▼すべてのカテゴリーを見る

【内側側副靱帯断裂4日目】ついにMRI検査の結果が明らかに!

内側側副靱帯 損傷 復帰

出場したフットサル大会で膝を痛めて、病院で右膝内側側副靱帯断裂と診断されてから今日で4日目

今日は緊張のMRI検査の日でした。

前十字靭帯を損傷しているかもしれないと言われてからMRI検査が怖くて仕方なかったのですが、ついに怪我の詳細が明らかになりました。

ってことで今日はMRI検査の結果を皆さんに報告することとします。


待ってる時間が地獄

僕が通っている整形外科は早稲田にある西早稲田整形外科というところ。

プロアスリートもよく通っているというこの病院にお世話になっています。

詳しくはホームページを見て欲しいのですが、診療科目としては整形外科リハビリテーション科スポーツ整形外科

最新鋭の医療機器による画像診断が可能な病院です。

都電荒川線の早稲田駅からは徒歩0分。本当に目の前にあります(笑)

年齢層も子供や学生からお年寄りまで様々。

人多すぎてマジで待ちます(笑)

これでも一番多い時より少ない方で待合室の一角です。

信頼されている整形外科なので長い時間待ってでも診察を受ける人が多いようです。

その代わり、受付番号はスマホやパソコンからも見れるので外出することも可能です。

僕はこのシステムにかなり助けられています(笑)

今日も僕は結構待ったのですが、待っている間がマジで地獄でした。

なぜか?

携帯が止まってしまったんです(笑)(※現在は復旧済み)

ヤベェめっちゃ暇〜!w

しかも緊張してるーww

せっかくのシステムなのに今日はMRI診察装具外来リハビリとなかなか十分な外出時間が得られないという悪循環。

とかなんとか言ってるうちにMRIの時間がやって参りました。

運命のMRI検査結果

そうですねー、だいたい今日は半日病院にいました。

あんなに診察の時間までの時間が長く感じたことはおそらく今までで一番だったかもしれません(笑)

ついにやって来た運命のMRI検査

映画とかでよく見るような大きな筒のような機器の中に入ってきた訳ですが・・・

めっちゃ暇ですね(笑)

動いちゃいけないし、耳栓はさせられたし、ずっと一点を見つめるだけの時間。

前十字靭帯が切れてませんように!

とだけ願いながらぼーっとしてました。

30分くらいしたら、いつの間にか先生が僕の頭下にいてびっくりしました。

こっちは耳栓してるのに。ドッキリかよw

ここまではまだ気持ち的に余裕がありましたね。

次はMRIの結果を聞く診察だったのですが、待てば待つほど余計なことを考えてしまう

(手術ってなったら金掛かるくね?病院ってパソコン触れるんだっけ?スマホは?Wi-Fiってあるの?同室の人がうざい奴だったらやだなー、ってかまだ入院って決まったわけじゃないか・・・ボソボソボソボソ)

そしてついに僕の名前が呼ばれました。

モトヤマさーん。モトヤマアキラさーん!

お願い!手術だけはやめてくれ・・・(懇願)

検査お疲れ様でしたー。結果なんですがね、内側側副靱帯に関してはやっぱりがっつり切れてしまってますね。

はぁ。まぁそれはこの前言われた通りでしたか・・・。分かりました。

外側と半月板は大丈夫そうですね。これは安心しました。

あ、良かったです!!

ただねー前十字靭帯がねー・・・部分的に切れてるんだよね。

あー、そうですか、なるほど。

前十字靭帯が部分的に切れてる!?!?!?

いや、え?

うん、ほんとはもっと黒く写るんだけど、グレーっぽくなってしまってるんだよね。だから部分的に痛めてると思います。でもね、連続性はあるし、診察した感じはそんなに緩くはなってなかったから大丈夫だとは思います。

は、はぁ・・・へ?

内側を治療していくうちに前十字も治していけると思うので安心して、内側の治療をしていきましょう。

なんかよく分かんないけど手術はしなくて大丈夫だそうです!!

アキラの怪我のスペック

ここでちょっと簡単にアキラの怪我のスペックと言われたことをここにリスト化して書いておきます。

  • 右膝内側側副靱帯断裂(断裂レベル3/3)
  • 前十字靭帯断裂(部分的で手術の必要なし)
  • 最低でも8週間はサポーター装具生活
  • 理学療法士の人とリハビリをしながら治療
  • サッカーに復帰してもサポーターかテーピングで膝は固定
  • 競技復帰は最低でも3ヶ月後

シュートブロックしただけなのに!!!(笑)

アキラ用の装具(サポーター)が完成

そして、内側側副靱帯専用の装具を本日渡されました。

僕もそれなりに高い(約1万くらい)サポーターを買ったのですが、それでは今の僕の膝ではあまり効果がないとのこと。

要は、ちゃんと鉄(?)の入ったサポーターじゃないと膝が結局動いて靭帯が伸びたままになってしまうよってことだそうで、医療用の装具をつけることになりました。

太ももの周囲を測ったり可動域を確認したりして・・・

おもむろにペンチを取り出す装具専門?の先生。

これが膝に張り付くのか?

痛そうだぞ?

僕の足に当てて長さを確認したと思ったら・・・

グイグイ曲げて僕の脚の形に鉄を曲げる装具の先生。

マジで手際が良すぎて適当にやってんじゃないかって心配になるレベル。

でも最終的に膝の横に鉄を当てるとこれまたしっかり僕の脚線美に鉄がハマる!←

なるほど、これで僕の膝にしっかり対応できる装具になるということか!!

じゃーん!!

どうですか、これの特注感!

ちなみにこれ、いくらだと思います?

28,820円也!!

まじハァンぱないっすよね。

この大きな銀行にある金庫みたいなベルトの数が安定感MAXで横に付いてる鉄があまりにも快適に膝を安定させてくれるのでビックリなのですが、一番びっくりしたのは値段でした(笑)

でもこれは立て替えなので、後日資料を持って請求すれば7割は返って来るそうですよ。

その方法というか、その時の模様も記事にしますねw

リハビリもしてきました

装具が完成したら、早速リハビリの予約をする必要がありましたので予約してきました。

リハビリ専用の指示書をなんとなく見てたんですが、物理療法(電気療法とか超音波とかアイスマッサージなど)は超音波治療、そして運動療法(何とかまだ分かんないけど先生とするやつ)は全項目にチェックが入っていましたw

なんで医療の先生ってかっこいい字を書けるのかな〜とか思いながら見てたら、一番下のコメント欄にいいフレーズが書いてありました。

「サッカー復帰へ向けて」

先生と一丸になれた気がしました(笑)

今日はとりあえず超音波治療を10分して終了。

笑顔の素敵な女性の先生が、超音波をスタートしてるつもりがしてなくて、ただジェルをプラスチックでヌリヌリしてた空白の10分間があったのは内緒の話。

そんなこんなで、次回のリハビリは来週の火曜日に決まりました。

なんか本格的にスタートした今日。

やるべきことと、自分の怪我をしっかり説明してもらえたおかげでサッカー復帰に向けて少しやる気が出てきました。

まずはしっかり歩けるようになるまでが第一関門かな!

〜続く〜

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です