ダイエットを始めてそろそろ1か月が経とうとしています。順調に体重は減っており、糖質制限は相変わらず続けていますし運動もしています。

糖質管理はやろうと思えば誰でもできますが、運動するのって時間がない社会人だとけっこう大変だったりしますよね。

運動する時間がない人向けに、今回はダイエット時の運動の効率を上げてくれる秘密兵器「レブナマスク」について紹介したいと思います。

レブナマスクってなに?

知らない人も多いマスクではありますが、一部ではかなり有名なマスクです。風邪や花粉症の時のマスクのように口と鼻を完全に覆うマスクです。

普通のマスクと決定的に違うポイントは呼吸様式を強制することができることです。

呼吸様式と言ってしまうとちょっと堅苦しいですが、簡単に言うと鼻から吸って口から吐く「鼻呼吸」を強制させるマスクってことです。

レブナマスクレブナマスクレブナマスクレブナマスク

実物はこんな感じです。4つの黄色い丸いのは呼吸の負荷を高くすることができるオプションです。一式を社長に買ってもらいました、ありがたい。

マスクの中は口と鼻が独立しており、とんでもなく気密性が高く、バルブによって口から空気を吸うことが完全にできません、吐くことしかできません。鼻で吸うしかありません。

レブナマスクの効果

完全に鼻呼吸になることによって酸素の量が制限され、アスリートが行う高地トレーニングと同じような効果があります。

効率よく酸素を取り込むようにしないといけないので呼吸筋を鍛えることができます。酸素摂取能力が高まりますし肺活量も鍛えることができます。

代謝が良くなる効果もあるとされており、脂肪燃焼効率が3倍程度まで上がるという実験結果まであります。

他にも過度の緊張の抑制や集中力向上などもあるので、実際に格闘家やアスリートの人で使用している人もいます。

レブナマスクってつらい?

鼻呼吸になるだけでしょ?そんなにつらい?と思う人もいるかもしれませんが、普段口呼吸をしている人は間違いなくつらいです。運動しないでただ付けているだけでもかなり息苦しいです。

私はクロスバイクで通勤しているので通勤や運動時に使用していますが、負荷がかなりかかっているのがわかります。汗もめっちゃ出ます。

普段ウォーキングやジョギング、筋トレなどをしている人はぜひ試してみていただきたいです。いつもの運動と比べると桁違いに疲れます

せっかくなので実際に今レブナマスクを付けながらブログを書いていますが、若干疲れています。

レブナマスクを使ってみての感じたメリット

こういったトレーニングアイテム系って効果が怪しいなって思うことが多いのですが、レブナマスクに関しては私的には間違いなく効果があります

私見ですが実際に使って感じたレブナマスクのメリットを紹介したいと思います。

筋肉の付き方が変わった気がする

短期間ですが筋肉、特に腹筋がかなり締まりました。個人差はあるかと思いますが、筋トレってそんなにすぐ効果が出るものではありません。

しかし使ってからまだ1ヶ月も経っていませんが、明らかに筋肉が引き締まっているのがわかります。

筋トレの影響はもちろんあるかと思いますが、レブナマスクの最大の特徴である強制鼻呼吸によって呼吸筋が鍛えられたのも要因のひとつでしょう。

肺活量が上がった気がする

レブナマスクを付けていると口呼吸のようにさくっと空気を吸うことができません。

酸素の摂取能力が鍛えられるというのもレブナマスクの特徴ですが、前ほど付けていてつらくないので肺活量も上がっていると思います。

レブナマスクを付けていても前ほどつらくない=肺活量が上がった、と考えていいかと思います。

脂肪が減ってきている気がする

糖質制限ダイエットは脂肪を効率よく燃焼することができる方法なのですが、それと相まってか痩せるスピードというか、脂肪が少なくなってきているのが体を触っているとわかります。

