▼すべてのカテゴリーを見る

好きな人に告白するだけではない?海外のバレンタインデー事情

海外バレンタインデー事情

2月14日はバレンタインデー

日本中がチョコレートチョコレートって騒いでいる中、ベルギーの高級チョコレートブランドであるGODIVA(ゴディバ)が「義理チョコをやめよう」という内容の広告を出して賛否両論ありましたね。

ただの広告なのにこんなにも加熱してしまうくらい日本国民のバレンタインに対する想いが強いのはわかりますが、世界から見たら日本のバレンタインデーのチョコ文化は少しおかしな光景でもあるようです。

ということで好きな人に告白するだけではない?海外のバレンタインデー事情を紹介します。


今日はバレンタインデー

海外バレンタインデー事情

待ちに待ったバレンタインデー

女性から男性に愛の告白をするにはもってこいの大事な日ですよね。

スーパー、コンビニ、モールにデパート。

もうどこに行ってもバレンタインデーモードの日本。

男性陣からしたら好きな女性からチョコレートを貰えるか貰えないか、楽しみな日でもあります。

逆に女性陣からしたら好きな男性にチョコを渡せるかどうか緊張しているのでは?

もしくはGODIVAの広告が書いているようなバレンタインデーが嫌いな女性もいるでしょう。

確かに義理チョコってなんなんでしょうね?別にもらっても嬉しくないですよね(笑)

僕が初めてアメリカでバレンタインの日を迎えた時、友人との話は決まって「彼女と何するんだい?」って話で持ちきりでした。

友人の中には、「ディナーに行く」なんてのは当たり前で「サンフランシスコのホテルをデコレートする予定だよ」とか「指輪を渡すよ」なんて人もいました。

そんな話を聞いた僕はサッカーの練習が終わった後にショッピングモールに直行。

お花屋さんにはたくさんの男性、アクセサリー屋さんにはたくさんの男性、プレゼントカードコーナーにも真剣な顔で選んでいるたくさんの男性。

衝撃でした。日本のチョコレート文化は日本独自で世界は意外とそうでもないっていうのは知っていたけどここまで男性が本気になるのかと(笑)

海外のバレンタインデー

というわけで、めんどくさいホワイトデー反対派の僕は好きでもない人からチョコレートを貰うバレンタインデーはあんまり好きじゃありません。

しかも義理チョコって貰えば貰うだけ返さなきゃいけないじゃないですか(呆)

そんな中で世界中のバレンタインデーって素敵だなって思ったのでアメリカとアメリカ以外の国のバレンタインデーの慣習も調べてみました。

アメリカ

海外バレンタインデー事情

まずは僕も体験することができたアメリカのバレンタインデー。

アメリカでは男性が女性に気持ちを伝えるにはもってこいの日となっていて、先ほども言ったように男性陣はめちゃくちゃ真剣に女性へのプレゼントを用意します。

プレゼントの種類は様々で、カード、花束、ジュエリー、アクセサリー、豪華なディナー、ハートの風船などなど。

余談ですが、僕は自分で飲む用のワインを買っただけなのにレジの人に「このワインは相手は喜ぶよ!楽しんでな」ってニヤニヤしながら言われました。その日は何を買ってもそんな風に見られてしまうのかと思うほど。

俺その日にノート5冊入りとか買ってたけどレジの人に「まさかこいつ彼女へのプレゼントがノート5冊なのか!?」って思われたのかな?

イギリス

海外バレンタインデー事情

紳士の国とも言われて上品なイメージのあるイギリス

イギリスのバレンタインデーは男性から女性にメッセージカード(バレンタインカード)を送るという慣習があるらしいです。

匿名で。

すごくないですかこの文化(笑)

女性:「あカード届いてる。え、愛してる♡ですって!誰からだろう!From・・・誰ぇぇぇぇ♡!!」ってなるわけです(笑)

もちろん、カードだけではなくて、ディナーや花束などプレゼントは様々なようですね!

名乗らない感じ、気取ったイギリスの紳士って感じしますね〜←

フランス

海外バレンタインデー事情

何をしてもお洒落に聞こえてしまう国、フランス

フランスのバレンタインデーは男性から女性にプレゼントをするのが一般的なんだそうです。

当日のお花屋さんには、真っ赤なバラを買い求める男性で溢れかえるそうです。

日本はチョコが欠かせませんが、フランスでは赤いバラというわけですね!

また、愛する妻や恋人のためだけの日でもあるので、プレゼントには香水やランジェリーが一般的なんだそうです!

