職場の仲間から「ところで、今からアフィリエイターになって不労所得を手に入れてやる!」って決意した人は、何から始めたらいいのか解説してみてよ!なんて言われたので、簡単にではありますが、僕独自のプロセスを紹介しておきましょう。

細かく解説すると、説明も難しくなってしまうので、とりあえず僕の言うことを聞いて馬鹿正直にやれば、とりあえず人間1人くらいなら生活できるくらいの収入は得られるんじゃない?ってな方法を紹介していきます。

アフィリエイトの種類

まず、全くの素人がアフィリエイトを始めるっていうなら、どんな感じのアフィリエイトがあるのかについて知っておくのは、自分の得意なジャンルを知る上でも重要です。

ユーチューバーになる、ってのも広義ではアフィリエイトっていうのかもしれませんが、この辺は専門外だし、個人的に興味もないので除外。あくまで「記事を書く・サイトを作る」というのが中心のアフィリエイトをベースに紹介していきます。

僕的にアフィリエイトの種類を分けるならこんな感じ。

  1. 著者のキャラで売るアフィリエイト
  2. 商品を売る物販アフィリエイト
  3. 情報商材を売る物販アフィリエイト
  4. 商品のない悩みを解決する情報アフィリエイト

①のスタイルの場合は「誰が書いたか」が重要になります。簡単に言うなら「◯◯さんが言うなら買ってみるか」というスタイルです。本や道具などの商品も売りやすく、情報商材なんかも売りやすい、あとはグーグルのアルゴリズム変動にも強いため、アクセスが一度安定しちゃえばしばらく安泰です。主婦ブロガーなんかもこのジャンルです。

ただし、更新し続けなければいけないし、キャラを作ったり安定して面白いコンテンツを入れ続けなければいけないのが難点。あと、作って放置っていうスタイルも難しい。だから、継続して作業するのが得意な人はこのスタイルがおすすめです。

②③④のスタイルは、作り置きスタイルも可能。上位表示させることができれば、そこから記事を足したりしなくても、放っておくだけで不労所得が入ってきます。でも、質の高いコンテンツを入れるのは難しいし、グーグルのアルゴリズム変動などによってサイトが吹っ飛ぶ場合もあるので、結局このスタイルも、「コツ」をつかむまでは継続した努力が必要です。

ちなみに僕は、①のスタイルで月収50万円までは行きましたが、50万円以上に収益を増やそうとすると作業時間が足りず、これ以上稼ぐならこの方法はあかん!となって②のスタイルに変更。今も②のスタイルが基本なので、最も得意なのはコレです。

用意するもの

  • 適当な無料ブログのアカウント
  • 見出しの使い方に関する知識
  • 誰よりも詳しく書く熱量

はっきり断言しちゃいますけど、「無料ブログだと稼げない」とか「上位表示には被リンク!」とか、「ドメインの強さがー」とか、そんなことは関係ありません。っていうか、僕はそれらを考えたことがありません。

今は、サイトがでかくなりすぎたので独自ドメインでやってますけど、FC2の無料ブログを使って50万円くらいは収益を上げられたので、こういう「SEO」ってのはマジで不要

唯一必要なのは「h1やh2など見出しの使い方」だけ。あとはタイトルを書き忘れない事www

そして、誰よりも詳しく書くっていう気概が重要。例えば、「ニキビの治し方」なら、その辺の医者よりニキビについて詳しくなるっていう気持ち。これさえあれば、基本的に記事を書いて上位表示を狙うアフィリエイトは成功します。

作業手順

とりあえず、アフィリエイトを始めてみましょ。まずはUU100/PV300って数字を目指しましょう。

UUってのはユニークユーザー、つまりサイトに訪れた人の数です。PVってのはページビュー、つまりページの見られた回数って事です。

要するに1人が3ページずつ見てくようなサイトを作れるように頑張ってみましょう!って事になります。

早くお金稼ぎたい!って思う人が多いかもしれないけど、どんだけ良いお店を作ったところで、誰も店に来てくれないんじゃそのお店は潰れてしまいます。

でも、観光地みたいに、人が集まっているところさえ作れれば、どんな商品を置いても基本的には売れていく、あとは売れやすい商品を選定するだけ!

