▼すべてのカテゴリーを見る

【day27】一ヶ月で-5kg!チキチキダイエット猛レース!

チキチキダイエット猛レース!

2016年7月1日から始まったダイエット企画。果たして運動不足のデスクワーカーが本気を出すと、健康的な方法(?)でマイナス5kgを達成できるのか?勇太の今日(7月27日)の進捗を報告させていただきます。

昨日から今日にかけての反省点

さて、勝負はいよいよ大詰めです。8月1日の計測まで今日を入れて5日間。7月の1日から、1回も休むことなく毎日エアロバイクを1日2時間前後こぎ続けているわけですが、どんな感じで体重が変動したのかおさらいしましょう。

記憶を頼りに書いていますので、詳細が知りたいという奇特な方はバックナンバーをご覧いただければと思います。

ゆーたスタート体重と目標体重

  • 6/31:64.3kg(スタート体重・目標59.3kg以下)
  • 7/06:61.5kg
  • 7/07:63.9kg(設立祭でリバウンド)
  • 7/11:62.1kg
  • 7/14:61.7kg
  • 7/17:63.0kg(社長の妨害)
  • 7/18:61.3kg(絶食&異常な追い込み)
  • 7/21:62.5kg(Pasのライブ&飲み会)
  • 7/27:63.2kg(グアム旅行)←いまここ

これ、結構絶望的なんじゃないか!?

とりあえず、昨日から「絶食デスマーチ」と題して、食事はプロテインとアミノ酸にスプーン一杯のオリーブオイルのみ。水は自由。そして夜2時間、朝1時間のエアロバイクトレーニングを課しています。

もちろん、カロリー計算だとか小手先のことは面倒なので無視しますが、とにかく「欠損カロリーを多くして、脂肪燃焼時間を延ばすトレーニングを行う」事で、ダイエットの結果は自ずとついてくるでしょう。

とりあえず、のこり5日間のざっくり予定をメモっておきます。

  • 7/27
    トレーニング:朝1時間・夜2時間
    食事:プロテイン合計4スクープまで
  • 7/28
    トレーニング:朝1時間・夜2時間
    食事:プロテイン合計4スクープまで
  • 7/29
    トレーニング:朝1時間・夜2時間
    食事:プロテイン合計4スクープまで
  • 7/30
    トレーニング:合計6時間目標(2時間3セット)
    食事:プロテイン合計4スクープまで
  • 7/31
    トレーニング:合計6時間目標(2時間3セット)
    食事:なし
  • 8/1
    水の摂取禁止、浣腸を使用し、極限まで体を空にして計測。

今日の食事

前夜:プロテイン(2)

朝:なし

昼:筋トレ後プロテイン(2)

今朝の運動

体力の限界を感じる。そこまで追い込めた気はしないが、気合だけでとりあえず1時間ほどペダルを回しました。とは言っても、なんかこう「脂肪が燃えたぜ!」って感じがしなかったので、食事は抜く事に。

代わりに、15:00の社内トレーニング後にプロテインを摂取する予定。ダイエットと並行して筋トレをしているので、心なしかいい感じの体になってきている気がする。鏡を見るのが楽しみで仕方ない。

帰宅後に予定している運動

さすがに連日の長時間エアロバイクがたたってケツが痛いので、帰りにジェルパッドを買って帰ろうと思う。週末は、さらにロングスパンのトレーニングが待っているので、もはやレーサーパンツを揃えても良いかもしれないとすら思うが、とりあえずサドル用のジェルパッドだけで様子を見てみよう。

もちろん今日も2時間はエアロバイクである。追い込んでいくぜ!目指せ-5kg!

ちょっとしたダイエットメモ

比較的自分を律する事は得意な部類の人間ではあるのだが、ダイエットの天敵は自分への甘えよりも「人付き合い」である事がわかってきた。っていうか、他人との付き合いを断てば、痩せられないわけがないのだ。

夜遅くまでの仕事、上司との飲み、商談後の会食、こういったものがすべての元凶と言っても過言ではなく、これさえなければ痩せることなんて赤子の手を捻るようなものである。

が、一般的な社会人であれば、これらは避けられない。いくらハイボールを頼もうと、いくら炭水化物を避けて食べようと、朝の6時まで飲み続けたらどうしたって体重は増えてしまうわけで。

そういった、社会の厳しさを、社長は今回ダイエット企画を通じて、「邪魔をする」という名目のもと、僕に教えてくれたのだと思うと目頭が熱くなる思いである。

ああ、罰ゲームのケツバットだけはどうにかして避けたい。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です