本日は新年一発目のトレードとなりましたが、見事にミスをしてしまいました。

自分にとってはかなりの凡ミス。そして自分を戒める意味でも記録として残しておきたいと思います。

ポンド円

自分としてはかなり久しぶりに触るポンド円ですが、長い時間軸では、ユーロドル、ドル円、ユーロ円と比べても非常に分かりやすく、下方向へのトレードを狙っていました。

ポイント

11月から始まった上昇により、高値は148円台まで伸ばす。そこからダラダラと下げ、昨日142円台で意識していた層を一気に割り込む形で下げている状況。

140円付近では買いの抵抗が強そうに思えるもここは素直に戻り売りを狙っていきたいところと考えスタンバイに入る。

ポンド円5分足チャート

2017年1月10日トレード日記

日本時間の15時過ぎ、東京の市場が閉まるころからポンドは徐々に上昇を始める。この時点で想定は15分足の平均線付近と想定するもこれがミス。

昨晩の下げが落ち着いた時間帯からの緩やかな下げの下落トレンドの下限ともぶつかるポイントとなっており、ここから反発した上でそれでも戻り売りを狙うのであれば、同チャネルの上限まで待つべきであった。

しかもここは4時間足で見ても安易に戻り売り出来ないようなポイントであったことも見逃している。それが以下のチャート。

ポンド円4時間足チャート

2017年1月10日トレード日記

この付近は前述した148円からの下げチャネルの下限。ある程度の買い勢力があることを想定すべきであり、単純に15分足の平均線に沿っての動きが起こりにくいことは容易に想定できた。

取引結果

2017年1月10日トレード日記

-10.8pips

結局フライングによる売り、その後の上昇での損切りで終了。

 

仕事そっちのけで記事を書いた人

社長やってます。トレードもやってます。トレード日記はコチラ>>https://plan-ltd.co.jp/plog/category/trade/trade-diary

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。