▼すべてのカテゴリーを見る

アフィリエイトの基本となるコンテンツの種類と組み立て方

アフィ日記

アフィリエイトで稼ぐために重要なサイトのコンテンツといえば「買うコンテンツ」「知るコンテンツ」「基礎コンテンツ」の3つだと思います。

これらを僕はAページ、Bページ、Cページ、なんて名前で呼んでいるわけですが、限られた作業時間の中でどのように組み立てるのかについて困っている人も多いのでは?

今回は、「どんなコンテンツをどのように組み立てて、どんなサイトを作るとアフィリエイトで稼げるのか」について僕の持論を紹介していきます。

稼ぐアフィリエイトに必要なコンテンツの種類

僕はキーワードを洗い出した時に3つのカテゴリーに振り分けます。それが「買うコンテンツ」と「知るコンテンツ」と「基礎コンテンツ」に振り分け、Aページ、Bページ、Cページという名前で管理します。

買うコンテンツ(Aページ)とは?

僕がAページと呼んでいるのは、検索者の行動が「購入する」に直結しそうなキーワードを扱ったコンテンツの事です。

例えば…

  • ◯◯ おすすめ
  • ◯◯ 人気
  • ◯◯ ランキング

みたいなキーワードをダイレクトで狙いに行くページです。もちろん上位表示されればとっても儲かりますし、アフィリエイトをする上で最も労力が必要となるのは間違いありません。ですが、「何をすると上位表示されるのか」がわかりずらく、扱いが難しいコンテンツでもあります。

知るコンテンツ(Bページ)とは?

僕がBページと呼んでいるのは、検索者が「困りごとを解決したい」時に検索するであろうキーワードを扱ったコンテンツの事です。

例えば…

  • ◯◯ 選び方
  • ◯◯ 比較
  • ◯◯ 使い方
  • ◯◯ 違い
  • ◯◯ ダイエット
  • ◯◯ 種類

みたいなキーワードを狙いに行くページです。最終的に商品を紹介する可能性もありますが、売るというよりは教える事がメインになります。

僕の言うアフィリエイトノウハウが理解できている人であれば、このBページのコンテンツを作るのが最も簡単だと思います、初心者アフィリエイターにとってはこの記事を上手に書いて上位表示させるのが最初の壁とも言っても良いかもしれません。

基礎コンテンツ(Cページ)とは?

僕がCページと呼んでいるのは、誰が検索するのかわからないようなキーワードだけど、この辺の事は書いておかないと始まらないだろう!というようなキーワードを扱ったコンテンツの事です。

例えるようなキーワードが見つかりませんが、例えばアフィリエイトノウハウの情報商材やテンプレートを販売するサイトを作るのであれば、「アフィリエイトって何?」「ASPって何?」「UUって何?」「PVって何?」「SEOって何?」みたいなキーワードを扱ったコンテンツは必須と言えるでしょう。

この記事を必死こいて書いたところで1円の得にもならないかもしれないけど、アフィリエイトサイトにとっては重要なコンテンツだと言えるのがCページです。

どう組み合わせたら儲かるサイトが作れる?

例えば、あなたには「5つのコンテンツを作る権利」つまり、5枚の記事を書いて良い権利があったとしましょう。ある1つのドメインを与えられて、そこに5枚の記事が投入できるわけです。そして、以下のキーワードが与えられました、そこから選んで記事を書くのです。

Aページ系

  • ◯◯ おすすめ
  • ◯◯ 人気
  • ◯◯ ランキング

Bページ系

  • ◯◯ 選び方
  • ◯◯ 比較
  • ◯◯ 使い方
  • ◯◯ 違い
  • ◯◯ ダイエット
  • ◯◯ 種類

どっちの組み合わせパターンが上位表示されると思う?

ちょっと、組み合わせのパターンを2つ作ってみました。どっちがサイトとして高く評価されて上位表示されると思いますか?