単純にレブナマスクを使っていると代謝が上がりますし、筋肉に負荷がかなりかかる分付きやすいので、脂肪を燃焼する効率が非常に良いのだと思います。

基礎代謝を上げることはダイエットにおいて非常に重要なことなので、ダイエットをしている人にぜひ勧めたいアイテムです。

レブナマスクのデメリット

トレーニングやダイエットに非常におすすめしたいレブナマスクではありますが、使った人にしかわからない私が思うデメリットを紹介したいと思います。

使用後、顔に跡がつく

レブナマスクは気密性が非常に高く、空気が変な漏れ方をしないように目より下の部分をぴたっと完全に覆ってしまいます。

それ故にマスクの跡が顔についてしまいます。

マスクの跡が恥ずかしいと思う人は使うタイミングに注意が必要かもしれません。

見た目が非常に目立つ

遠目から見ると普通のマスクっぽく見えるのですが(ホワイトの場合)、近くだと明らかに普通のマスクではないので目立ちます。マスクにバルブが4つ思いっきり付いてますからね。

これは使用する時に覚悟しないといけないです。ジムだったり、運動を目的としたシチュエーションなら問題ないかもしれませんが、近所をウォーキングなどをする場合は、すれ違う人に「あのマスクはなんだろう。」みたいな顔で見られます。

実際に私は通勤の時に使用しているのですが、信号待ちが地獄です。めちゃくちゃ見られます。

余談ですが、通勤の時レブナマスク付けてるの恥ずかしいって話を社長にしたら、「レブナマスクよりもその体型の方が恥ずかしいから大丈夫だよ。」みたいなことを言われました。

正論なのか悪口なのか難しい所ですが、とても納得したので私は気にしないことにしました。いろんな人に見られたって二度と会わないし!な精神でがんばります。

空気が冷たいと鼻が痛くなる

レブナマスクを付けていると強制的に鼻呼吸することになるのは上述した通りです。

吸気が鼻からのみになるので、冬の冷たい空気が鼻に突き刺さります。これも結局慣れなのですが、慣れるまでは鼻が本当に痛いです。

鼻詰まりの時に使用すると呼吸困難になる

書くまでもないかと思うんですが、鼻から空気が吸えないので呼吸ができなくなります

レブナマスクを付けていると口から空気を吸うことが完全にできないので、風邪などで鼻詰まりになってしまった場合はレブナマスクを使用することができません。

レブナマスクの価格

価格はアマゾンや楽天でレブナマスク本体は1万円前後になっています。負荷を強めることができるオプションであるバルブセット ウルトラスーパーハードが3千円~4千円前後ですね。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、ダイエットを成功させたいと切に願っている人は買ってみてはいかがでしょうか。

最近あったレブナマスク的な出来事

レブナマスク付けてると目立つって話は上述しましたが、最近帰宅途中の信号待ちの時にロードバイクに乗った知らない人に声をかけられました。

ロードバイクの人「あのー、すいません。」

私「(レブナマスクを外して)はい?」

ロードバイクの人「それってレブナですか?」

私「あー、はいそうです。」

ロードバイクの人「ですよね!それってやっぱりつらいですか?」

私「めっちゃつらいですよ。坂道とか鬼畜トレーニングになりますよ。」

ロードバイクの人「あーほんとにきついんですねー。興味あったんで声かけちゃいました。」

私「普通に自転車乗ってるだけでトレーニングになるんでおすすめですよー。」

ロードバイクの人「じゃあ注文してみようかなー。いきなり声かけてすいませんー。」

私「いえいえー。」

こういう一期一会みたいなのもレブナマスクを付けていると楽しめます。

ちなみに来月からジムに通う予定なので、レブナマスクを付けながらトレーニングしている様子でも今度ブログで紹介したいと思います。

仕事そっちのけで記事を書いた人

趣味:洋画鑑賞、アニメ鑑賞、ゲーム 特技:サッカー、料理 目標:体重30kg減量 日々、仕事とダイエットに奮闘しています。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。