▼すべてのカテゴリーを見る

鹿児島に関係するサッカー選手でベストイレブンを作ってみた

かごんまイレブン

皆さんは「サッカー王国」と言われたら何県を思い浮かべますか?

静岡、千葉、福岡、あたりでしょうか?

僕は鹿児島だと思います。

なぜか?僕が鹿児島出身だからです←

でもふと思ったんです、鹿児島の地でサッカーを学んだ選手たちだけでも結構強いんじゃないか?って。

という事で、暇だったので鹿児島に関係するサッカー選手のベストイレブンを作ってみました。


俺のベストイレブン(鹿児島編)

鹿児島といえば、鹿児島実業高校(通称鹿実)・鹿児島城西高校神村学園など、全国高校サッカー選手権でも良い成績を残している高校が多いのが事実です。

特に最近の鹿児島サッカーのレベルは上がっていて、鹿実一強と言われていた時代はもうなくなり、どの高校が全国に行ってもおかしくないほどになりました。

J3には鹿児島ユナイテッドFCも参入し、良い成績を残しています。

地元にプロクラブができたことにより、高校サッカー以降もサッカーを続ける人材が増えたのも事実です。

そのため、サッカー選手は実際凄く多いです。

僕が今回選んだベストイレブン以外にも、平瀬智行(元日本代表)や田原豊(元京都サンガ)や八反田康平(現名古屋グランパス)や赤崎秀平(現川崎フロンターレ)(現株式会社PLAN)などなど、迷いに迷って選手しなかったサッカー選手はたくさんいます。

悩みに悩みましたが、これが多分ベストイレブンになるかと思います。

ということで僕が選んだ「かごんまイレブン」をご紹介します。

正直、結構強いですよ!笑

GK:六反勇治(現清水エスパルス)

ORANGE DEMIOさん(@demio_orange)がシェアした投稿


鹿児島県出身で現在J1の清水エスパルスに所属している六反勇治を選出しました。

というかすいません、正直GKで知ってる鹿児島関係者が少なかったので・・・笑

だからと言って、実力はちゃんと兼ね備えたGKで、日本代表にも召集された経験があります。

横浜F・マリノス時代には、榎本と飯倉という2枚の大きな壁があり、なかなかスタメンが取れなかったものの、機会を求めて移籍したベガルタ仙台ではリーグ戦すべてに出場。

そして2016年には清水エスパルスへの移籍が発表されました。

鹿児島でサッカーをしていた人は知らない人はいないと思うが、彼はディアマントFC出身の選手である。

DF:伊野波雅彦(元日本代表・現ヴィッセル神戸)

鹿児島実業高校出身のディフェンダーで、現在はヴィッセル神戸に所属している伊野波雅彦

出身は宮崎だが、彼も鹿児島の松嶋イズム(鹿児島実業高校の総監督)の申し子です。

Jリーグに入団してからは、FC東京、鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田、ヴィッセル神戸、などなど色々なクラブを渡り歩いたが、鹿島アントラーズ時代の伊野波が一番輝いていたのではないでしょうか。

実際、日本代表としてもメンバーに選出され、アジアカップでは値千金の勝ち越しゴールを決めるなど監督から重宝されました。

センターバック、サイドバック、ボランチなど守備的なポジションで数多くこなせるユーティリティさを兼ね備えたプレイヤーです。

DF:岩下敬輔(現アビスパ福岡)

hybrid_avispaさん(@hybrid_avispa)がシェアした投稿


鹿児島県日置市出身の鹿児島実業高校出身で現在はアビスパ福岡に所属している岩下敬輔

中学校の強豪である桜島中学校、高校は名門鹿児島実業を卒業しています。

鹿児島でサッカーをした人であれば誰もが憧れるサッカーエリートの道を歩んでいる。

しかも高校時代は、全国高校サッカー選手権で優勝を経験しました。

足元に合わせて高さのあるセンターバックとして清水エスパルスやガンバ大阪でも活躍しますが、ラフプレーが多いことでも有名(笑)

高校サッカーの時はそんなプレーヤーだった気はしませんが、どうしたんでしょう←

今はJ2でプレーしていますが、いつか鹿児島ユナイテッドのためにプレーしてくれるのでしょうか・・・。

DF:那須大亮(現ヴィッセル神戸)

まささん(@11kobe8m.36)がシェアした投稿


鹿児島県南さつま出身で、現在ヴィッセル神戸に所属する那須大亮

彼も鹿児島実業高校出身のディフェンダーです。

高校後すぐではありませんでしたが、大学在籍時に横浜F・マリノスに入団し、岡田監督のセンターバック起用で大活躍。

アテネオリンピックではU-23日本代表に召集され、田中マルクス闘莉王と共にセンターバックをこなしました。

その後、様々なクラブを渡り歩き、浦和レッズでもボランチやセンターバックで守備固めとして投入されるほど。

サイドバック、ボランチ、センターバックとしてプレーできるユーティリティさに合わせて、熱いプレーと守備力で今でも活躍している選手です。

MF:遠藤彰弘(元横浜F・マリノス)

Manabu Komatsubaraさん(@manabu.komatsubara)がシェアした投稿


鹿児島県鹿児島市桜島出身で、横浜F・マリノス(横浜マリノスも含め)でレギュラーとして長い間活躍した遠藤彰弘

彼も鹿児島実業高校の出身で、現ガンバ大阪所属の遠藤保仁のお兄さんでもあります。

日本代表がブラジル代表を破った「マイアミの奇跡」と呼ばれる試合では背番号10を背負って出場した選手でもあります。

ボランチ(中盤の底)で持ち前の運動量戦術眼を生かしたビルドアップが得意な選手でした。

キャリアの最後は怪我の影響もあり試合の出場機会が激減してしまいましたが、ヴィッセル神戸で現役を引退しました。

MF:遠藤保仁(元日本代表・現ガンバ大阪)