組み合わせパターン①

とにかくAページ系だけで構成した5記事

  1. ☆☆におすすめな◯◯ランキング(A系)
  2. ▲▲におすすめな◯◯ランキング(A系)
  3. ◎◎におすすめな◯◯ランキング(A系)
  4. ★★におすすめな◯◯ランキング(A系)
  5. △△におすすめな◯◎ランキング(A系)

組み合わせパターン②

Aページに付随するBページで構成した5記事

  1. ☆☆におすすめな◯◯ランキング(A系)
  2. ☆☆におすすめな◯◯の選び方(B系)
  3. ☆☆する人が知っておきたい◯◯の使い方(B系)
  4. 用途に合わせた◯◯の種類(B系)
  5. 素材で違う?◯◯の違いと特徴比較(B系)

さ、どっちのパターンが上位表示されるか考察してみましょ

結論から言いますと、「こんなのに答えなんてないけど、僕からすればパターン①のサイトの情報を鵜呑みにしたくないから②の方が上位表示されると思うよ?っていうか、パターン②が評価されない世の中なら僕は絶望するね!」って感じです。

つまり、僕の持論からすれば、パターン②が正解です。

アフィリエイトで儲けるためには商品を販売する力の強いコンテンツを大量に投入するのが良いと思いますよね?つまりAページに属するコンテンツを大量に投入するのが良いでしょう。でも、やってみたらわかりますけど、こういうページを大量投入して上位表示させようとしても、かなり大変です。

それこそ、周囲のアフィリエイター達が畏れおののくほどの量を、かなり高いクオリティを保ったまま作り続けなければならず、心が折れる方が早いと思います。

じゃあ、なぜパターン②が良いのかについて、「商品を買いに行ったつもり」になって考えてみましょう。

あなたが今、パソコンを買うために家電量販店にいるとします

最近、ちょっとアフィリエイトで小銭を稼いだあなたは、パソコンを新調するために家電量販店に行きました。しかし、パソコンの知識がほとんどないあなたは、どのパソコンを買ったら良いかわかりません。

店員Aさんに聞いてみた

あなた『おすすめのパソコンってありますか?』

店員A「あ、あります!10個ランキングにしてあるんで選んでください!」

あなた『えっと、この中でどれがいいんですか?やっぱ1位ですか?』

店員A「そうですね!やっぱり1位がいいと思いますよ?」

あなた『ああ、そうですか、1位の商品って僕に合いますかね?』

店員A「合うんじゃないですか?だって1位ですし!おすすめですよ!」

あなた『僕、こんな機能があるといいなーって思うんですけど・・・』

店員A「あーそうですかー、その機能よく知らないですねー」

あなた『そうですか、ありがとうございました。』

店員Bさんに聞いてみた

あなた『おすすめのパソコンってありますか?』

店員B「あ、あります!10個ランキングにしてあるんで選んでください!」

あなた『えっと、この中でどれがいいんですか?やっぱ1位ですか?』

店員B「それぞれ特徴があるんですけど、初心者なら選び方教えましょうか?」

あなた『あ!是非!お願いします』

店員B「ところで、パソコン買って何に使うんですか?使い方も教えますよ?」

あなた『え?いいんですか?じゃあお願いします!』

店員B「えっとですね、パソコンには種類ごとにこんな違いがあって・・・」

あなた『ああ!じゃあ僕はコレを買えばいいんですね!』

はい、記事の内容をまとめまーす!

あなたなら、店員Aさんからパソコンを買いますか?それとも、店員Bさんから買いますか?あなたが店員Aさんから買いたい!と思うなら、パターン①の構成でアフィリエイトサイトを作ったらいいと思います。

でも、店員Bさんからパソコンを買いたい!って思うなら、パターン②の構成でアフィリエイトサイトを作りましょう。

アフィリエイトで稼ぐ方法って、とっても簡単なのです。難しく考えないで!「詳しい人から教えてもらいたい」というのは、アフィリエイト業界だけのルールじゃありません。ふつうに考えて「良い」ことをすれば、それは上位表示にもつながるのです。

 

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です