▼すべてのカテゴリーを見る

あなたの家のトイレットペーパーホルダーは左?右?

トイレットペーパーホルダー 位置

普通に生活していれば使用する機会はあるであろうトイレットペーパー。

僕は俄然ダブルロール派でいい匂いのする紙でなきゃ嫌なくらいトイレットペーパーを気にするタイプですが、トイレットペーパーのホルダーの位置を気にしたことはありますか?

実は最近4年住んだ家を引き払って、気持ち新たに引っ越しをしたんですが、今まではトイレットペーパーホルダーは座って右側にあったのに、新居では座って左側にホルダーが付いています。

正直、右側と左側とではトイレットペーパーを取る時の違和感が半端なく違います。

ということはトイレットペーパーホルダーが付いてる位置には何か意味があるのではないか、ってことで素朴な疑問を調べてみました。


左と右に理由なんてあるの?

トイレットペーパーホルダー 位置

実はホルダーが左側に付いている家に住んだのは今回が初めてのアキラ。

左側にあるホルダーからトイレットペーパーを取るのが非常にやりにくい。

今の家に住んで1つ不満な点を挙げろと言われたら絶対にトイレットペーパーホルダーが左側にあることです、って答えることさえ出来そうなほどです。

僕の中では右側のペーパーホルダーこそ至高なのであって左側にあるホルダーなど邪道です。

しかし、ネットで色々調べてみるとトイレットペーパーホルダーは左側にある方が良いとの事。

調べた瞬間に僕が高校まで住んできた実家や東京に出てきてずっと住んでいたトイレットペーパーホルダーの位置をあっさり否定してきました。

ではなぜ左側にある方が良いのでしょうか?

右利きが多いから

トイレットペーパーホルダー 位置

なんということでしょう。

早速左利きを無視する意見が出てきました(笑)

日本人は約80%が右利きなんだそうです。

そのため、右利きの人がトイレットペーパーを引き出す場合は左側にペーパーホルダーがある方が引き出しやすいと言われているそうです。

そうなのか、ずっと右側に付いていたからなぁ。

逆にいえば、左利きの人は右側にある方がトイレットペーパーを引き出しやすいって訳ですよね。

実は僕生まれは左利き。いつの間にか右利きに矯正された過去があります。

それも影響しているのでしょうか(笑)

紙の使用量が違う

トイレットペーパーホルダー 位置

これはある実験結果だそうですが、ペーパーホルダーが左側と右側と付いていてどちらも右手でトイレットペーパーを引き出す場合では、右側についている方がトイレットペーパーの使用量が1.5倍〜2倍も多かったそうです。

紙の使用量が違うとなれば、エコの観点からも納得がいきますね。

これも、左利きであればホルダーを右側にすればトイレットペーパーの使用量を抑えることができるってわけですね。

引越しの際にホルダーの位置を見るのは意外と大事かもしれないですね。

ホルダーの位置が年収に関係する?

トイレットペーパーホルダー 位置

色々調べていると、ホルダーの位置が年収に関係するみたいな記事も見つけました。

年収300万〜年収1000万だとホルダーの左側と右側の割合はほぼ五分五分なのですが、年収1000万以上の場合はホルダーが左側についている人の割合がグンと伸びるんだそうです(笑)

正直右利きが多いってだけで左側が多いのは一目瞭然なのですが、念のため株式会社PLANの社員はそれなりにお金を持っているはずなので社員全員に聞いてみようと思います。

そのなかで一番年収が高いであろう半田社長(右利き)から聞いてみました。

半さんの家ってトイレットペーパーの位置ですか?ですか?

俺ん家は〜・・・んーっとだね。

おワタ ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ

はい、株式会社PLANにおいてトイレットペーパーホルダーの位置と年収は一切関係ありません

薄々わかってたけど。

P.S.

一応・・・株式会社PLAN社員のトイレットペーパーホルダー状況は以下の通り。

社長:ホルダー右・右利き

Chicken:ホルダー・右利き

谷口勇太:ホルダー・右利き

ミヤビ:ホルダー右 ・右利き

あべちゃん:ホルダー右・右利き

アキラ:ホルダー・元左利き

それこそ、トイレットペーパーホルダーの位置は五分五分の結果になっていました。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です