▼すべてのカテゴリーを見る

【内側側副靱帯断裂10日目】患部が痛い時は冷やす?温める?

内側側副靱帯 損傷 復帰

出場したフットサル大会で膝を痛めて、病院で右膝内側側副靱帯断裂と診断されてから10日目

昨日は台風の影響で雨風が強かった為にサポーターがびしょ濡れになりました(笑)

天気の影響なのか、すごく膝が痛かった昨日は、リハビリの際の会話を思い出しました。

膝が痛い時は冷やす?それとも温める?どっちが良いの?という事。

患部が痛む時の対処を間違えると悪化させてしまうかもしれません。

単に湿布を貼れば良いってものじゃないですよね。

って事で、患部が痛む時は冷やすのが良いのか、温める方が良いのかを書いていきます。


膝は冷やすのか温めるのか?

僕は偏頭痛持ちでは無いので雨が降ると頭が痛くなる気持ちとかそんなに分からないタイプなのですが、足の怪我に関しては分かる気がします。

というのも、足首の靭帯を怪我していた時も天気が悪いと痛み止めを飲まないと普通にしていられないくらい痛かったのを覚えています。

昨日は雨が降っていた影響があるのか、歩く度に鈍痛、階段の上り下りではすごく膝が痛かった。

こんなにも天気で変わるのものなのか、たまたま膝の調子が悪かっただけなのか分かりませんが、リハビリをしている時のこんな話を思い出しました。

痛い時に冷やすのと温めるのとではどっちが良いのか

怪我をした直後は、コールドスプレーとか氷とかで冷やしてはいましたが、診察した後では湿布も処方されました。

昨日のように急に膝が痛い日はどう対処するのが正しいのかを担当の理学療法士とお話ししました。

結論を言うと、「急性期は冷やし慢性期は温める」だそうです。

急性期というのは怪我をした直後から痛みや腫れがある3日後などのこと(個人差あり)

怪我をした直後とその何日か後(急性期)は炎症が強いので炎症を抑える為に患部を冷やす必要があるそう。

そして、慢性期というのは腫れや痛みが引いてくる4日以降などのこと(個人差あり)

患部を温めて血行をよくすることで回復を早める効果があるそうです。

今は炎症とかはなさそうなので様子を見ながらお風呂などで温めて血行を良くしてくださいね。ついでに膝周りの筋肉もほぐす感覚で。

分かりました。

また急に痛くなったりとかしたら氷とかで冷やすようにしてください。痛い時は冷やす、痛く無い時はお風呂で温めるをしばらく続けていきましょう。

って事で・・・

内側側副靱帯 損傷 復帰

セクシーショット。

リハビリの日は調子が良かったので膝をお風呂で温めました。

何も知識がなく家で何もできないよりは、こうやって少しでも膝に良いことをやれてるって事がとりあえず嬉しい(笑)

まぁ雨の影響で膝が痛かった昨日はがっつり冷やしましたけどね←

今回のタンパク質摂取

そういえばやっと昨日頼んでいたプロテインが家に到着しました。

これは社長オススメのプロテインでその名も・・・

Optimum Nutrition Gold Standard, Delicious Strawberry!

つまりはイチゴ味です。

どうやらコスパがすごく良いんだとか。

計算してみたら一杯辺り約85円

今回も豆乳と飲みましたが、プロテインもしっかり溶けやすい印象です。

泡立ちもそんなに無いですね。

うん、すごく飲みやすい!

ただのイチゴオレを飲んでる感覚でした。

プロテインが含まれているか心配になるくらい美味しかった。

これなら続けられそう←

そういえば、昨日あべちゃんがグルタミンが良いんだって言ってました。

それについては次回書いていこうと思います。

〜続く〜

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です