▼すべてのカテゴリーを見る

上位表示に有効なメタディスクリプションの書き方

SEO:検索エンジン最適化

SEO(検索エンジン最適化)というと、難しいコードを書いたり被リンクをつけたり悪いことをしたりというイメージがあるかもしれませんが、そういった方法はもう過去の話。

メタディスクリプションといえば、検索結果に表示された際にタイトルの下に出てくる文章ですが、トラフィックを増加させたりクリック率(CTR)を向上させたりと、上位表示させるために重要な要素といえます。

じゃあ、上位表示されやすくSEO的に良いとされるメタディスクリプションの書き方ってどんなものなのかについて解説しましょう。

そもそもメタディスクリプションとは?

メタディスクリプション(meta description)というのは、グーグルやヤフーといった検索エンジンの検索結果にページが表示された際、タイトルの下に表示されるサイト内容の紹介文章の事です。

メタディスクリプション

ソースコード上でメタディスクリプションを見てみると以下のような感じです。

メタディスクリプション

この、meta name=”description” に書かれている文字が、検索エンジンでサイトの紹介文章として表示されるわけです。そのため、僕たちサイト運営者はこれを「メタディスクリプション」と呼ぶのです。

メタディスクリプションの重要性

SEOにはサイト内で完結する内部SEOと、被リンクなどの外部SEOと呼ばれるものがありますが、メタディスクリプションは内部SEOに含まれます。

どんなに良い(SEO的に優れている)メタディスクリプションを書いたところで、そもそも内容が優れてないページが上位表示されるような、直接的効果は無いとされています。

しかし、メタディスクリプションに書いた内容が優れていれば、検索結果に自身のページが表示された際、クリック率(CTR)を上昇させる事に繋がるため、間接的にはありますが上位表示に関わってくる要素となります。

つまり、Aという優れたページと、Bという優れたページが、特定のキーワードで上位表示争いをしていた場合、そこでの明暗を分けるのはメタディスクリプションの良し悪しとも言えるでしょう。僕がアフィリエイトサイトを作る際に、かなり大切にしている部分でもあります。

メタディスクリプションの上手な書き方

メタディスクリプションをHTML内に記述する際は以下のように書いてください。

ワードプレスなどでサイトを作成している場合は、テンプレートにもよりますが投稿ページ自体にメタディスクリプションを記述する欄があったり、「抜粋」をメタディスクリプションとして使用できるテンプレートなどもありますので、各自ご確認ください。

では、どんなメタディスクリプションの書き方がSEO的に優れているのかについて解説していきます。

メタディスクリプションの文字数

メタディスクリプションに記述する文字数は120文字程度が理想的です。最大でも124文字以内で記述しましょう。その理由は、Google検索だと120文字前後のメタディスクリプションだと、文章の末尾が「…」と省略されてしまうためです。

省略されるとSEO的にマイナスか?というとそういうわけではありませんが、検索したユーザーに「ここのページにはあなたの求める答えがあるよ!」という事を十分に伝えられ無い可能性があります。ですので理想的なメタディスクリプションの文字数を考えるなら100文字〜120文字だと言えるでしょう。

メタディスクリプションのキーワード出現率

上位表示させたいからといって、上位表示狙いのキーワードを過剰に使用しすぎるのは良くありません。キーワードの出現率だけで上位表示されていたのは過去の話です。

では、どの程度が理想的かというと、メタディスクリプション内に1個しっかりと記述されていれば十分です。むしろ3回以上は使用しないほうが良いでしょう、キーワードだらけでメタディスクリプションが読みにくくなってしまいます。

メタディスクリプションのキーワードの配置

以外と見落としがちなのはメタディスクリプションに表示させる上位表示狙いのキーワードの表示位置です。基本的には、文章のなるべく前方、つまり早い段階でキーワードを表示させましょう。

例えば「あなたにピッタリなひみつ道具の選び方」というタイトルの記事を書いて、「ひみつ道具 選び方」というキーワードで上位表示させたい場合、どのようなキーワードの配置が理想的なのかについて例文を書いてみましたのでご覧ください。