NO GAMBA, NO PHOTOさん(@gambaosakaphoto)がシェアした投稿

鹿児島県鹿児島市桜島出身で、現在ガンバ大阪に所属している遠藤保仁

そんな彼も兄と同じく鹿児島実業高校出身の選手。

元日本代表で、国際Aマッチ出場最多記録保持者でもあります。

彼のプレースタイルで特筆すべき点は精度で、パスやシュートもそうですがフリーキックは彼の得意プレーです。

PKでも相手のGKの重心をギリギリまで見て転がして蹴り込む「コロコロPK」でも有名になりました。

ピッチを俯瞰的に見ることができるゲームメーカーで、イメージはあまりないが、チームで一番走れる運動量もあります。

もう38歳になりましたが、いまだにスタメンで活躍している選手です。日本代表復帰はあるのでしょうか。

MF:稲本潤一(元日本代表・現コンサドーレ札幌)

稲本潤一さん(@junichi_inamoto17)がシェアした投稿


あまり知られていませんが、稲本潤一は鹿児島県姶良郡生まれの選手で現在コンサドーレ札幌に所属しています。

学生時代は大阪で過ごしていますが、出身なので選出です←

中田英寿や小野伸二や中村俊輔らと黄金の中盤として活躍。

2002年の日韓W杯では印象的なゴールを決めるなどサッカーファンの間で知らない人はいないですよね。

それから2010年のW杯まで出場しました。

体格を生かした守備、ミドルシュートやドリブルなど攻撃力のあるボランチとして活躍し、今でもコンサドーレ札幌のベテランとしてチームを牽引しています。

MF:前園真聖(元日本代表)

MAEZONO MASAKIYOさん(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿


鹿児島県薩摩川内市出身のサッカー選手で今はサッカー解説者、タレントとして活躍しています。

バラエティなどで大活躍している前園真聖ですが、昔は日本屈指のドリブラーとして日本中を湧かせていました。

マイアミの奇跡としてブラジルに勝利した時の日本代表のキャプテンはこの人です。

鹿児島実業高校出身で、1年からレギュラーを張り、同学年には、遠藤彰弘と遠藤保仁の長男である遠藤拓也、3年の時の2学年下に城彰二遠藤彰弘などがいました。

前園が持つと何かしてくれる、そう思わせてくれる選手だったと聞いています。

僕は、彼がプレーしている時代の記憶がほぼありませんが(笑)泥酔して何かやらかしたのは知っています。

飲み過ぎてしまうとこも鹿児島人ってとこでしょうか。

MF:松井大輔(元日本代表・現横浜FC)


日本屈指のテクニシャンである松井大輔ですが、実は鹿児島実業高校出身のサッカー選手です。

同級生に那須大亮、2年先輩に遠藤保仁、1年後輩に上本大海田原豊がいました。

全国選手権では、大久保嘉人がいた国見高校、田中達也がいた帝京高校を破り準優勝という成績を残しました。

そしてJリーグに入団した時は、三浦カズがいた京都サンガに入団し活躍を見せるものの2部に降格。

アテネオリンピックでは持ち前のテクニックとドリブルで背番号10として活躍し、そのままフランスのルマンに移籍しました。

その後、欧州のクラブチームを渡り歩き、日本のジュビロ磐田に復帰

チームを支える活躍を見せると再びポーランドへ移籍をするという決断をしました。

そして2018年には、三浦カズが在籍する横浜FCへの完全移籍が発表されました。

FW:城彰二(元日本代表)

MAEZONO MASAKIYOさん(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿


生まれは北海道ですが、鹿児島県姶良市育ちの元サッカー日本代表が城彰二です。

正直僕も調べるまで鹿児島県生まれだと思っていましたが、中学も高校も鹿児島の学校なので選出しました。

彼も鹿児島実業高校出身のフォワードで、3年の時の全国選手権ではベスト4でした。

今では、ぷっくり太ってしまいましたが、昔は得点を量産するストライカー

1998年のフランスW杯にも出場しましたが得点はできず、戦犯扱いをされてしまいましたが、実力は本物。

スペインでもスタメンとして活躍するなど日本人のイメージを植えつけた選手ではないでしょうか。

でも僕、城の解説はあんまり好きじゃないです←

FW:大迫勇也(日本代表・FCケルン)

鹿児島県加世田市出身で現在ドイツのFCケルンに所属する大迫勇也

日本代表にも選ばれていて、来たる2018年W杯でも活躍が期待されるストライカーです。

mさん(@w_rkr_314)がシェアした投稿

鹿児島城西高校で全国選手権に出場し、全国高校サッカー大会における最多得点記録保持者でいまだに破られていません。

鳴り物入りで鹿島アントラーズに入団、公式戦初先発で初ゴールを記録。

デビュー年は、高卒加入選手のシーズン最多得点を記録したほどの選手です。

その後、海外でプレーする決意をし、今では所属チームに欠かせない存在にまでなりました。

そして日本代表でも、持ち前のポストプレーの強さ抜け出しのうまさを生かし得点を決めています。

鹿児島代表として、ロシアW杯で今一番期待される選手です。

・・・

んね、結構強そうでしょ!?

さて、仕事に戻りますか(笑)

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です