▼すべてのカテゴリーを見る

本当に英語を覚えたいなら英語の環境を作ろう

英語 環境

英語喋って!って言われるのが心底苦手なAkiraです。宜しくどうぞ。

僕に一生言わないでください←

基本的に英語喋って!って言われる状況になると、ある決まったトピックが付随してきます。

それが、「英語を覚えたい」というような類の話題です。

正直言って、「え、英語喋れば?」って思うだけなのですが、そうもいかないのは分かっています。

なので、少しでも「英語を覚えたい」って人のヒントになれるように僕が実践している事などを簡単に、そして勝手に紹介しますよっと。

「英語を覚えたい」とは?

「英語を覚えたい」と一概に言っても色々あると思います。

TOEICのような試験で高得点を取りたい!とか、言いたいことを英語で言えるようになりたい!とか。

TOEICのような試験ではどうしても単語力や文法力が試されてきます。

単語の覚え方や文法などについては専門家でも何でもないので分かりませんが、それについては次回書こうと思います。

冒頭で言っていた「英語を覚えたい」と言う人は、言いたいことを英語で言えるようになっている自分を想像しているのではないかなって思います。

もしくはただ僕に話を合わせてくれて「覚えたい」って言っているだけか(笑)

でも、本当に覚えたいんだけど、何からすればいいかさえも分からないから踏み出せないって人はいるはずです。

そんな人に向けて今書いていますが僕が言えることは、大きく言うと2つだけです:英語のある環境を作る事アウトプットする事

英語のある環境を作る

僕が英語を覚えたい!って思ったきっかけは、世界中に友達が欲しいからです。

そのためには「言いたいことを言えるようにならなければいけない」って思っていました。

さらにその為に何をすればいいか、なんて正直分かりませんでしたが1つだけ続けていたことがあります。

それが、英語のある環境を作ることです。

まずは英語に触れることから始まり最終的には浸っているくらいがいいです。

僕が英語に浸る為にしていたことを何個か紹介しますので参考までに!

海外ドラマや洋画を見る

皆さん大好きなドラマってあると思います。

次が気になっちゃって1週間が待ち遠しい!みたいな(笑)

そんなドラマを見つけてしまえば最高の教材になると思います。

ちなみに僕は”The O.C.”(ジ・オーシー)というドラマにめちゃくちゃハマりました。

僕はDVDで見ていたので、明日早いから寝なきゃいけないのに次が気になって結局オールした日もありました←寝ろw

なんでドラマや洋画を見るのがいいのかっていうと、ネイティブで使われている英語が頻出するからです。

学校の教科書とはまた違う教材なのがいい。

“How are you?”(元気ですか?)

“I’m fine. Thank you! and you?”(私は元気です。あなたは?)

みたいな会話はドラマで見たことがありません。実際、アメリカにいた時も聞いたことがありません。

現地で使われていない英語を学んでも覚えるだけ無駄です。

今ではアマゾンプライムやNetflixなどで海外ドラマや映画は見ることができるので、時間を作ってぜひ。

通勤中も何かしら英語を聴く

英語に浸るにはいかなる時も英語に触れていなければなりません(笑)

通学・通勤中にまさかアプリでゲームなんかしてないですよね!?←

現代は世界中のラジオを聴くアプリまであるので、アメリカのラジオも聴けちゃいます。

ラジオはめっちゃくちゃ早口です(笑)

さすがに少し早いよ!って人はPodcastなんかでもいいですね。

さっき言ったアマゾンプライムは携帯にダウンロードすることもできるのでお家でダウンロードして通勤中に見るのもありかも!(でも続きが気になって学校や仕事中に見ないようにしてね←)

もちろん、洋楽を聴くのもいいと思います。

好きなアーティストの歌詞を見ながら聴くのもありだし、歌詞を覚えるのもいいですね。

工夫してできるだけ英語に触れるようにするといいです。

聞くことは話すことに直結します。聞くことができなかったら話すこともできません。

聞き流すことは英語のリズムを掴むのに絶好の教材です。

携帯の言語設定を英語にする

英語に少し慣れてきたら、携帯の言語設定を英語にしました。

「電話」が「Phone」になり、「設定」が「Settings」になります(笑)

実際、英語に浸るというのはこの事を言うのかもしれません。

携帯って毎日見ますよね。いつも見ている画面が英語になるんですよ?

僕は連絡先の名前一覧も全部英語にしています。

お父さんやお母さんも”dad” そして”mom”です。

もう意識から変えていきましょう。

ちなみに僕はiPhoneも使っていますが、Siriも英語設定にしています。

たまに遊んでます←

言語設定を英語にするのは意外と侮れないですよ。

SNSを英語で書く

SNSといえばFacebookやTwitterなどですが、昔から積極的に英語で書いていました。

特に思ったことをつぶやくことができるTwitterは最高の練習の場でした。

何かを英語で書きたい!と思って無理矢理投稿したこともあります。

正直フォローしてくれてた人には申し訳ないと思っています(笑)

確かにたまに「なんでわざわざ英語で書くの?」って言われますし、「分からないから日本語で書いてよ」って言う人もいました。

今でさえ外国に友人がいてみんなと共有したいから英語で書いているんだよ!って言えますが、英語で書き始めた当初は「どうしたんだよ急に!?」って人も多かったかもしれませんね(笑)

けどこれを貫いていると、英語における自分の表現の仕方が出来てきた気がしました。

決して長い文章を書けとは言いません。一言でも全然いいと思います。

ドラマとかラジオとかで聞いた英文を自分の状況に置き換えて表現することってすごく大切だと思います。

そして間違えててもいいと思います。

間違えて当たり前くらいでいきましょう。

今の僕が昔の投稿を見て「何言ってるかわかんない」って思う投稿が何個も何個もあります。

でもそう思えているのは、成長してる証でもありますから!

SNSが恥ずかしければ…

何を恥ずかしがってるんだって思いますけど、どうしてもSNSは苦手だって人とかいますよね。

そんな人にオススメするのは、手帳を英語で書くことです。

英語手帳とかも最近はすごく多く出てきていますので、手帳を今でもよく使う人はすごくいいと思います。

手帳はそんなに人に見せるものでもないですから、思ったことや感じたことなどを日記のように書いてもいいかもしれません。

僕は実際に、大学時代からずっと手帳は英語で書いていました。

結構真っ黒になるくらいまで埋めていました!

アナログな人にはめちゃくちゃおすすめです!

アウトプットすることが一番大事

「英語を覚えたい」っていう人に向けて英語の環境を作ることに関して色々書いてきました。

でも結局一番大事なのはアウトプットすることです。

せっかく英語に浸ることができたのに、英語を使う機会がなければ全くもって意味がないと思います。

「まだアウトプットする自信がない」っていうのは正直言い訳です。

分からないのであれば分からないなりにチャレンジすることはできます。

失敗から学ぶってよく言いますが、本当にその通りです。

僕はよく英語のニュアンスが面白いと言っていますが、そのニュアンスって失敗しないと分かりません。

そして失敗して覚えた英語は絶対に忘れません。

バーにいる外人や困っている外人などに話しかけるのも素敵な一歩です。

まずアウトプットするために何かアクションを起こさなきゃ!!

最後にもう1度だけ言いますが、英語を本当に覚えたいなら英語に触れること英語の環境を作ることが大事だと僕は思います。

今回紹介したのはあくまで僕の実践していたことですが、みなさん独自の方法で英語を楽しく覚えていってください。

それでは、See you! 😉

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です