▼すべてのカテゴリーを見る

【セットリスト】Boiler Room TokyoでのDJ PUNPEEの選曲がヤバイ

久しぶりに「このDJの選曲がすごい!」と思えるプレイを聞きました。

正直、バトルDJのスキルはわかるのですが、クラブDJのスキルってわかりにくいですよね?再生ボタンをポチッと押したら、世界中を虜にするアーティストが作った曲が流れるわけで、スキルがなくとも聞いている人たちは心地よいですから。

でも、そこには「選曲の妙」だったり「繋ぎのテクニック」だったり「引き出しの多さ」みたいなのが影響する(らしい)んです。あまり信じてませんでしたけど。

で、今回Boiler Room Tokyoというイベントで僕が大好きなラッパー(兼トラックメーカーだったりDJだったり)のPUNPEEがDJしている動画がYoutubeにアップされており、ちょろっと聞いてみたら・・・

ハンパじゃねえ!!

ってなりました。もう「ああ、これがクラブDJのセンスってやつか・・・」って思わず納得してしまう選曲の妙と繋ぎの遊び方。最高すぎて言葉が出ませんでした。

で、使われている音源を手に入れたくて、記憶を辿ってみたり調べてみたりしたので、セットリストとしてここに記しておきたいと思います。


Boiler Room Tokyoって何?

Boiler Room(ボイラールーム)というのは要するに「ライブするアーティストやDJのプレイをオンラインでリアルタイム配信し、それをウェブ上にアーカイブするイベント」です。

Boiler Roomの本拠地はイギリスのロンドンですが、ドイツのベルリンやアメリカのニューヨークやロサンゼルスにもあって、ここ日本でも「Boiler Room Tokyo」という名前で開催されています。

ちなみにBoiler Roomは招待制なので、遊びに行けば現場で見られるというわけではありません。ただ、日本は普通のクラブみたいに入れる感じらしいです。いってみたい。

PUNPEE(パンピー)って誰?

で、今回Boiler Room Tokyo 2017 In Your Parallel(表参道 WALL&WALL)でDJを行った「PUNPEE(パンピー)」という人物。ご存知でない方のために、かるーく紹介。

多分一番有名なのは「水曜日のダウンタウン」のOP曲の人!という紹介かなぁと。あとは、ちょっと前にレッドブルのCMでもラップしてましたね。

自身が通っていた中学が相当の不良学校で、いじめられっ子グループに属していたが、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」と言う理由で、不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位を築く。これが名前の由来となったんだとか。

【Boiler Room Tokyo 2017】のPUNPEEセットリスト

  • 【OP】刃頭 / BALL
  • 【2:00】不明
  • 【5:15】不明
  • 【7:35】PSG / PSG現わる 1972
  • 【9:40】5lack x Olive Oil / ¥STERDAY
  • 【11:00】SHUREN THE FIRE / PUNK
  • 【13:10】SEEDA / Just Another Day
  • 【15:20】DOOBEEIS / BLACK BOARD
  • 【18:15】Minnie Riperton / Inside My Love
  • 【18:40】Kanye West / Dark Fantasy
  • 【19:05】Lamp Eye / 証言
  • 【19:45】OZROSAURUS / ROLLIN’045
  • 【22:20】LIBRO / 雨降りの月曜
  • 【24:55】PUNPEE / Bad habit
  • 【25:30】PUNPEE / Happy Meal
  • 【28:10】GOKU GREEN / まるでCALI
  • 【30:30】Jjj / wakamatsu
  • 【31:43】Koedawg  / ミルフィーユフィクション (PUNPEE’s Remix)
  • 【34:37】PUNPEE / Renaissance

【OP】刃頭 / BALL

日本語ラップ好きなら避けては通れない「さんピンCAMP」のテーマ曲とも言える刃頭(HAZU)のBALL。

名古屋出身の僕としては、TOKONA-XとのILLMARIACHIだったり、とにかく思い入れの深い曲。この曲から始められたら、のっけから容易くロックされちゃいます。

