エキシビション」ですからね。

英語のスペルは”exhibition”です。

“tion”は「ション」って発音しますからね。

「ジョン」って濁りませんよ。

たまに、サッカー解説者で親善試合のことを「エキシビジョンマッチ」っていう人がいますが、「エキシビションマッチ」ですからね。

知らなかった方は覚えて帰ってください。

オグシオペアで有名なスポーツは?

体育館競技でシャフトをラケットで打ち合う競技。

オグシオペアが一躍有名になったあのスポーツ。

あれ、「バドミントン」ですからね?

「バトミントン」って言っちゃったんじゃないですか?

あれ、”badminton“ですからね?

だからって「バッドミントン」ではないのがミソです(笑)

森のバターと言われるアレ

健康に気を使っているオシャレ女子が好きな「森のバター」といえば・・・

アボカド」ですよ?

「アボド」じゃないですよ?

英語表記でも”avocado“ですからね。

お洒落だと思ってた女子の友人がアボガドって言っているのを聞いてから、イメージを「お洒落ぶってるやつ」に変更しておきましたよ。

急行列車など「速い」を意味する単語

これは何だかわかりますか?

英語だと”express”って書くんですけど・・・

そう「エクスプレス」です!

「エスプレス」じゃないですよ!

“express”と書いてエキスプレスって会社があったけど大丈夫なんだろうか。

模擬実験やサッカーでわざとファールをもらうアレ

サッカーで審判を欺くような行為を取ることや、模擬実験といった意味もある単語分かりますか?

シミュレーション」ですね!

シュミレーション」って言ってる人、それは間違いですよ!!

英語のスペルも”simulation“ですからね。

“simu”は「シュミ」とは絶対読まないです(笑)

でも意外と周りに言っている人多いんだよな〜。

人と人が様々なことを伝達し合う事

最近では、その能力が高い人の方が仕事ができるなんて言われていますよね。

あとはチームスポーツでお互いの連携を高めるには必要になってくること・・・

コミュニケーション」ですね!

コミニュケーション」ではありませんよ!!

これも、英語のスペルになおせば一目瞭然です。

「コミュニケーション」は”communication“ですからね。

“commu”って書いてるんですから、「コミニュ」とはならないですよね!

これも結構多いのでお気をつけて!

プリンターのインクが入っている詰め替え容器

プリンターのインクが切れた時、何を交換しますか?

インクの「カートリッジ」を交換しますよね。

「カーリッジ」っていう人、意外といますからね?

cartridge“ですからね。

“cart”ですから「カード」にはなりませんよね。

勝手に”card”(カード)にしないようにしてくださいね!

「カートリッジ」が正解です。

骨折とかで固定するために装着する白くて硬いやつ

僕も昨年は靭帯を断裂して松葉杖で生活していましたが、足が蒸れたりして本当に辛かったです。

いかにも大怪我しました!ってイメージを植え付けるあの白くて硬いものが、「ギプス」ですね!

「ギス」って言ってしまった人!それ間違ってますからね!

英語に直しても”gips“ですからね!

“p”は「ブ」とは発音しないのは分かりますよね。

「ギプス」が正解です。

神様

世の中には「神の手」なんて言われている人がいますが、カタカナで別の言い方ありますよね?

そう、「ゴッドハンド」ですね。

なんでそうなっちゃうのって思うんですが、「ゴッハンド」って言っちゃう人、マジで多いです。

神様は英語で”GOD“ですよね。

“D”ですよ、「ト」にはならないですからね、神様の名前を間違えているという事は、日頃の行いがよろしくないですからね、助けてもらえませんよ(笑)

「ゴッド」が正解です。

アーティストが別のアーティストとタッグを組んでること

音楽それなりに知ってます!みたいに言っていた友人がお気に入りの曲の話をしてくれた時に気付きました。

「この曲はニッキーミナージュがフューチャリングしてる曲で、vfhdbsjk・・・」

未来になっちゃった!(笑)

フィーチャリング」ですから!

なんなら曲名に「(曲名)feat.(アーティスト)」って書いてあるでしょうよ。

フィーチャリングは英語で書くと、”featuring“です。それを略して”feat.”書いてあるんです。

マジでこういうミスは恥ずかしいですので誤用しないようにしてください。

「フィーチャリング」が正解です。

アップルが出している製品のアレ

アップル信者の僕としては許せないのがiPadの発音が違う人。

「アイパッ」じゃないから「アイパッド」だから!

“iPod”の事をいまだに「アイポット」っていう人もいますからね(笑)

何回も言いますが、”d”は「ト」にはならないんですよ?

「アイパッド」が正解です。

紅茶を淹れる時に使うあの袋

紅茶をよく飲む人は分かりますよね。

淹れる時に使う白い袋は「ティーバッグ」ですね。

「ティーバッ」とか言った変態はちょっと顔を出しなさい。

英語で”tea bag”と書くので「ティーバッグ」となります。

つまり、カバンを意味する「バッグ」は「バッ」とはなりません。

“bag”ですからね。

では問題です。

リュックのことは「バッグパック」と言うでしょうか、「バックパック」と言うでしょうか!?

正解は・・・

バックパック」です!

backpack“と書くからですね。

どうしてもリュックもカバンなので「バッグパック」と言いたくなってしまいますが、結局はスペルなんですよ。

「小さい」はスモール、じゃぁ「大きい」は?

これはもう流石に分かりますよね?

ビッグ」ですよ。

スペルも”big“ですからね。

ずーっとここまで書いてきてるから流石に騙されないですよね。

でも今までの自分はどうですか?

マクドナルドのビッグバーガーとか、ビッバーガーとか言ってたんじゃないですか?

赤い看板のカラオケとかはどうですか?

ビッグエコー」ですよ?「ビッエコー」ちゃいますよ?(笑)

これまた赤い看板の家電量販店は?

それは「ビックカメラ」です(笑)

ビックカメラは”BIC CAMERA“なんですよ。

知ったかぶりで逆に恥をかかないようにして下さいね。。

スペルさえ分かれば間違えない

ここまで読んでいただいて、今まで間違っていたことに気付いてくれた方がいたら記事を書いた甲斐があるってものです。

そして薄々気づいているかもしれませんが、英語を知っていて損はしないなって思いませんか?

英語は簡単ではないですが、難しくもないです。

外来語を発音する際に、「あれ、これ言い方合ってるっけ?」って思った方は一度スペルを思い出してみてください。

スペルが分かっていれば、日本語の言い間違いも無くなりますよ!

最後に、社長から問題です!

私の名前はなんでしょう!?

・・・

・・・

ハンダ」ですよ?

「ハン」じゃないですよ?

これでピンと来る人はワールドダウンタウンの見過ぎですね。

お疲れ様でした。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です