▼すべてのカテゴリーを見る

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の試写会に行ったよ

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の試写会に行ったよ

こんにちは、気がつけばアラフォーと言われる年齢が迫っていることに目を背け続けている半田です。

今回は、7月29日公開の映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の試写会に行ってきたので、感想を書いてみました。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の試写会に当選

ぼくは世間で言われているいわゆる意識高い系の人が使うと言われるニュースキュレーションアプリ、「NewsPicks」の有料会員です。

月額1,400円(iOSのみ暫定、通常1,500円)と少しお高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぼくからしたら鼻くそみたいな金額なので、有料会員しか読めないコンテンツを読みたいので課金しています。

そんな「NewsPicks」を眺めていると、 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』という映画の試写会の応募を発見。

ニュースなどの記事に対して著名人などを含めた様々な方のコメントを見ることをが出来るのが大きな特徴のアプリなのですが、ホリエモンこと堀江貴文氏も「観る価値あり」等ポジティブな意見。

とりあえず応募してみたところあっさり当選。というわけで観てきました。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た素直な感想

この映画を観た僕なりの感想を一言であらわすと、

眠かったwww

ホントすいません。この日映画が始まるまで20時間以上ぶっ続けで仕事してしまいとても眠かったんです。

「強強打破」もしっかり飲んでいったんですけど、終始眠気が襲ってきて正直何度も自ら寝てやろうと思いました。

映画の感想になっていないと言われればそれまでなんですが、逆にいえば、その眠気をぶち壊すほどのインパクトを感じなかったという印象。

その辺りを僕なりに掘り下げてみたいと思います。

レイ・クロックの凄さが引き立ってない

成功者を描いたり、何かを成し遂げたり、のし上がっていく系の映画は、異様な盛り上がりというか極端すぎるくらいの脚色があってもいいと思っています。

そういった意味では、今作の主人公であるレイ・クロックというカリスマ経営者としての凄味が物足りないです。

50代であろうと自分の成功を諦めない異常なポジティブシンキング、自分の描いた夢を描き切るためならたとえ非道な手段もいとわない手腕、マクドナルドを世界的な企業へと成長させた凄過ぎる経営者のはずなのに。

その凄味が全然伝わってこないんです。剛腕ぶりをあわらず描写が受話器をバキャーン!と電話に叩きつけるとかちょっと残念です。

マクドナルド兄弟から権利を買って創業店の名前を変えさせ、近くにマクドナルド出店してオリジナルをつぶす描写とかトントンいきすぎな感じする。

同じくのし上がる系であれば、『ウルフオブウォールストリート』の方が良い。まぁあれはちょっと反則なところもありますが、それでも観ているこっちが興奮できます。

家族を大事にしない感じが物足りない

家族をかえりみずに仕事に没頭し、妻のありがたみに気がつかない男を描くにしては普通すぎます。

ホントのところどうだったのか知る由もありませんが、もっとクズっぽく描いた方が引きこまれます。献身的に支えてくれた妻に離婚を申し出て、最終的に他の女性を妻にするんですから、もっと脚色しても良いかなぁと思うわけです。

マクドナルド兄弟との対立

この話のキモとも言うべきマクドナルド兄弟との対立については、若干の不満は残しますがクライマックスに向けてはそれなりに良かったと思います。

ビジネスマン対職人の対立は言い換えれば、0を1にするのと1を100にしようとする人たちの対立です。それがよくあらわされた作品となっています。

本来なら協力することで大きな力を発揮するはずの両者が、たとえ対立したとしてもそれを成功へと強引にもっていくんだからこのレイ・クロックって人はすごいです。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』はドキュメンタリー

とまぁここまで散々ぼくの主観を書いてきましたが、結局のところこれは単なる好みの話です。

もしも体調も完璧だったらまた違った見方になったかもしれません。でもやっぱりこの映画はドキュメンタリーに近い印象であることは変わらなかったと思います。

ぼくはどちらかというと映画にはエンターテイメント要素を求めがちです。極端すぎる脚色とか好きです。「え、嘘でしょ?笑」と思わず笑っちゃうような場面がある方がいいんです。

そういった意味ではこの映画はぼくが好きな要素が少ないと感じた次第です。頭の良い人達が真面目に観て楽しむ映画なのかなと。

ただし、レイ・クロックがどうやってマクドナルドの創業者となったのかについては知ることができます。

52歳でマクドナルドをスタートさせ、最終的には5億ドルもの資産を築いた凄過ぎる実業家の話、ご興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか。

最後にトレーラーを

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

社長やってます。トレードもやってます。トレード日記はコチラ>>https://plan-ltd.co.jp/plog/category/trade/trade-diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です