【2:00】不明

勉強不足ですいません。ぜひ、知っている方がいましたらツイッターかフェイスブックで教えてくださると助かります。

【5:15】不明

勉強不足ですいません。ぜひ、知っている方がいましたらツイッターかフェイスブックで教えてくださると助かります。

【7:35】PSG / PSG現わる 1972

聞いてるだけで酔いそうな感じがたまらない。迷い込んだような浮遊感ですね。

PUNPEEと5lack(当時はS.L.A.C.K.)とGAPPERの3人ユニット。ちなみに5lackはPUNPEEの実の弟だったりする。

【9:40】5lack x Olive Oil / ¥STERDAY

PUNPEEの弟「5lack」と、Olive Oilがタッグを組んだ曲。

【11:00】SHUREN THE FIRE / PUNK

まさかこの曲を持ってくるとは思わなかった。完全にヤラレました。

今や廃盤になっており、音源を手に入れるのが難しめ?個人的にはTHA BLUE HERBよりも好きで、高校生の頃背伸びしてよく聞いていたアルバムです。神ってる。

【13:10】SEEDA / Just Another Day

リミックスされてる。トラックの元ネタは不明。なんの曲だろう・・・。

【15:20】DOOBEEIS / BLACK BOARD

Minnie RipertonのInside My LoveをサンプリングしたDOOBEEISの名曲。

【18:15】Minnie Riperton / Inside My Love

箸休めのつなぎに、さっきまで流していたBLACK BOARDの元ネタを繰り出してくるセンスのよさ。こういうのにヤラレちゃうんです。

【18:40】Kanye West / Dark Fantasy

つなぎにコレ。カニエもサンプリングしてるような・・・元ネタは不明。

【19:05】Lamp Eye / 証言

さんピンCAMPのテーマとも言える刃頭のBALLから始まって、クラシックの名曲「証言」という流れも最高です。ゾクゾクしますね。

PUNPEEはインスト曲を使ってました。

【19:45】OZROSAURUS / ROLLIN’045

サンプリングされている元ネタはこれ。

【22:20】LIBRO / 雨降りの月曜

2015年あたりからまた復活して話題を攫ってるLIBROの名曲。

【24:55】PUNPEE / Bad habit

MVに人気AV女優の「つぼみ」を起用したことで話題となったPUNPEEの曲。Youtubeでは「公式動画なのにおっぱいが見れる名曲」と称されている。

【25:30】PUNPEE / Happy Meal

コンプラなFワードを全然使わずに、よくもまあこんなドープな曲が作れるもんだと感心してしまう名作。PUNPEEのラッパーとしてのセンスが遺憾無く発揮されている。

【28:10】GOKU GREEN / まるでCALI

19歳という若さでこの曲を作れる才能。梵すぎ注意。

現代版「ブッダの休日」といったところだろうか・・・ここにきても「さんピンCAMP」とのつながりをうっすら感じる。勘繰り過ぎか?

【30:30】Jjj / wakamatsu

まったりもったりブリブリっとした曲からの煌びやかな音に目が覚まされます。カッコイイ!

【31:43】Koedawg  / ミルフィーユフィクション (PUNPEE’s Remix)

多分、全員がこの曲にヤられたんじゃないですか?(笑)

BoAの「LONG TIME NO SEE」を大胆にサンプリングしたこの曲。Koedawgが自身のブログで無料ダウンロード可能にしています。イケてますね〜。

>>根腐れローズ [FREE DOWNLOAD]

【34:37】PUNPEE / Renaissance

PUNPEEの力の抜けた「ありがとうございました〜、ボイラールームトーキョー」という挨拶の後、「ラストに一曲だけやって終わりにします」という言葉からのコレ。

最高です。「待ってました!」って感じです。

素晴らしい30分間でした。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

仕事なんてただの暇つぶし、本業はクライミングとスニーカー集めです!夢はでっかく世界征服!あー、高級車に乗ってタワーマンションの最上階から一般人を見下ろしたい!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です