だから、まずはあんまり深い事を考えずに「無料ブログで記事を書いてみる」ってのが大事です。

ただ、1個覚えておきたいのは、あとで無料ブログから独自ドメインに変えられるブログサービスでスタートしたほうがいいよ!って事。無料ブログって、ブログサービスごとの広告が無理やり表示されたり、ブログの更新を止めると、すごい目立つところに広告が表示されたりしてしまいます。

でも、最初っからお金かけてアフィリエイト始めたり、「サーバーだのドメインだのの管理」とかいう、マジ面倒くさい事が多いので、とりあえず無料ブログでスタートして、稼ぐコツがつかめたら独自ドメインに引っ越すってのがポイントです。

無料ブログだろうと独自ドメインだろうと、上位表示に関しては変わりません。そんな事より「どんな記事を書くのか、何文字で書くのか、何記事かくのか、どうやって金にするのか」っていう重要な事があるんで、とりあえず1個ずつ説明していきますから、しっかり読んでアフィリエイトに生かしてください。

どんな記事を書くのか

アフィリエイトを始めよう!って人の最初の壁っていったらコレ。そりゃ、いきなり白紙のノートを渡されて、好きに書いてくださいって言われても書けませんよね。

だから「悩んでいる誰かの役にたつ」記事を書いてみよう。

例えばなんだ?よく僕が悩む事っていったら「女子にモテたい」だろう。じゃあ、女子にモテる方法について書いたらいい。でも「女子にモテる方法」っていうタイトルの記事じゃダメ。

もうちょっと思考を巡らしてみて!「女子にもてたい→モテるにはオシャレが大事→オシャレな趣味ってなんだ?音楽か?→モテる音楽ってなんだ?→Googleで検索だ!」

『女子にモテる 音楽 おすすめ』ポチッとな!

って事は、女子にモテる音楽ってなんなのかを書けば良いわけです。

車でかけるならEDMとかかければいいのか?好きな音楽は?って聞かれたらバックナンバーって答えればいいのか?てかなんだ?西野カナとか流せばいいのか?ワンオクロック?カナブーン?ファットマンズアフタースクール?ああああもうどうしたらいいんだよ!カラオケいって何歌えばいいんだよ!

ってな具合に人の役にたつ記事を書いてあげれば良いわけです。

一般的にはコンプレックス系の記事は儲かるって言われてます。例えば「モテ」「整形」「お金」とかね、そういうのは儲かるんだけど、って事はそれだけアフィのガチ勢が多いから超レッドオーシャン。ここで勝つには、よっぽど詳しい知識が必要なわけです。

ジェームズブラウンの曲名の1つも言えない人が、モテる音楽なんて記事書いても上位表示されないわけです。

だから最初は、得意なキーワードで始めるのがおすすめ。

音楽が好きなら、楽器や音楽に関する知識を。元ホストならナンパ術でも書けばいい。土方の兄ちゃんなら、工具について書くのも良い。ゲームが好きなら特定のゲームに絞って書いたり、コーヒーが好きならコーヒーについて書いたらいいんじゃないかな?

まずは「自分が詳しい、もしくは詳しくなりたい」っていうキーワードについて考えて記事を書いてみましょう。

何文字くらいで書くのか

これ、悩ましい問題です。いまだに正解なんてのは存在しません。

ただGoogleの偉い人がインタビューで「3文字の記事と1000文字の記事があったら、普通1000文字の記事を上位表示させるだろ?そんな事もわからないのバカなの死ぬの?」みたいなことを言ってました。

これには僕も激しく同意

でも、じゃあ10000000000億文字の記事は絶対上位表示されるの?っていうと、そんなわけねーだろ!ってことは誰にだってわかるはず。

僕的な答えとしては「そのコンテンツを語り尽くすのに足る十分な文字数」ってのが答えだろうと思っています。1000文字書いて、全部語り尽くしたとは言えないなら2000文字書いたらいい。記事のゴールを文字数にするんじゃなくて、書き終えた時の「おっしゃ!全部書いたったで!どやぁ!」っていう達成感を感じるかどうかをゴールにするのがおすすめです。

でも何文字書いたらいいかわかんねーよ!って人は、とりあえず3000文字くらいを基準にしたらいいんじゃないかな?

