▼すべてのカテゴリーを見る

幻の芸術学校「バウハウス」の作品が無料公開!LAMYやFutura好き必見

バウハウスとフーツラとシュプリーム

自分好みのデザイン系統ってありますよね。好きなデザインのモノを集めてたらデザイナーが同じだった!なんてことあると思います。僕の場合それが「バウハウス系」ってのに属すようで、バウハウスという言葉には敏感に反応します。

さて、なんで今バウハウスかって話なんですが、ハーバード大学美術館がバウハウス系の作品をインターネットで無料公開し始めたんで、ちょっとバウハウスって何?ってこととか、僕の好きなバウハウス系のグッズの話とかをしたいと思います。

バウハウスって何?

1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された美術や建築の学校がバウハウスです。1933年に閉校されるまでのわずか14年間しか存在しなかった「幻の学校」ですが、そこで生み出されたデザインの数々は後の現代美術や建築デザインに大きな影響を与えました。

現在ではその流れを汲み、「バウハウス」という言葉自体が合理主義的なデザインや、機能主義的なデザインを指すようにすらなっています。

なぜかバウハウス系デザインに引き寄せられる

「お!これめっちゃ僕好み!」と思って調べてみると「バウハウス」という言葉によくぶつかります。

筆記具ならラミー、フォントならフーツラ、時計ならユンハンスのマックスビル

様々なジャンルの物販アフィリエイトをやっていると、とにかく「ブランド」や「モノ」に対して非常に詳しくなります。中には自分自身の琴線に触れるようなデザインや物体に出会って心ときめくこともしばしばです。

そして、アフィリエイトサイトが100を超えたときに気がつきました。「あ、僕はドイツ系のブランドやデザインが好きっぽいぞ?しかもバウハウス系ってのに惹かれるらしいぞ!」

ラミー(LAMY)とゲルト・アルフレッド・ミュラー(Gerd A. Müller)

ラミーはドイツのハイデルベルクに本社を構える筆記具メーカーです。とにかくユニークでスタイリッシュなデザインのボールペンや万年筆を作り出しており、僕の心を鷲掴みにします。

特に好きなのが「ラミー2000」と呼ばれる流線型のペン。このペンをデザインしたのが、バウハウスに強い影響を受けたゲルト・アルフレッド・ミュラー(Gerd A. Müller)さんです。

フーツラ(Futura)とパウル・レナー (Paul Renner)

僕がロゴマークやロゴタイプのデザインで強く影響を受けたのが、ファッションブランドで有名なシュプリーム(Supreme)のボックスロゴでした。

そのロゴに使われているフォントによく似ているのが「フーツラ(Futura)」というラテン文字のサンセリフ体。無駄のないシンプルな造形と、近未来ちっくなフューチャー感があって最高です。

このフォントを作ったのは、バウハウスにて非常勤講師を務めたパウル・レナー (Paul Renner)さんなのです。

ユンハンス(JUNGHANS)とマックス・ビル(Max Bill)

「なんでも好きな腕時計を買ってあげよう!」と言われれば、ウブロ(HUBLOT)かロレックス(ROLEX)を買ってもらうと思いますが、「最もデザインが気に入っている腕時計は?」と聞かれれば、ユンハンス(JUNGHANS)のマックス・ビル(Max Bill)と答えます。

病院や研究所で使われているような無機質でシンプルな文字盤と、「これぞ三芯!」と言える無駄のないデザインはまさに至高!

そんな腕時計をデザインしたマックス・ビル(Max Bill)さんは、「バウハウス最後の巨匠」なんて呼ばれるような人物です。

※いつでも贈り物募集中です。

ハーバード大学美術館がバウハウスの作品を無料公開

なんで急にこんな記事を書こうと思ったかというと、見出しにもある通り、ハーバード大学美術館が2016年8月17日にバウハウスに属す建築・家具・写真・絵画といった資料をインターネット上で無料公開したからです。すごいぜハーバード!

高校生の頃はハーバードに行くか就職するかで迷ったわけですが、あの時ハーバードに行っておけばと思い返すこともよくあります。ハーバードに進学するか迷ってる人は絶対行ったほうがいいですよ!

話がそれましたね。
さて、そんなバウハウスの作品が見れるのは以下のページです。

The Bauhaus | Harvard Art Museums
>>http://www.harvardartmuseums.org/tour/the-bauhaus/slide/6450

なんでハーバードがこんな事はじめたの?と思って調べてみたら、どうやらバウハウスの初代校長であるヴェルター・グロピウス(Walter Adolph Georg Gropius)さんが、ハーバード大学の教授に就任してたんですね。もう昔の話ですけど。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です