▼すべてのカテゴリーを見る

「話す」を意味する4つの英単語の違いと使い分け

「話す」 使い分け

英語と日本語をそれぞれ90%理解するには、英語が3000語、日本語が10000語と言われています。

にも関わらず、日本語では一言で「話す」という単語は、英語にすると“speak”“talk”“say”“tell”の4つもあるんです。

だからと言って4つのうちどれでも使えるという訳ではなくて、それぞれの単語にはちゃんとした使い分けがあります。

ということで、“speak”“talk”“say”“tell”のそれぞれの違いと使い分けを書いていきます。

「話す」を意味する4つの英語

日本語では一言なのに、英語では何個も単語があるというのが英語の厄介なところ。

「だから英語は嫌いなんだ」っていう人は多いと思いますが、ニュアンスさえ理解できれば使い分けは簡単です。

特に今回の「話す」という単語は日常で使う機会が非常に多いので是非とも覚えて帰ってください。

それでは、英語で「話す」を意味する以下の4つの単語の使い分けを簡単に説明します。

  • “Speak”:何か言葉を発する
  • “Talk”:会話をする
  • “Say”:内容を言う
  • “Tell”:内容を伝える

Speak:何か言葉を発する

“speak”のニュアンスは「何か言葉を発する」という感覚です。

もっと言えば「音を出す」という行為に対して“speak”を使います。

何を話したか、どんな話を話したか、などの内容は全く関係ありません。

今回紹介する単語の中で一番日本語の「話す」に近いです。

聞き手は関係なく、話すという行為に関して”speak”を使う訳です。

 

I speak English and Japanese, and he speaks French, Spanish, and Japanese.(僕は英語と日本語を話します。彼はフランス語、スペイン語、そして日本語を話します。)

Talk:会話をする

“talk”のニュアンスは「誰かと言葉のやり取りをする」という感覚です。

つまり、話し相手と会話をする双方向でのやり取りの時に“talk”を使います。

日本語だと「喋る」「話し合う」と言うとわかりやすいかもしれないですね。

“speak”と違って、聞き手が関係あり、且つ話すという行為に”talk”を使う訳です。

I talked to my girlfriend on the phone.(電話で彼女と電話しました)

Say:内容を言う

“say”のニュアンスは「話している内容を言う」という感覚です。

聞き手は関係がなく話す内容に焦点があっているのが”say”です。

そして、人が主語でない事もあるのが”say”の特徴とも言えます。

例えば、雑誌や新聞や天気予報なども”say”がよく使われます。

The newspaper says that tomorrow will be rain.(新聞によると明日は雨が降るらしいよ)

Tell:内容を伝える

“tell”のニュアンスは「内容を伝える」という感覚です。

これだけを聞くと、”say”と同じのように感じますが“tell”は聞き手が関係あり且つ内容に焦点が合っています

内容を伝えるには相手が必要ですからね(笑)

日本語で言うとまさに「伝える」「教える」というのが分かりやすいと思います。

Tell us about the weekend in Mexico. Did you enjoy? (メキシコでの週末について教えてよ!楽しかった?)

使い分けクイズ

簡単な例文で”speak”・”talk”・”tell”・”say”のどれが当てはまるかを考えてみましょう。

うまく使い分けることができるでしょうか?

例文

1:What did you ( 1 )?(なんて言ったの?)

2:Please ( 2 ) me about your family?(家族について教えてください。)

3:I think she can ( 3 ) 5 languages because she had many boyfriend from various countries.(彼女は色んな国の彼氏がいたから5言語は喋れると思う)

4:Did you ( 4 ) to your mom about what you want to do on Sunday?(日曜日にしたい事をお母さんに話した?)

5:The forecast ( 5 ) that cherry blossom will bloom in the end of March.(天気予報によると3月下旬に桜が咲くそうです。)

6:If you saw the robber, you need to ( 6 ) to police asap!(もし犯人を見たんだったら警察に知らせなきゃ!)

7:I already ( 7 ) him that I didn’t make it on the exam.(俺は不合格だったって彼にはもう言ったよ)

8:Mr. Handa ( 8 ) in Shinjuku for the election.(半田氏は選挙のために新宿で演説をした)

9:We will go to LA in August. This is what we ( 9 ) about.(私たちは8月にLAに行く。それが私たちが話した事です。)

10:The soccer magazine ( 10 ) that the team should ( 11 ) each other more during the game. (サッカー雑誌によると試合中にチームはお互いにもっと喋らなければいけないそうだ)

答え

:say(聞き手は関係なく、内容に焦点が合っている)

:tell(聞き手が関係あり、内容に焦点が合っている)

:speak(聞き手は関係なく、行為に焦点が合っている)

:talk(聞き手が関係し、話すという行為に焦点が合っている)

:say(主語が人でなく、内容に焦点が合っている)

:tell(聞き手が関係あり、内容にも焦点が合っている)

:told(聞き手が関係あり、内容に焦点が合っており)

:spoke(演説したと言う行為自体に焦点が合っている)

:talked(聞き手が関係あり話したという行為に焦点が合っている)

10:said(主語が人でないパターンで内容に焦点が合っている)

11:talk(聞き手が関係あり、話すという行為に焦点が合っている)

面白かったら、役に立ったら、何も感じなかったら「いいね!」してね!

仕事そっちのけで記事を書いた人

I want to share interesting things with you! I like to study many things such as languages, different cultures, and sports, etc... Enjoy with me!!つまり、宜しくお願いしますってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です