僕はこれまでアフィリエイトで5000記事くらい書いたりしてきたけど、だいたい1つのテーマに3000文字くらい書けば、もうこれ以上書くことはないな!ってなるから。

何記事くらい書くのか

これも、さっさとアフィリエイトで稼ぎたい!って人はきになるところかと。でもこればっかりはマジで正解がない。特に、デイリーに更新し続けるスタイルのアフィリエイトスタイルでやるなら2000記事とかいれる覚悟は必要です。

ここで気にするべきは、「メインに据えたキーワードを語り尽くすのに足る記事数」だ。この考え方も、さっきの何文字くらい書くのかで紹介した内容が参考になるので思い出してみてください。

例えば「モテる」ってのをメインキーワードに据えるなら、「モテる ◯◯」っていうキーワードは根絶やしにする必要がでてきます。

例えば

  • モテる 方法
  • モテる メール
  • モテる 香水
  • モテる 体型
  • モテる 秘訣
  • モテる 音楽

こんな感じで、頭ひねって考えてもいいし、ツールかなんかを使ってもいいけど、とにかくキーワードを洗い出す。んで、洗い出したキーワードの数だけ記事を書くのがベスト。

個人的な意見だけど、最初はキーワードツールとかを使わずに、自分で頭をひねってキーワードを洗い出したほうがいいです。なぜかというと、他のアフィリエイターとキーワードが被らないから楽に上位表示できるって点。あとは、そのほうがスキルアップしやすいから。

当面の目標は、とりあえず1キーワード最低30記事。合計270記事を目指しましょう。

「モテる」っていうキーワードで270記事書いてもいいし、「モテる」「儲かる」「ニキビ」「パソコン」「乾電池」とか、適当なキーワードを30記事ずつかいて270記事を目指しても良いので、とりあえずこの辺りを目標に書いてみてください。

そうすると、それなりに見れるアクセス数になるはず。どんなに下手くそでも一生懸命これをやれば、かなり少なく見積もってもUU5000/PV10000位にはなるはず。そうすると最低でも1万円くらいの収益にはなります。

もちろん、途中でコツをつかめば、もっとアクセスは稼げます。

どうやってお金にするのか

最初に話した通り、人が来る場所があれば商品は売れるのであります。ここまで、僕の言いつけを守ってちゃーんと作業してれば、それなりにアクセスがあるはず。

そうなったら「適切な商品を陳列」してあげれば良い。アマゾンアソシエイトでも、A8でも、バリュコマでもどこでもいいのでASPに登録しておこう。

ここで重要な考え方は「売るってより、読者の出口を作る」って考え方。売りつけようとしてもネットの住民たちは基本的に買ってくれない。「俺の作ったモテマニュアルを10万円で買ってくれーーーーー!」って声を荒げても、見向きもしてもらえないのです。

じゃ、どんな風に考えるかというと、、、

伊勢神宮に観光に来た人は、伊勢神宮に来た思い出が作りたいから、伊勢神宮名物って名前の付いた食べ物や小物を置いておこう。っていう考えだ。

これが、ユーザーの出口を作るって考え方。

例えば、「モテる」って検索して来る人は、モテる方法が知りたいわけですよね。でもモテる方法について解説した記事があれば満足しちゃう。ってことはモテる方法の書かれた情報商材は売れません。それなら、フェロモン香水でも置いておく?って感じです。

はい。これであなたも今日からスーパーアフィリエイターだ!

なんか気になるところとか、質問とかがあれば受け付けるので、気軽に相談してきてくれたら答えますよ!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。