NG:良くないメタディスクリプション

「みなさん!ドラえもんに出てくるひみつ道具って、種類がたくさんありすぎてどれにしようか迷ってしまう、なんて経験ございませんか?今回はドラえもんマニアの私が、みなさんのために上手なひみつ道具の選び方を解説します!自分にピッタリなひみつ道具ってどれなのかな?なんて気になる方は今すぐチェック!」

このようなメタディスクリプションを書くと、以下のように表示されます。

「みなさん!ドラえもんに出てくるひみつ道具って、種類がたくさんありすぎてどれにしようか迷ってしまう、なんて経験ございませんか?今回はドラえもんマニアの私が、みなさんのために上手なひみつ道具の選び方を解説します!自分に…」

人間は一度に認識できる文字数は10文字程度と言われています。この文章だとせっかく「上手なひみつ道具の選び方を解説していますよ!」とメタディスクリプションでアピールしているのに、検索したユーザーはこの文章まで読まずにスクロールしてしまう可能性があるのです。

OK:良いメタディスクリプション

では、反対に良いメタディスクリプションというのはどのようなものでしょうか?

「このページでは上手なひみつ道具の選び方を詳しくご紹介しております。初心者が迷いがちな、ひみつ道具の分類や種類などを解説すると共に、目的に合わせたベストな選び方まで初心者でもわかりやすいように紹介させて頂きます。」

このようなメタディスクリプションであれば、チラッと視界に入っただけで「ここに知りたい内容が書かれてそうだ!」と検索したユーザーに判断させることが可能となります。

メタディスクリプションの書き方の注意点

良いメタディスクリプションを書くには「文才」だけでなく「基本的な知識」もなければ意味がありません。ここからは、よりSEO的な観点で「良いメタディスクリプション」とは何かについて掘り下げて紹介していきましょう。

メタディスクリプションの重複

外部のサイトからメタディスクリプションを盗作するのはもちろんダメですが、自分のサイト内で共通のメタディスクリプションを流用することも危険なので注意しましょう。

メタディスクリプションは、ページや記事ごとに違った説明文にして、ページや記事の内容を簡潔に伝えることができる文章を記述するのが、良いメタディスクリプションの条件といえます。

カテゴリーページや、月別アーカイブページも見逃せません。以外とこれらのページのメタディスクリプションが重複しているサイトは多く、重複したメタディスクリプションは検索エンジンにコピーコンテンツと判断される可能性があります。

ちなみに、Googleのスパム対策チームのリーダーであるマット・カッツ氏は、動画で以下のようなことを述べています。

サイト内で同じ内容のメタディスクリプションが書かれている場合、検索エンジンにコピーコンテンツ(重複コンテンツ)として判断され、サイトの評価を下げる原因になってしまいます。

もし、メタディスクリプションを記載できないような場合は、無理に文章を表示させようとせず空白にしておきましょう。

動画:https://www.youtube.com/

ちなみに、Googleではメタディスクリプションに何も記述されていなくとも、記事内の適切な文章を勝手に抜き取って検索結果に表示させてくれます。つまり、メタディスクリプションが重複するくらいなら空白の状態の方がマシということになります。

メタディスクリプションと記事の整合性

思わずクリックしたくなるような魅力的な文章をメタディスクリプションに書くことは、SEO的に優れたメタディスクリプションの書き方と同義ですが、実際の記事の内容と大きく異なってしまっていれば、それはコンテンツの価値を下げてしまうことになります。

こんなこと、説明しなくてもわかるとおもいますが。週刊誌などの謳い文句である「あの有名女優S.Iが脱いだ!?全国民待望のヘアヌードを独占公開!」みたいな文章を読んで、期待に胸を躍らせながら週刊誌を買って袋とじを開封したら、全然期待したものと違った。なんて経験ありますよね?

メタディスクリプションも同様です。検索して、メタディスクリプションを読んで、期待してアクセスしてくれたユーザーを裏切るような行為をしているサイトは上位表示されません。アクセスしたユーザーの直帰や滞在時間の減少など、上位表示に不利に働くケースもあるので注意しましょう。

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

生粋の物販系アフィリエイター。月間収益たった30円からスタートし、気がつけば会社になるほどまでにサイトが成長。今はピントルの編集長として質の高いコンテンツを量産中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です