自分色に染めるとはこの事でしょうか。

ドイツ

海外バレンタインデー事情

そしてフランスのお隣の国ドイツのバレンタインも男性から女性にプレゼントを贈る日です。

チョコレートを世界一消費する国でもあるドイツのことだからプレゼントは日本と同じチョコレートなんでしょ!って思った方。

花束です(笑)

ちなみに、ドイツではバレンタインデーに愛の告白はしません。

というのも、この国のバレンタインデーは男性が恋人や奥さんに感謝の気持ちを伝える日とされているからです。

その為、シングルの人にとってはバレンタインはあまり関係ない日とされているようで、付き合っていない人に送るのはルールに無いようです。

なんだろう、母の日の彼女バージョンみたいな感じですね(笑)

イタリア

海外バレンタインデー事情

愛情表現といえばイタリアみたいなところありますよね。

そんなイタリアのバレンタインデーは、なんと男性から女性にプレゼントを渡します。

しかも一番人気のプレゼントはチョコレートを渡すんだそうです!

もちろん花束や香水も渡すのですが、チョコレートが一番人気とは意外ですね。

でも調べてみるとそこまでバレンタインデーに特別盛り上がるということはないみたいです。

勘のいい人ならもう分かりましたね。

そう、イタリア人男性は女性に対して常に愛情表現をしているのでバレンタインだからどうこうではないようです(笑)

メキシコ

海外バレンタインデー事情

情熱の国と言われているメキシコ

メキシコのバレンタインデーは、恋人同士でプレゼントを贈り合うことが一般的だそうです。

プレゼントの種類は、チョコレートも定番の一つとしてあるようで、女性は男性にチョコレートやカード、男性から女性はバラの花やぬいぐるみ、アクセサリーなどを送ることが多いんだとか。

また男性から好きな女性に対して愛の歌を贈る日でもあるそうです。

恋人同士の日とされていますが、家族愛や友情愛を深める人も言われているそうで、日本でいう友チョコや義理チョコのような文化も存在するそうです!

愛の歌は日頃の感謝も込めて母親にも歌ったりするそうですよ。あの麦わら帽みたいなのをかぶって歌うんでしょうね。

台湾

海外バレンタインデー事情

親日国として有名な国、台湾

そんな台湾のバレンタインデーは男性も女性もプレゼントを用意するというのは一般的ではないそうで、男女ともに渡したい人が渡すくらいの感覚なんだそうです。

台湾ではプレゼントを渡すというよりも、好きな人や大切な人と食事をするのが一般的のようです。

また台湾では旧暦の7月7日七夕にも「情人節」というもう一つのバレンタインデーがあります。

むしろこの情人節の方が大々的に祝われるようで、男性はこの時期に忙しくなる模様。

先ほどのも言ったように、大切な人と食事をするのが一般的な台湾では高級ホテルや高級ディナーを予約して特別な日を特別な場所で過ごすんだそうです。

そして真っ赤なバラを持ってプロポーズをするのも情人節なんだそうです。

バラの本数によって意味が変わり、1本なら「あなただけを愛している」、11本なら「一番好き」、99本なら「一生好き」108本なら「結婚して」などのようにバラとプロポーズをするのが一般的なんだそうです!

同じアジアなのにロマンティックすぎる・・・。

韓国

海外バレンタインデー事情

最後に日本のお隣の国といえば韓国ですね。

韓国のバレンタインデーは日本と結構似ていて、女性から男性へチョコレートを渡します。

ただ日本とは違い、手作りチョコではなく高級なチョコレートを買ってプレゼントするのが一般的とされています。

また、義理チョコという言葉はないですが、会社の人に渡したりする文化もあるそうですよ。

そしてホワイトデーの文化もあるんだとか。バレンタインデーにチョコをもらった韓国人男性がホワイトデーのお返しを真剣に考えるという光景は日本と同じなようです(笑)

そして僕が驚いたのが、韓国にはブラックデーというものがあるそうです。

ブラックデーは4月14日に行われ、バレンタインデーやホワイトデーに異性から何もプレゼントをもらえなかった人たちが、真っ黒な服を着て真っ黒なジャージャー麺を食べるんだそうです。

なんかすごいお互いの傷を舐めるとはこの事と言うようなブラックデーですが、逆に寂しい心を癒すうちにカップルができるなんてこともあるそうです。

「寂しいもの同士、俺ら付き合わない?」

なんて言うのでしょうか(笑)

 

皆さんはどんなバレンタインデーを過ごしますか?

良い思い出に残るバレンタインデーにしてくださいね。あとくれぐれも義理チョコでお金を使いすぎないように(笑)

男も返すのめんどくさいんで←

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です