▼すべてのカテゴリーを見る

上位表示されるオリジナリティの高いコンテンツの作り方

これじゃ無理だよ上位表示

コンテンツSEOをしているアフィリエイターやサイト運営者なら、「オリジナリティの高いコンテンツをGoogleは高く評価する!」って事を聞いた事があるのでは?

オリジナリティの高いコンテンツというのは、その名の通り「あなた(もしくは貴社)にしか作れない優秀なコンテンツ」という事です。ブログや記事をベースにコンテンツSEOをしているとするならば、自分にしか書けない記事をアップするのがコレに当たります。

じゃあ、それってどうやるの?となるわけですけど、簡単に言うなら「検索してもでてこない情報を書けば良い」のです。ちょっとそのあたりについてご紹介。

あの〜、調べても出てこないので書けないんですけど・・・

これ、ライターさんによく言われる話です。僕が「◯◯について詳しく書いて!」ってお願いしたのに、「調べても出てきません!」っていう返事。

まあ、外部のライターさんに多くを求めすぎなのは良くない事ですけど、内製ライター(つまり我が社のライター)にコレを言われると、さすがの僕もオコですよ。

そんな時、なんて言うかというと。

  1. メーカーに問い合わせろ!
  2. 販売店に問い合わせろ!
  3. 電話帳全員に一斉送信してアンケートしろ!
  4. 小売店に行って質問してみろ!
  5. 本屋に行って必要なもの買ってこい!
  6. 国会図書館に行って調べてこい!

みたいなコトです。

調べても出てこない事を書けば必然的にオリジナル

オリジナリティってなに?って思う人、オリジナリティのあるコンテンツなんて難しいよ!って思う人。あなたたちは、俗に言うキュレーションメディア(他人のふんどしメディア)に毒されすぎなのでは?

もうすでにネットにある情報を、「とても見やすく、内容は希釈してないのに文字数は少ないようなまとめ方」をしているならまだしも、ペラッペラの情報まとめて上位表示ねらって上手くいかないのは当たり前の事です。

大切なのは、検索者の検索ニーズを、十分に満たしてあげる事。それも、この世で最も優れた記事を持って満たしてあげる事です。

って事は、「ネットにないから書けなかった」では上位表示は難しいですよね。だってここに、僕みたいなネットに情報がないとか別にどうだって構わない、という人がいて、あなたが上位表示したいキーワードで同じように戦ってるわけですから。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です